忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【ニコニコ動画】【げいおん♂】唯の本格的カズヤネットうんたっ!

 なんかあちこちで取り上げられている「うんたん!」、ぐぐったら↑こんなのが出てきました(笑
 そーかぁ、ケツドラムの事だったのか(笑
 (上の動画、適当なところで止めてください。でないと止まりません。リピートで延々無限ループします)

 『けいおん!』というアニメの1シーンが妙に受けて、続々とMAD動画が作られているそうな。
 制作が京アニだというだけでただでさえ注目されているのだろうが、見てみたら意外に地味で真面目な内容で面白かったですよ『けいおん!』。
 性格と適性、つまりどの楽器が合っているか、という点で、ドラムの子はちょっと違うんじゃないか、とは思いましたがね。
 ドラマーというのは、もっと鷹揚に構えた、どっしりした感じのキャラの人物が多いのですよ。
 バンドの中で一番体力が必要だし、始めから終わりまでリズムをキープするには、神経質すぎる性格では持たないから。あの子はギターかヴォーカルっぽい。
 ついでに言うと、ドラムはバンドの中では中枢と言えるくらい重要な楽器である。
 他の楽器がどんなに上手くても、ヘタクソなドラム一人が台無しにしてしまう事もありうるのだ。
 また、メンバー変更でドラマー一人だけが変わっても、バンドの音そのものがガラリと変わってしまう。それくらい重要なパートなんですよ。ステージでは位置的に目立たないけどね(笑
 (ちなみに音楽室の壁に肖像画が必ず貼ってある昔の音楽家の中では、バッハが一番ドラマーっぽい。ベーシストにも時々見かけられる風貌かと。バッハは楽曲の性質上、ベーシストに縁が深い作曲家なんですよ。バロック音楽のゲネラルバスでぐぐってみれ。言うまでも無くバッハを練習曲に選ぶベーシストはジャズに向かう傾向がある。ベートーヴェンはギターっぽい、しかもハードロックやメタル系の、とはよく言われるね。音楽的にもそうか)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E5%A5%8F%E4%BD%8E%E9%9F%B3

 あー、初心者は安い楽器を買う傾向があるかも知れないが、劇中でも言われていた通り、安すぎる楽器を買うのはマジで「安物買いの銭失い」になるのでやめた方がいい。
http://d.hatena.ne.jp/takuwaning/20090407/1239090445
http://d.hatena.ne.jp/ryunpaq/20090407/p1
 私は木管楽器(サックスと言え!)しか知らんのだが、楽器屋自身が作って売っているショップブランド(って言うのかな)の楽器には要注意だ!
 H・セルマーSA80Ⅱアルトサックス。今新品で買うと50万近くするのな。でも音は花があっていい音だぞ。 友人が「初心者こそキチンとしたものを買え!」と言ってくれたおかげで、私は「安物買いの銭失い」せずに済んだけど(ちまちま貯めていた貯金を全部引き出してセルマーのSA-80-2を買いました。中古屋で22万円以上したなあ。管楽器って高いんですよ。カバンのブランドには名前倒れの酷いのがあるけど、管楽器では間違いなくフランス製はすごいと思う)、ある日某大手楽器店で「その店」特製のアルトサックスを吹かせてもらったのですよ。
 ・・・酷かった。充分に出ない音もあるし、バランスも悪い。音程もおかしいし息に対する抵抗が無さ過ぎる(あまりすんなり音が出ると、かえってコントロールしにくいのだ)。キーの位置や形状がいい加減で決して大きな楽器ではないのに運指がしんどい(指にゴツゴツ当たって痛いキーがある。特にテーブルキーとか)。なにより音が貧相。
 (こういうのも、ある程度慣れないと気付かない事である)
 悪い事は言わない。アルトサックスを買う場合は10万円以下のイシ○シ楽器などのショップブランド品は絶対買うな。せめてヤマハやヤナギサワといったしっかりした(国産)メーカーのものを買う事。
 (メーカー品でもやはり安いモデルは相応の音しか出ないけど、楽器として致命的な欠陥のある楽器を買うよりははるかにマシ。最低限使えるメーカー品は安いと言っても確実に10万以上するけどね、アルトサックスでも)
 ゴールド・トップです。えぇ見た目から入りましたとも。その頃はジミー・ペイジもスティーブ・ハケットも全然知らんかったよ。 またギターやベース、ドラムなど他の楽器の「ついで」に管楽器が並べられているような店は避ける事。
 管楽器は専門店で買おう。品数そのものも少ない上に、ギターやベースほど専門家が多くないので、大きな楽器店の店員さんでも管楽器となるとサッパリ、という場合が多いのだ。
 できれば修理工房が同じ建物内にある店が望ましいのだが、管楽器の場合は少ないなぁ。
 全ての楽器に言える事だけど、初心者は購入の際は必ず熟練者同伴の事。極力は楽器店で買う事。
 昔リサイクルショップでレスポール(『けいおん!』劇中で主人公が一目惚れしてついに買ってしまうあのギター。女子高生にしてはチョイスが渋いのう)の「パチモン」を買った事があるんだけど、詳しい友人に見せたら「ネックがねじれててダメ」と言われましたよ。(素材にもよるけど、弦楽器のネックは反ったりねじれたりしやすいらしい。だから使わない時は壁にヘッド部分を引っ掛けてぶら下げるのがいい、とも。反りは直せるらしいけどねじれは直せないそうな。気をつけよう!) 

