忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ちなみに「女性自身」、デリケートな部分も、英語ではpussy cat、つまり仔猫チャンである。何かいい事無いか? 閲覧者の反応に馴れ合いが少なく(少なくとも「コミュニティ」が悪い意味で出来上がっちゃってるサイトよりははるかにマシ。朝○コロス)、ビンビン反応があって、どういう絵が世間に好まれるか一目瞭然なのがpixivというサイトである。
 OWLさんも言ってたが、こちらとしては割りと力を入れた絵ほど、またはたまたま「会心の出来」になった絵ほど、滑りやすいみたい(・・・)。
 私にしてもOWLさんにしても、人体の表現に立体感・量感を求めるタイプなのだが、言うまでも無くこういう絵師には向かい風が強い時代である。
 女性には申しわけないが、私はpixivにも多数18禁絵をUPしている。
 pixiv画面右上の「設定変更」タブをクリックし、「年齢制限作品(R-18)」を「表示する」にチェックを入れると、あーら不思議!陽気でフレンドリーな私が一瞬にしてたちまち女性の敵に(笑
 量感のある女体(別にグラマラスとは限らない。ツルペタスレンダーも守備範囲にありますよー。要するに手を触れるとぬくもりが感じられ、抱きしめると腕と胸に弾力が感じられそうな肉体を描きたいのですよ)、立体感のある人物像を描きたい絵師は、そのままエロに走る事もあるのです。だから描いてるうちにエロヲヤヂの目は「狩る者の目」に、ニヤニヤ笑いは鋭い眼光に取って代わられている(と、思う)。
 でもねぇ・・・こういう絵って、受けないんだよなー。
 どう見ても立体感に乏しく平面的でデッサンが微妙なエロ絵が、私の絵なんかよりすごく伸びているんですよ。
 エロ絵ではなく、せいぜい少年誌程度(まぁ最近のは全裸くらい珍しくないけどね)の露出度の絵なのだが、「ネコミミxネコミミ」という、絵板絵をUPした。これが全然受けない。
 淡白な色使いで、塗りも簡単で、ものの1時間もかからずに描き上げた絵なんだけど、この絵には想い出がある。
 ある絵サイトで(まぁ例によって私の絵は受けないのですが)、唯一コメントをくれた絵師が、すごく上手い、そのサイトの住人の中ではデッサン力において右に出る者が無い人物だったのである。
 いわく「パースの利いた、いい絵ですね」。他の誰もが見向きもしなかったが、この一言で救われましたよ。
 こちらの意図を理解し、キチンと評価してくれた人が初めて現れたのですよ。
 この絵、相変わらず受けないけど、ひょっとして世間には、立体視ができない者が激増しているんだろーか。
 だから異次元デッサンの萌え絵が氾濫していて、デッサンの上達に日夜心血を注いでいる絵師が、皮肉にもその努力ゆえにかえって冷や飯を食わされる破目に陥るのだろーか。
 エロゲばっかやってると、立体視が難しくなるんだろーか。(面白い事に、私はギャルゲやエロゲをほとんどやらない。もらい物をたくさん持ってて、PCにもインストールはしてあるのだが)

 ちなみに立体視、本来ならそれが難しい女性であっても(その代わり女性は色彩感覚が先天的に男性より鋭敏である)、近年の研究では、精進次第でいくらでも可能になる、とされている。
 ・・・申しわけないが、色の美しさのみならず、立体感や量感も、絵を愛でる要素として、もう少し重く見てもらえないだろうか。
 オレの色彩感覚なんて、しょぼすぎるんだから(ぁ、自分なりに努力してますよー。大変だけどね)。
 
 漢なら、やっぱ量感あふれるむちむちぷりん(死語)を目指せっ!

