忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ブログというものには依存性があるんでしょうかね、ネタが無くとも書かなきゃならない気がする。
 世間から忘れられるのも怖ろしい。
 職場やご近所、友人や親兄弟配偶者とのお付き合い、数は多くとも空虚な交際も少なくない。
 そういう人がネットに同好の士や悩みを打ち明けられる友達を求め、果ては恋人まで獲得する事も少なくない。
 
 ケキツネノボタン。花言葉は「嘘をつくなら上手くやれやゴルァ(#゚Д゚)」。 昔、あるお年寄りを知っていた。
 正直、不快な人物である。
 貧乏で外見がみすぼらしいのは全く問題ではない。
 目がある人ならば、その人物が幾ら華美に着飾ってても、簡単に本性と心底を見抜くものだ。
 その人は、身なりではなく、言葉で身を飾ろうとしていた。
 接する人によって、国文学者や歴史家、慈善家など、「顔」を使い分けていた。
 「わけあって野にあるその道の大家」「実はすごい人」を演じていたのだ。
 では接する人たちが、その人の「顔」をどれくらい信じてたか。
 何、誰も信じてはいなかったのである。

 その老人が「交際」していた人たちの間から非難の声が徐々に挙がるようになったのは、在野の知的な老大家を騙った安物のメッキが剥げたからではなく、人間関係のモラルの欠如に対してだった。
 (書いてて気づいたが、モラルって人間関係あってのものなのだ。たとえ互いに顔を知らない間柄でも)
 尊大な態度で相手を見下す、金品をたかっている相手の陰口を叩く、自分勝手でわがままで相手の都合を考えず引っ張りまわす、人の物を勝手に持ち出す、それどころか平気で人の物を売り飛ばす。
 犯罪一歩手前まで、おおよそ他人の愛情や信用を損ねる行為を重ねていったからだった。だから嫌われた。
 
 どういうわけか私はその老人に気に入られていたようだ。(それでも1、2度だまされた)
 おそらく、歳若く貧乏で、そこそこ話題が広かった(「古い」話題も結構得意な私は年寄りに好かれるのだ)からだろう。上手く手なずけて子分にしたかったのかも。
 だが私にしたら、話好きではあるが知識そのものは大した事は無く、上げ底もいいところ、と相手を評価していた。
 私が少しでも深く突っ込んだら話題を変えて逃げ出す。敵のミサイルをかわすべく急旋回を続ける戦闘機のようだった。それが何度か続けば、大抵の人ならすぐに私と同じ結論に至るだろう。「似非インテリだな」。
 他の人たちにしても、始めは彼が人畜無害に見えたからこそ、多少の安っぽいペダントリーを大目に見ていたのだろう。人によっては本気で彼を「少なくともインテリ」と見ていたかも知れないが。

 だが、身を飾るだけの罪の無いウソならともかく、他人に迷惑をかけ、傷つけ、裏切るような行為はさすがに看過される事は無かった。
 私が彼を本心から嫌いになったのは、周りに他人が大勢いて、しかも聴こえるような声で、「和光同塵」などという言葉を吐いた時だった。
http://www.rinnou.net/iroha_uta/13-wa.html
 散々人に助けられていながら、聖人君子には程遠い浅ましい性格で、しかも大して知的でも賢くも無いのに、一体どこまで傲慢なのか。
 周りの人間には理解できなくとも私一人には通用するだろう(いやひょっとして私も理解していないと思ってたか)言葉を、聴こえるように平然と使う不遜な態度が、たまらなく嫌だった。
 自分までが同類と見られている、と思うと不快で腹立たしかった。
 この老人と大きく距離を置くようになったのは、この日からである。
 まもなく、他の人も同じようにし始めた。
 
 お金を持っている相手にはこびへつらい、インテリに弱そうな人には知性派を気取り、金も教養も無い者には慈善家を騙る。
 そこまでは良かったが、大目に見て笑って許せたが、その後がダメだった。
 言動、行いに誠、実がまるで無い。
 人は結局、ウソや裏切りを重ねて、人間関係を足蹴にし踏みつける者を一番嫌うのだ。
 不思議なのは、簡単に見破られるようなウソばかりつき、その上周囲・他人を見下していた事だ。
 彼より金持ち、または知的な人物は大勢いるのに。
 (言葉というスキルが未熟でも、利発な人・聡明な人はいるものだ。また、金持ちは意外に無知無教養なものである。面白い事に、これらの事実はこの老人との付き合いで知り得たものなのだ)

 本当に知的な人は、観念的な事柄にすら厳密・正確を期す。
 (相手を思いやってのウソ、というものもあるが、やはり顔に出るか)
 また、自我が発達しているから、他人から自分(の言動、行い)がどう見えているかも気になる(自分を客観視する、突き放して冷徹に見る。メタ認知)。
 平気でウソをつく人は、邪悪であるだけでなく、どこか頭が悪くておかしいのだ。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B9%B3%E6%B0%97%E3%81%A7%E3%81%86%E3%81%9D%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E2%80%95%E8%99%9A%E5%81%BD%E3%81%A8%E9%82%AA%E6%82%AA%E3%81%AE%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6-M-%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%9A%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4794207417

 ・・・やはり一番バカなのは、この老人だった、という事か。
 性格のひねくれた利口ぶったバカが最も始末が悪い。
 目をかけてくれる人も、慕ってくれる人も、友人さえも無くしてしまうのだから。
 
 
 

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]