 主人公が入部するかしないかの段階でセリフに登場するギタリストの名前がこれまた渋かった。
 「じ」で始まる名前のギタリスト・・・ジミヘン、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベック(ベックじゃないよ)・・・ひょっとして幼少のみぎり、お父さんと一緒に聴きまくってたのか?非常におっさんホイホイな名前であるなぁ。
 (ジム・ホールやジョー・パス、ジャンゴ・ラインハルトも混ぜてやってください。確かにジャズギターって地味だけどね(´・ω・`))


 ・・・なんかバンドやりたくなりましたよ。

拍手[0回]

PR
 地デジ移行に伴い、美人タレントがちょっと大変らしい。
http://maniaxz.blog99.fc2.com/blog-entry-2547.html

 でも経産婦で35歳の女性って、こんなもんでしょ普通。
 舞台の仕事を知ってる人ならご存知だろうけど、照明だって半端無くキツイのですよ。肌にいいはずが無い。
 最近のFFのCGとかで目を毒されすぎた人が多いのかな。
 まぁ私は松嶋菜々子どころか、他のタレントすらあまり食い入るように見ないけど。いやまずTVからしてあまり見ないけど。
 写真やTVの映像では大変そうに見えても、実際に会ってみると意外に魅力的なのが人間というものです(もちろんその逆もあるが)。
 私には最近のゲームCGの妙に美化されすぎたキャラの方が不気味に見えるぞ。
http://blogpal.seesaa.net/article/13548458.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%B0%97%E5%91%B3%E3%81%AE%E8%B0%B7%E7%8F%BE%E8%B1%A1
http://blog.zaq.ne.jp/sigmund/article/7/
 萌えキャラの表情が乏しく、そのキャラが一般的な「人形美」から離れるような人間臭い表情をする時には、漫符(目が点になったり不等号になったりでかい汗の滴が貼り付いたりするアレ)という記号的表現で処理したりするのは、萌えヲタという層がそれだけ「不気味の谷」に敏感だからではあるまいか。(多用しすぎるとマジで腕が鈍ると思うぞ)
 まぁだからオレの描く女の子は「気持ち悪い」とか「萎えキャラ」とか言われるんだろうね(´・ω・`)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%AB%E7%AC%A6
 (現実の女性も多かれ少なかれ「美しい人形になりたい」という願望を持っているのではなかろうか)
http://www.orient-doll.com/top.html(18禁注意!)
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/03/16/1665.html(もう少し美人に作れなかったのかorz)