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
ブログペットの猫をクリックしたら、「エロ・・・」と言った。
saneyukiです。
勉強不足なので、絵のコメントは適切な事を書けていないかと思います、私。
ただ、好きなキャラを取り敢えず描きたいと描いている人と、研鑽を積んで描いている人では見ている目線が異なるのは確かだと思います。
エロゲと立体視の関係については何とも言えませんが、マンガなどはそれほどパースを気にしている(ちゃんと描けている人もいるけど)とも思えないので、何も知らない人がその絵を見て「これでいいんだ」と思ったりすると、同じようにパースを気にしない描き方になるかもしれません。

全く関係ない話で知人から聞いたのですが、「ギャルゲーの主人公の顔、右斜め45度の法則」という卒業論文を書いた人がいたらしい。
この話を聞いたのは随分昔なのですが、今でも通用しそうな内容。
読んでみたい気がします。
同じように、ギャルゲーならギャルゲーなりの描き方が脈々と受け継がれているのかもしれません。
saneyuki URL 2008/08/17(Sun)07:31:14 編集
 ウチの番頭どん、江戸時代の大坂の町人学者から名前をもらってるんですが・・・(笑http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%89%87%E8%9F%A0%E6%A1%83
 まぁマンガにしろアニメやゲームと事情はあまり変わらないかと思います。
 エロゲの原画家、というと、『臭作』の堀部秀郎氏がデッサンのしっかりした作家だと思います。
 が、この人のキャラも、顔はエロゲ顔なんですねぇ。鼻が低くて丸顔なんですよ。
 人類学者によると、食べ物が堅いとあごが発達し、それを支持する筋肉のために頭蓋骨が横方向に拡がります。
 鼻の穴は面積が一定するらしく、当然鼻も横に拡がり鼻筋の無い低いものになります。顔そのものの大きさも、大きくなります。
 こう考えると、萌えキャラは顔がでかいんですよ。しかも食べ物が柔らかくなったため顔の幅が狭くなり鼻も高くなった現代人というよりは、戦前の日本人に近いんです。
 また巨乳の女性は、その乳を支えるため筋肉も発達し、当然骨格そのものも太くごついものになります。
 下着会社の話だと、実際には日本女性の胸は全体に小さくなる傾向にあるそうです。だから巨乳が珍重されるのでしょう。
 よく観察するとわかりますが、小顔で手足の長いお人形のような外見の女性は、従って骨も華奢で細いんです。巨乳は望めません。
 しかし萌えキャラはこの法則を無視して、手足が長いのに乳もでかかったりしますね。
 私はこういう事が気になって気になって仕方が無いんですね。
 だから、「そこそこ巨乳でそこそこ手足も長い上にさほど顔も大きくない」バランスの取れた体型の女子キャラのデザインに苦慮するわけです。
 8頭身以上ある「リアル黒桑先生」は、設定では172センチと日本人にしては長身なのですが、手足も長く描いている割によく見ると膝から下はがっちりしてて太いんですよ。足首も鉄腕アトムみたい(笑
 でもグラマーな女性は実際にこういう身体つきをしているものです。
 ちなみに綾瀬はるかと眞鍋かおりの身体つきをを参考にさせてもらいました。
 こういうのばかりだと嫌になるから「萌え黒桑」なんて手慰みに描いたら、本家より閲覧者が多かった(笑
 ちなみに絵になったオリキャラでは、バイキン子(スク水の子)が「今の子」の身体つきです。貧乳だし。(14歳くらい、という年齢設定ですが、萌えヲタの人から見れば20代くらいに見えるそうで・・・)
 やや丸顔で、ウチのキャラの中で萌え傾向がやや強いかも知れませんが、ただそれでも、鼻梁はしっかり描かれてますし、コメカミもオトガイもハッキリと描かれています。こだわりですね。
 おかげでキャラそのものの人気は出ません(涙
 
 ギャルゲーに限らず、斜め45度の角度の顔は描きやすいですよ。
 ただ最近は幼稚園児の絵みたいにいきなり真正面からの顔を描く人も増えました。
 これは本来なら難しいアングルでして、シンメトリーな図像は大抵の人なら避けるはずなんですが、初心者はのっけからこれをやる。
 顔がコメカミや鼻梁やオトガイの無い凹凸がまるで無い丸顔で、目が昆虫のように大きくて鼻が点みたいに小さく、クチもあるか無いかの小さなもの、という単純な顔のパーツ構成が、これを可能にしているんですね。
 というか、こういうパーツ構成だと、むしろ真正面顔の方が描きやすい。
 だからこういう人は「斜めからのアングルの方が描きやすい」というと怪訝そうな顔をします。

