忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 この度の騒動で、少女マンガをめぐる恥部暗部が、少しは白日の下に晒された。
 あまりにも「編集部」の専横が目立ちすぎる講談社から、続々と有力な作家は離れ始め、それは「なかよし」も例外ではないようだ。
http://revivalgate.net/anime/2007-02-14a.html
 (講談社で育った作家のうち、人気のある人は他社からの引き抜きに応じて去っている。残った生え抜き作家は義理や恩義に縛られたり、または経験の少ない若手作家であったりと、何か事情があるのだ。本当に安心して大きな仕事を任せられる作家はおらず、またいたとしても手塚作品のリメイクのような大仕事は他誌で育った「外国人助っ人」には任せにくい)
 ただでさえ責任が重い手塚作品のリメイクなんて大仕事、多くの連載を抱えた人気作家ならなおの事二の足を踏むだろうし、かといって他に任せられる優れた作家は離反した後・・・だから白羽の矢が立ったのが花森ぴんく、というわけか?
 ・・・あまりにも酷すぎないか、それにしたって?
52ef54cfjpeg ←わかりにくいかも知れないが、キャラの右手がおかしい。
 親指と小指が逆(つまり右腕に左手首が、しかも逆向きについてる!)  







14d081f1jpeg ←女子小学生も読んでいる雑誌の掲載作品とは思えないほどワイセツかつ下品な性表現。
 (いくら最近の女子中学生が「進んでる」といっても、「赤梨サマの お・タ・カ・ラ・・・はぁと   バーナナ♪バーナナ♪」はねーだろ。まるで万年男日照りの飢えた三十女の発想だよ、これ)
 





 手塚治虫というと、実に三世代にもわたるファンを持つ怪物的な作家であるわけだが、アンケートにもその点が如実に現れていた。
 まずは平成生まれの人たちの意見から。

 自分は現在、13歳ですが、手塚作品を見て育ちました。
絵柄が古いとか、そんな事は一度も思った事は無い。むしろ、ブラックジャックやミッドナイトなど、凄いカッコいいと思ったし、リボンの騎士のサファイアなど、憧れの凛々しいお姉さまです。現在にも通じる、未来にも通じる個性のキャラクターを、リメイクで退化するつもりでしょうか。手塚治虫氏に対抗できる漫画家や脚本家はそういないのは分かっていますが・・・。今の子供だって、読めばきっと手塚作品にも親しみを感じる事が出来ると思います。画力がどうこうとか、そんなのは関係ないと思いますよ。花森さんだって、自分の作風は今回の事には関係ないと思う。でも、手塚治虫が、世界にどんな存在かを、もっと知る必要がありましたね、講談社も、漫画家も。
 
投稿日時 : 2008-03-14 21:06:42


あたしは平成生まれだけど

こんなリボンの騎士読みたくな-いっ

今どきの子向けとか言ってこんなバカみたいな絵と内容でリメイクって

なんかナメられてるみたいでムカつく。

原作のサファイアの方が、女の子にとって魅力的だと思う。

こんな萌えっぽいサファイアに憧れたりしない。
 
投稿日時 : 2008-03-12 21:02:05


 こちらは「お母さん層」の怒りの声。

>みんなのママもゼッタイ知ってる
こんなブサイクなサファイア、知りません!
 
投稿日時 : 2008-03-11 09:26:35


不快感を感じた
 
もう昔の名作引っ張り出してきてリメイクとかパチンコ化とかウンザリです
うちの娘にはりぼんを買ってやることにしたから!
 
投稿日時 : 2008-03-13 10:35:40


不快感を感じた
 
なにこれ…友達から聞いて見に来て愕然です。私もなかよしで育った(ときどきりぼんに浮気しましたが)世代ですが、学級文庫で読んだリボンの騎士はそれは凛々しく知的で憧れの王女様でした。それがただの現代のアーパーギャルにされてしまうんですって?何かの間違いでなければ子供には金輪際講談社と名の付く本は与えたくないくらいショックです。早くママ友達にも教えてあげなくちゃ…
 