 ゲームが大好きでもPCでお絵描きツールを使って絵を描く趣味を持たない人なら、普通CGと聞けばゲームなどの3DCGを思い浮かべるだろう。
 フォトショップやペインター、SAIなどのお絵描きツールを使う人ならば、CGと聞いた場合それを意味する言葉の意味はグンと範囲が広くなる。「2D」として描かれた絵もPCで描かれたものならば、それはやはりCG(コンピュータ・グラフィックス)だからだ。
 地デジによる鮮明な映像のおかげで対応に追われるタレント(特に「美」を売り物にするタイプの人々)もこれから大変だと思うが、私も「他人事じゃないなぁ」と感じたのですよ。
 というか、既に、それもずっと以前から苦労しているわけですが。 
 別に何も私がTV出演する、というのではない。(グラビア写真ではフォトショップが大活躍しているのは言うまでも無い)
 CG特にアナログ絵のプロセスをPCで再現しているにすぎない2D絵などは、完成してから発表する直前にリサイズ、つまりこの場合は画像サイズを縮小するわけだ。
 なぜそのような工程があるかというと、そのようにする事で、微細な「ゴミ」や「アラ」が見えなくなるからですよ。手描きと変わらないやり方で描かれる2D絵の場合、どうしても細かい「ゴミ」や「アラ」は出るのだ。
 だからかなりの人が、あらかじめ大きめのサイズで絵を描いているのである。これはアナログで描かれる事が未だに多いマンガ原稿でも行われている段取りでもある。(印刷されたマンガの絵は原稿の絵よりひとまわりほど小さい)
 微エロですまんのう。筋肉少女帯というバンドがあったけど、緊縛少女隊というのもいいね。んなもんは無いけど ←こちらは私が今描いてる途中の絵。(体調が優れず、中々進行しない・・・)
 (このブログのお客のほとんどは私がどういう趣味の持ち主かご存知だと思うし、近年猖獗を極めているBL絵なんかに比べると穏やかな表現だと思うんですよこの絵は。ただ女の子が縛られてるだけだからねぇ。少年誌のエロ表現なんかに比べてもおとなしいよね、この程度なら。「露出」も一切無いし。言い訳がくどくてすまんのう)
 クリックして表示されるサイズは実際の大きさの16.6%の大きさである。
 実物は4092x2893ピクセルもあるんですよ。 
 (SAIは絵があまりにもデカイサイズだと時々動かなくなる。つい最近知りました)

 CGだから目尻のしわは無い。つか女子高生のつもりで描いてるわけだが。老けて見えるとか言うな ←こちらが初期の下描きの顔・右目の辺りのUP。
 クリック後が原寸大の大きさです。でかっ!リサイズされた絵ではわからない「ゴミ」や「アラ」がたくさんある事がわかりますな。(多分まだ「ゴミ取り」作業が続くかと・・・)
 副ブログで「虎ロープ」に散々手こずった事のあらましについて書いたけど、それ以外の部分の「清書」というか「ゴミ取り」(線画の段階からCGだからむろん全部手作業。というか線の修正はどうしても手作業になるが)でも、かなり時間を食っているのです(毎度の事だけど)。
http://hillmama.blog37.fc2.com/
 で、「ゴミ取り」に執着しすぎて、いつの間にかくたびれている事も多いのである。えぇ、自分でも愚かだと思いますよ。
 私がついついお絵描き掲示板に逃げ出すのは、こういう事情も理由の一つかも知れないなぁ。

 写真家やCG絵師特有のこういう偏執狂的「症状」を「ピクセルマニア」と呼ぶ。
 たった今私が発明した造語です(笑
 2DのCGを描く人に質問したいのだが、お前らどれくらいの大きさでCGを描きますか?(笑 
 また、「ゴミ取り」とか「清書」にはどれくらい時間をかけますか?(笑
 

拍手[0回]


【ニコニコ動画】吉田健一AMV H.264版

 こうやって見てみると、エウレカとかジブリでの仕事の延長線上の成果なのかもなぁ。
 そう考えると、ダサくて田舎臭くて古臭くて肥え臭いパヤヲキャラを洗練させて垢抜けさせてオサレにしたらヨシケンキャラになるのかもなぁ。
 つくづく惜しい人材を追い出したものだねぇ・・・スタジオジブリ。
 天才的老害と心中すればいいよジブリは。

