忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ・・・すみません、今時珍しくHPやFC2ブログの方から来てくれるお客さん、もう少し待ってくださいね。
 絵師としての私にはファンなど付いた試しが無く、懇意にしてくれている人でさえ褒めてくれた事が無い程、評価が低いわけですが、ちょっとは興味を持ってくれる人がチラホラとは存在するらしい。
 だからそういった、ごくごく少数の物好き奇特な人たちのためにも、何か動かなくては、という思いはあるんですが、いかんせん人前に供する事ができるものが中々描けないのですよ。見えないところでコチョコチョ動いてはいるんですけどね。
 まぁネット上の知り合いを見る限り、絵に関わっている人の悉くがCG集や同人誌を計画してたり発表してたりするので、ちょっと引け目を感じてもいるのですよ。
 何となくながら、今「変わり目」、転換期が来ているような気がします。脱皮には時間がかかります。
 もう少し待ってくださいね。

【ニコニコ動画】落語 替り目 三代目桂米朝
 (枕に登場する小米という噺家はのちの桂枝雀です^^)

拍手[0回]

PR
 昨日9月20日夕刻、群馬県荒船山で発見された身元不明の遺体が、先週金曜日より失踪中であった『クレヨンしんちゃん』作者の臼井儀人さんである事が確認された。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/090920
/dst0909202121014-n1.htm

 ご冥福をお祈りします。

 私は特に熱心なファンではなく、また、誰かの死をわざわざ嘆き悲しむ事によって(あるいは嘆き悲しんで見せて)自分の人情深さに陶酔したり(バカな連中から共感を得たり)して「楽しむ」ような「にわかファン」「似非ファン」でもない。たまにTVアニメを見ていた程度で、状況を冷静に見ている一人である。
 ましてやこの事件に乗じて何らかの旨い汁を吸おうという下衆外道では断じてない。
 わずか10分かそこらで描いたような「追悼作品」(元々臼井さんの絵は線が少なく、特に「しんちゃん」の絵は頭身も短くて初心者にも描き易い。この点が幼児にも受けた?)、または逆に死亡が確定される以前から描かれ、あらかじめ用意されていたと思われる丁寧な作品の群れが殺到して、イラストSNSはちょっとした「お祭り」状態である。
 誰かが言ってたけど、本当に悲しんでいる時、人は絵なんか描けないものだ。むしろ何もできずに文字通り身を慎むものである。
 (私の場合、手塚治虫や桂枝雀が亡くなった時、しばらくは頭がぼうっとして何も手が付かなかった。悲しみはずっと後から、じわじわと少しずつやって来た)
 「追悼作品」をしらっと描いて上げてる連中の大半は偽りの評価が目的ではないか?それらの「作品」に10点満点入れてみたり、それらしいコメント書いたりしてる連中も同じ穴のムジナ、でなければ良い人ぶりたい偽善者。ただ騒いで盛り上がりたいだけのバカもかなり多いだろう。・・・不謹慎な、しかも(自分の偽善や陶酔が見透かされているのに気付かない)頭の悪い連中が多い事だ。
 またぞろゴシップ記事の需要と供給が始まるのだろうね。人の死を何だと思っているのだろう。

 小説家やマンガ家の死因の一つに自殺がある。臼井さんもそうだとは断言できないが、もしかするとそうかも知れない。
 創作家、ことに小説家やマンガ家といった職種の人々は、知性とその背後の人格そのものを大変に消耗し、疲弊させる。古今東西、自殺に追い込まれた人は少なくないのだ。
 マンガ家の中でもギャグマンガ家は、特に仕事がハードかと思う。毎度毎度ネタを探し、それを膨らませるという作業には途轍もない量のエネルギーが必要なのだ。
 (4コママンガが必ずしもギャグ作品とは限らない。近年はストーリーマンガを描くだけの知性と画力が無いから4コママンガでお茶を濁しているだけの無能な作家も急増した。いしいひさいちって天才ではなかろうか)
 自殺しないまでも、いつの間にかギャグ作品を描かなくなったり、転職していたりする人が多い。中には小説家になった人もいる。
 ギャグマンガ家(つまりギャグマンガ専業)を10年以上も続けている作家は、よほど優秀な「ブレーン」(またはそういう人脈)がサポートしているに違いない。(久米田先生あたりはそうではないか?)
 出版社にしてみれば、作者の中では既に完結している作品を、少しでも無理やりにでも「延命」させて売り上げに貢献させ続けたいのは言うまでも無い。作者と編集部の意見がかみ合わず、読者から「辞め時を見失った作品」と評されるマンガの何と多い事か。『ドラゴンボール』シリーズ(!)、『美味しんぼ』etc・・・作者が意欲を失わない長寿作品も多いが、これとて一部の目の肥えたファンから好評とは限らない。(古くはコナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』もそうである。『名探偵コナン』はどうなんだろう?)
 ファンによると(マンガの)『クレヨンしんちゃん』も今から2年ほど前から作品の質、方向性に「どこか変な部分」が感じられたらしい。
 (「松坂先生の彼氏の死」のエピソードあたりが「境目」なのだろうか?)