投稿日時 : 2008-03-14 10:48:49


こんなリメイクは絶対許せない
 
30代の女性です。
主人は手塚治虫の大ファンで、このリメイクにとても怒っています。
中学一年の娘はアニメも良く見るほうですが、花森ぴんくを知っているだけに、
「何でこんな人を選ぶの?ヒドイ!」と怒っています。
小学5年の娘は、ズームインでの紹介を見て「あんなヒドイ絵じゃ皆嫌がるよ・・・」
と言っています。
手塚先生の漫画は小学校の図書室にも当然のようにあり、娘たちも
リボンの騎士は読んでいます。
自分自身もリボンの騎士への愛着もあり、また昔の「なかよし」ファン
として、どうしてこのような改悪を行うのか信じられない気持ちで
一杯です。

投稿日時 : 2008-03-16 01:42:38

(無料アンケートサイトASQ『「なかよし」漫画家の花森ぴんくさんによる『リボンの騎士』リメイクをどう思いますか?』より抜粋)
http://asq-enq.com/e1204990613.html
 意見の内容・文体は様々だが、賛成派の肯定的なコメントはほとんど見当たらず、反対派の否定的なコメントが延々と続いている。(08年3月16日現在)
 (幾らか賛成派が投票しているようだが、コメントが全くと言っていいほど見当たらず、あったとしても反対派をからかうようなものであったり、具体的な長所美点を挙げない消極的なものであったりと、どう見ても不自然である。反対派に圧倒されているとはいえ人数としては20パーセント以上存在しているのに、それに比してそのコメントは5パーセントも見当たらないのだ。・・・奇妙だよね。講談社か手塚プロかは知らんが、工作員、乙。こう言っちゃあ悪いけど結果的には無駄な抵抗、悪あがきにしかなっていないようだ)


 仮面ライダーやプリキュアは言うに及ばず、多くの「子供向け番組」がヲタ層(大きいお友達。古いファンは近年の「なかよし」を「ヲタよし」と言って嫌っているらしい)や元からの支持層である子どもたちのみならず、その背後でいっしょにTVを(興味津々で)見ている「親御さん層」まで取り込もうと努力しているわけだが、あからさまにTVアニメ化を狙っていた今度の「リメイク」リボンの騎士は、実際に財布の紐を握っている「お母さん」たちを怒らせてしまったようだ。
 (消息筋、つまり関係者からのリークによると、半ば及び腰だったスポンサーたちは「それ見た事か」と逃げ出し始め、大手アニメ会社の東映アニメーションも早々と撤退したそうである。当初の企画にあった作品の基本設定を根本から見直そうという動きもあるとか)
 子どもと親が一緒の番組を見て楽しむ、という失われつつあった好ましい習慣、本来の親子関係が、「子ども番組」を通して復活しつつあるのは心温まる状況であるなぁ。
 それに水を差したのが今回の『リボンの騎士』リメイク騒動である。

 関係者は皆、生活がかかっている。それはよく理解できる。
 が、しかし、安直に目先の金儲けに走り、マンガ家(創作家というものは、好きなように作らせた時にこそ本当の才能を発揮するものだ)と読者(編集者なんかよりはるかに詳しい)をないがしろにした仕事は、本末転倒ではないか?
 マンガ家は自分が納得のいく作品を描きたいし(浦沢直樹氏のように心から手塚をリスペクトし作品を愛し、理解している作家は他にたくさんいるはずだ)、読者だって奥歯に物が挟まったような作為的なわざとらしいマンガ(軽薄でワイセツなサファイア、なんてサファイアじゃない!)なんか読みたくないだろう。
 また、過去のすばらしい作品が金儲けのために安易に歪曲され貶められるのは、マンガ家・読者(この差・違いは極めて少ない。マンガ家はそれこそ熱心な読者だし、読者にも花森ぴんくごとき歯牙にもかけないような優れた描き手がいる)の両方にとって大変な苦痛なのだ。
 出版社たる者がその原点を忘れてどうする!

onepiece1.jpg 週間少年ジャンプという雑誌が全ての点で完全に正しい、とは言わないし、人気作家についても同様である。(正直、問題点も多いよね、あの雑誌も)
 ただし、尾田栄一郎がいい事を言ってるんですよ。
 「マンガを描く時は常に15歳の自分に向けて描いている」
 尾田先生とWJ編集部、集英社がいつもその通りだとは限らないのだろうが(大人の事情だっていつも付いて回るのだ)、創作家や出版社が肝に銘じておくべき言葉だろう。
 マンガ家と読者、創作家とそのファンあっての、商売人なのだ。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]