拍手[0回]

 一見美少女だが実は男、というキャラは、女性である現実を受け容れられない女の現実逃避か。 女性の描いたマンガまたはそのアニメ化作品を見る度思うんだが、女って独裁者みたいな男に弱いんだろうか?
 最近某所で7話まで一気に視聴した『まりあ・ほりっく』にしろ、『のだめカンタービレ』にしろ、また他の多くの女性に人気がある作品でも、かなりの割合で「独裁者男」キャラが見られる気がするんだが。
 (私は『のだめカンタービレ』という「ご都合主義」の塊みたいなゆるくて痛くて甘ったるいマンガが大嫌いである。男に依存する事しか考えていない自我の未発達な低能女であるスイーツ(笑)も大嫌いである。くたばれノイタミナ。小林ゆうは『銀魂』ではドM女を演じているのだが、『まりあ・ほりっく』では「ドS男」の中の人であるのが興味深い)
 粗暴で下品で頭の悪い独裁者みたいな父親を持つ子どもだった私は、「男尊女卑」(一言で言うと「男は神!女と子どもは奴隷!」という思想)的傾向があるというだけでその男を(グーで)殴りたくなるのだ。
 (「男尊女卑」をむしろ「古き良き美風」みたいに思い込んでるバカが未だにいるが、地方別に見ると九州に多いように思われる。食事の時父親だけオカズが一品多いとかデザートが付いてるとか、今時信じられますか?ついでに付け加えると、発展途上国や後進地域ほど「男尊女卑」が強いのだ。「遅れている」と思われたくなかったら、そういう野蛮な勘違いは早々に改めろ。ちなみにウチの親父は九州男児だった。成人してから一度、私はこの男を殴っている。もちろんグーで)
 程度の低い独裁者男をチヤホヤし甘やかす未熟で無知無教養なドMファザコン女(まぁ女も大別するとファザコンかショタコンなんだけどね・・・極端でなければ別に構わないよ)も、(グーで)殴りたくなるのだ。
 ・・・あぁ、だから男尊女卑男の食後にはスイーツ(笑)が付いてくるのか。

 『まりあ・ほりっく』という作品について、どういう層に人気があるのか調べてみた。
 一見「萌え系」なので男性に人気があるのか、と思いきや、意外にも小林ゆう演じる「女装ドS少年」が一部で非常に嫌われている事がわかった。原作者は女性である。
 私は新房昭之監督によるアニメしか見ていないが、物語があまりに荒唐無稽な上、ギャグが秀逸で監督も「あの人」だからか、登場人物に思い入れる事無くゲラゲラ笑っていられた。(まぁ年齢的な事もあるか)
 『のだめカンタービレ』の独裁者男の千秋という世間知らずのアホボンのクソガキも、男には非常に嫌われているようだ。言うまでも無く私も大嫌いである。こちらも原作者は(バカ)女である。
 男社会では、わがままで自己中心的で横柄な男というのは、たとえ部下を多く従えた管理職であっても、やはり心から好かれる事は無い。対等な間柄でそういう態度だとまず友達なんかできない。
 千秋というクソガキも、出会う人間を敵か手下か、というニ分法でしか捉えられない器の小さい男である。対等な者同士のチームワークを重く見る男という生き物から見て、非常に不愉快なキャラなのだ。
 実際に男性の作家が創造するキャラと比べてみればハッキリするが、男の描く物語では、我が強くて横柄な野郎が出てきても必ずライヴァルに当たるキャラが登場するし、また幾多の衝突を経て対等の関係を築く場合が多い。
 主人公が独裁者になる事は滅多に無いのだ。織田信長など、史実の独裁者そのものを主人公にする場合も、それをマイナス面として描く場合がほとんどである。
 女性の作家が野郎を描く場合、対等なチームワーク構築やパートナーシップに至る経緯は全く無いか・・・でなければ「性的」な関係にもつれ込むか・・・である。「男の友情」、と言ってしまうと口幅ったいが、そういう男同士のつながりというものが女性には理解できないらしい。実は男は「恋愛以外」では支配するのもされるのも、どこか抵抗を感じるものなのだ。
 (恋愛の方が、ある意味生々しい「権力闘争」だと思わないか?会社や政党などの派閥争いでは相手の心まで支配しようとは考えないからね。諸星あたるとラムちゃんがいい例だろう)
 仮にワンマンと言われる指導者でも、それはあくまで自分の意見を押し通したがるというだけで、部下をメンタル面においてまで奴隷化しようなんて毛筋ほどにも考えていない(気持ち悪いだろ、そういうの)。
 また、人心掌握の上手い指導者ほど、部下に「命令」しないものだ。何か仕事をしてもらいたい時ほど「お願い」するものである。「これは君の得意分野だろ、任せたよーん」と仕事に対する部下の自負をくすぐり、いい気分で仕事をしてもらうわけだ。(才能ある者、特に男ならば自らを恃む自負も相当なものだ)