 ギャルゲーの描き方というものもあっていいかも知れませんが、せめて原画家には基本のデッサンくらいしっかりと勉強してほしいですね。
 見る人が見れば異次元デッサンで作画が崩壊しまくってる作家、少なくないですよ。
 樋上いたるとか西叉葵とかいとうのいぢとか。
 彩色では勝てないかも知れませんが、これらの作家にデッサンで負けてたら、私はその絵師を全く評価しないでしょう(色がなければ見れた絵じゃありませんよ)。
 でも・・・世間ではこういう作家やそのチルドレンたちの方が人気あるんだよなー・・・。
 j.k 2008/08/17(Sun)09:52:50 編集
冬の時代…
今晩和、j・kさん。

 「肉感のある絵を目指す人間には冬の時代」との事ですが……寒すぎますよね、近年は。

 どうもpixivを見ていると「芸術大学卒業レベル」の「肉感のある真面目な絵」は高得点を得ていますが、「漫画絵で肉感がある絵」は…余り「受けません」。余程「ネタがユーモアで優れている」か、又は「エロス漂う絵」では無いと…お客さんも「見て」すらくれません。

 ところで…「肉感を求めていくと、エロス絵すら描いてしまう」との事ですが、エロスとなると…矢張り自分も女性ですが「絵に描かれていて」も「肉感、質感、熱」を感じない物はゾクっとしません。

 たぶん、近年「平な奥行の無いアニメ風の絵、微エロ」が持て囃されるのは、以外と…「本当にエロスを感じる現実の人間に会った事が無い人」が男女共々多いからかもしれません。日本だと元々「性愛を素直に外に吐露する」事すら犯罪扱いにされる面も強いですからね。

 どうしても、そういう面でも「微エロ」や「何処か空想めいたエロス」で満足してしまうのかもしれません。

 又「ねこみみ×ねこみみ」ですが以外と…今の絵を見るお客さんは、「構図よりもシュチエーション」にこだわる人が多い様に、ブログにせよpixivにせよ思います。

 「手をつないでる」とか「皆で騒いでる」とか「キスしている」等を求めるというか…あまり、「一個人について深く掘り下げて描く」よりも、全体を「UPして平坦に感情を描く」方が持て囃されている気もします……。

 確かに集団には集団の良さがあるんですが…うーーん、個人的には「個人」をもう少し掘り下げる描き方も「良し」として欲しいですよね…。

 何だか…どんどん書いてるうちに「アンニュイ」になって来たのは何ででしょうね(をいい)。
OWL 2008/08/17(Sun)22:30:49 編集
 またしばらく荒れて絵が描けそうにない。キチンと評価する人がごく少数でもいれば、私も元気付けられて本当の意味で絵師として芽が出るんですが・・・。
 自分のエロ絵が芸術作品だ、なんて幾らなんでもそこまでは厚かましくないのですよ私は(笑
 ただね、こうすれば「上手く見える」というセオリー通りの、その絵師なりの創意工夫や努力が全く見られない、ただ絵心の欠けたガキにはそこそこ「上手く見える」(そらそうでしょう。そのように描いてるんだから・・・)、「創作」というより「コンテンツ」でしかない、工業製品のように量産される没個性で作家性皆無で誰でも描けるけど誰が描いたかわからない、というか誰が描いたなんて誰も気にしない、大味で無味乾燥で殺風景であじけない、頭の悪い萌え絵、コンテンツ絵が多すぎます。過大評価されすぎます。
 「お友達」たちによるエコヒイキ、身内だからという情実評価もかなり多いのでしょう。ちなみに私はそう言われるのを避けるため、キチンとその絵の美点長所にコメントで触れています。
 ウチの絵にはホント、コメント、少ないですよ。言葉に直す事によって、絵のいいところがより明確になり、それは評論子にしても絵師にしても大いにプラスになると言うのに。ちなみにエロ絵には点数はおろかユーザー登録まで付いても、ネタ絵以外にはコメントが付きません。
 だからエロにしか興味が持てない脳漿まで精液と化した絵心がカケラにも無い低能のエロ厨はダメだというんです。
 こういう馬鹿に点をもらってもユーザー登録されても私はちっともうれしくありません。なぜエロである前に絵として見れないんだろう。
 ホント、程度低いと思いますよ。やい、エロ厨!この文章読んでたら反省して少しは勉強しやがれ!・・・といっても読んでないだろうな、白痴のエロ厨は。
 文章が読める程度の国語力なんか無いだろうから。
 
 j.k 2008/08/18(Mon)00:11:26 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]