 究極の男社会である軍隊という組織を見てみよう。
 名将と呼ばれる軍人ほど、同僚・部下に親切で思いやりがあり、決して必要以上には偉そうに振る舞ったりしない。
 連合艦隊司令長官だった山本五十六が空母「赤城」艦長だった頃、着艦に失敗しオーバーランした艦載機の主翼に真っ先にしがみ付き、あわてた周囲の連中も次々にしがみ付いてようやく機体が飛行甲板から滑り落ちるのを防いだ、というエピソードがある。
 また、国内の出張などで戦死した部下の実家がある地方に向かう際は、必ず弔問に訪れ、丁寧に挨拶したという。下士官や一兵卒に至るまで、人望が厚かったようだ。
 「聖将」今村均。ニューブリテン島で声を掛けられた水木しげるは「今まで会った中で一番温かい心を感じさせる人だった」と述べている。戦後マッカーサーをして「武士道を見た」と心服させたのも有名。 ラバウル基地を終戦まで守り抜いた今村均も、部下に深く敬愛された将軍である。
 米軍により補給を絶たれ窮乏する事を懸念した今村は早くから自給体制を確立し、饅頭などの菓子類から地下工場での自動車製造まで可能にしたというからすごい人だが、まず部下を動かす方法が素敵である。
 食糧自給のため、田や畑を作る事から始めるわけだが、まず自分から率先して早朝6時から畑を耕した、というのである。最も位の高い基地司令自らが鍬を振るうわけだから、部下もサボるわけにはいかないのだ。
 また、ラバウルに赴任する前にはジャワ方面の司令官であったのだが、住民感情を充分に考慮した穏やかな軍政は親日感情を高め、ゲリラ活動はほとんど起こらなかったという。
 インドネシアの人々にすれば、旧支配者であるオランダ人からの解放者でもあったようだ(現代のインドネシアの教科書でも今村は取り上げられているそうである)。
 「いかなる民族からも矜持を奪ってはならない」、というのが軍政についての信条であった。
 アメリカの提督ではどうか。
 猛将「ブル」ハルゼー。大の日本人嫌いだったそうだが、どこか憎めないジジィである。 真っ先に思い浮かぶのは猛将「ブル・ハルゼー」ことハルゼー提督であろう。
 米海軍の軍艦には必ずアイスクリーム・バーが設置されており、常に人が並んでいる。
 その日の戦艦ニュージャージーのアイスクリーム・バーにも長蛇の列が出来上がっていたが、横から割り込んだ新米少尉二名に対して「定位置に並ばんか!」と怒鳴る声がする。水兵の癖に上官に向かって生意気な、と少尉たちが後ろを振り返ると、そこにはちゃんと順番を待って並んでいた第3艦隊司令長官ハルゼー提督の姿があった。
 この人も下級兵士とも軽口を叩きあい、気さくな人柄が「俺たちの親爺」と、全軍から大変人気があったそうである。
 これらの人たち以外にも、エルヴィン・ロンメルや戦艦ビスマルクのリンデマン艦長(姿を見かけた水兵は遠くから駆け寄ってでも敬礼したそうな)など、優れた将たる人物は、皆「親切で思いやりのある、謙虚な人」ばかりである。
 独裁者といえば究極の男性像のように思っていた人には意外すぎるだろうが、現実には男社会では全く支持が長続きしないタイプなのだ。ファザコン女にしか支持されない、つまらないタイプというわけだ。

 で、アドルフ・ヒトラーが女性に優しかったのをご存知だろうか。
 ナチスが政権を獲得する際に気を付けていた点の一つが、「女性人気」である。
 ワイマール憲法では女性参政権をいち早く認めていたから、女性からの支持は無視できなかったのだ。
 (ドイツで女性の参政権が認められたのは1918年。何とアメリカより2年早いのだ。日本はずっと遅れて1945年、敗戦の年である・・・)
 ヒトラーが女性に人気があっただけでなく、ナチス政権も女性を大いに優遇した。
http://d.hatena.ne.jp/shidehira/20070131/1170216355
 
 このオッサンがベルリン陥落直前、というか自決直前まで独身だったのは、女性の支持をキープするためだったという。自殺する前日に愛人エヴァ・ブラウンと結婚。 精神的な自立もままならず、男に依存する事しか考えていない未熟なファザコン女が大量の票を入れ、ヒトラーは独裁者となり得た、という事だ。(ナチスの政権獲得は、実際に民主主義的な手続きを踏んだ上での結果である)
 「権力は腐敗する。絶対的な権力は絶対に堕落する」と19世紀英国の歴史学者アクトン卿は言った。
 ヒトラーが「総統」を名乗り全権を掌握した1934年から、首都ベルリンが焦土と化したドイツ敗戦の1945年まで、わずか11年。
 「第三帝国」は史上最も短命な「帝国」の一つである。

 自我の発達した、知的で精神的にも自立した女性ならば、独裁者のような男には反発しか感じないと思うのだが、いかがだろうか、スイーツ(笑)の皆さん?
 あぁ、アイスクリーム・バーでは順番を守りましょうね(笑

拍手[1回]


【ニコニコ動画】君に、胸キュン。 Full

 ニコ動うろついてたら面白いものを見つけました。
 原曲は1983年にリリースされた同名のYMOの楽曲である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%9B%E3%81%AB%E3%80%81%E8%83%B8%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%80%82
 最近の萌えアニメは油断ならんなー。え、シャフト?新房昭之?なるほど。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%88%BF%E6%98%AD%E4%B9%8B
 (『ぱにぽにだっしゅ!』と『さよなら絶望先生』しか知らないけどね、この監督の作品は。でもすぐに誰だかわかる作風であるなぁ。・・・後で思い出したけど『The Soul Taker 〜魂狩〜』もこの監督さんであった。ギャグが全く無かったので今思うと意外であるなぁ。あの作品は時々出てくるコントラスト効き過ぎた絵で目がショボショボしました^^ちなみに『小麦ちゃんマジカルて』はこれのスピンオフである)
 で、こちらがオリジナルPV↓

【ニコニコ動画】【PV】YMO - 君に、胸キュン。

 こっちはこっちで笑えるけど、やっぱ女の子の「キュン!」の方が耳に優しいね(笑 耳に残るよ。

 キャッチコピーは「かわいいおじさん」。最近は「渋い老紳士」っぽいな。ロマンスグレーがイカス。 三人とも私好みの声質の声優さんである。歌も上手いね。ちなみに木村カエレはジャイアン並みの破壊力を持つ歌声の持ち主である。『豚のご飯』のデス声は必聴。 左、オリジナル。
 右、まりほり。
 凝ってるなぁ。歌っているのもキャラの中の人である。(真田アサミ、小林ゆう、井上麻里奈)






 こちらは小林ゆう&大槻ケンヂの『豚のご飯』↓
http://www.youtube.com/watch?v=ArN42Q_ZW7U&feature=related

 で、こちらが「教授」こと坂本龍一氏の意外な勇姿↓


 すでに国際的な名声をものにしてこの余裕。
 普通ならこんな事やらないと思うけど、教授は違うね!
 おれたちにできない事を平然とやってのけるッ
 そこにシビれる!あこがれるゥ!

拍手[0回]

最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]