 作家の心労を察し、心身の健康を回復できるだけの休養を、周囲はなぜ与える事ができなかったのか。
 「もう誰も引き止めませんよ。ゆっくりと休んでください」というセリフは何度聞いても悲しい。
 が、何度も聞かされ続けるのである。
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=0h&oq=%e8%87%aa%e6%ae%ba%e3%81%97%e3%81%9f&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GFRD_ja&q=%e8%87%aa%e6%ae%ba%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac%e5%ae%b6
 この問題については、業界の人も読者も、そしてそれ以外の全ての人も、一度真剣に考えて欲しい。

拍手[0回]

 不思議な事にほぼ同時期に二人もの「ブロとも」(FC2ブログ内の相互リンクシステム)を得た私ですが、相変わらず絵が描けません。FC2ブログの方は創作がらみのブログなのに。
 えぇまぁ、ありがちなネタ絵とかただキャラがポーズ付けてるだけのキャラ絵ならいくらでも描けますけどね。でもそればっかりじゃ曲が無い。芸が無いじゃありませんか。
 業界ではそろそろpixivに籍を置いている「プロ絵師」を警戒し始めたとか。 ラノベの表紙絵みたいな絵には飽き飽きしてたりするんですよ。何か、それ以上の何かを表現したい。でもそれが思い浮かばない。あー腹立たしい。
 ここ数ヶ月は鉄道や自動車、それも時代臭漂う古めかしくて懐かしい感じの画像ばかり収集しています。そういうのが描きたい、という欲求も(かすかに)あったりします。第3セクターや廃線スレスレの地方の路線を走る古い車輌や、オート三輪とかミゼットの画像ファイルは充実してますよ。
 でも、例のトレス騒動で描きにくくなってしまった。別に丸トレスなんかしないけど、模写でもやっぱまずいだろうなぁ。となると頭の中で別の絵として再構成する段取りが要るなぁ。そうなると色んな角度から撮られた写真がたくさん必要になってくる。あぁめんどくさい。
 ずいぶん乾舷が高いな。船倉が空っぽなのかな? (帆船とか以前から描きたいとは思ってたけど、あんなにゴチャゴチャしたものを模写以外で描くとしたら模型とか必要じゃないか?キチンと細部まで再現された帆船模型は小さくても前後上下に1メートル内外の大きさがあります。そんなでかいもの家に置けないよ。描くとしたらどう考えたって適当なでっち上げになるなぁ。ゴーイングメリー号は描きやすくていいなぁ。キャラベル・レドンダといって実際に大航海時代の初期、コロンブスの時代よりちょっと以前に発明されたタイプの船です。でも実際はもう少しリギングが複雑じゃないか?)

 かれこれ一ヶ月ばかり放置状態のカップル絵(つか、実質R-18絵。しかし私にしては珍しく「交合」していない絵)にしても、男キャラのイメージが今ひとつ湧かなくて未だに難渋しておるのですよ。
 妻子に裏切られた教師と親に愛されない女子高生、という禁断の師弟カップル、というかさびしい者同士の歳の差カップル、なんだけど、「先生」のキャラが考え付かない。
 (私が考え付くラブストーリーって大抵こういうのだ。さびしい者同士が出遭って寄り添うような。民話によくある異類婚に惹かれるのは、おそらく孤独な者同士のカップルが多いからだろう)
 テリー伊藤じゃないよ。 ジャン・レノみたいなごついオッサンか、玉鉄とかもこみちみたいなイケメンを老けさせたようなのがいいか、さてどうしたらいいか。漠然と『レオン』や『グラン・マスクの男』のイメージがあるんだが、ありきたりかなぁ・・・。ジャン・レノ、イケメンじゃないけど渋いよなぁ。
 私は少年キャラなら割と簡単に描けるんだけど(多分アダルトチルドレンなんすよ、オレ)、自分の年齢に近いオッサンキャラがどうも苦手。突き放して描く分にはともかく、自分の代理、感情移入できるアバターとしてのオッサンキャラは違和感があるんですよ。技術的というよりメンタル面での壁です。
 いい歳をして落ち着きが無いオッサンだからねオレ、精神年齢が肉体の年齢に追いついていない。
 でも描き始めちゃったからなぁ、途中でケツ割って放棄するのもヤだし。さて困った。

 近年よくアバターというのを見かけるけど、あれって「実物」に似てるんですかね?
 最近、絵師の間でお互いを萌えキャラっぽく描くのが一部で流行ってるけど、お耽美で美々しい絵を描く女性ほど実物の方は・・・。
 えれー絵を見つけました。・・・なんぼなんでも、これは酷す・・・いや、こんなもんかな? 憎まれ口ついでにもう一言言うと、過激なBL絵描く腐女子って女である事を既に諦めてるんじゃないだろうか。男に縁が無くて欲求不満ばかり溜めてるけど女としては自信が無い(モテない女ほど暗い夜道を怖がるものです)、だから自分が感情移入できるような男性キャラ、男に汚される事無い、いわば子宮が無くてチンコが付いている「女」を描いて相手役の男と絡ませてハァハァしているんだろうね。現実逃避せずに自分の「女」としての美しさを磨く努力をしてもらいたいものですな。
 (ズバリ勃起した男根を平気で描くような下衆なカス女は死んで欲しいと思います。性欲しか脳内に無く、人間関係、絆とか信頼を全てセックスに還元してしか見れないのは人として未熟すぎると思う。脳みそに虫でも湧いてるんじゃないだろうか。間違いなく腐女子には親友がいないだろうね。オレもいないけど、少なくともこの人のためならいくらでも骨を折ってやってもいい、という人物は何人かいるぞ。これは安っぽい友情でも腐女子好みのホモでもなんでもない。人間関係とはそういうものなのだ。男が二人いるだけですぐにカップリングするような頭悪くて性欲ギトギトの「万年処女」はさっさと死ね。処女膜に蜘蛛の巣張ったままで死ね。いい加減不愉快なんだよ)

 ちょっと前まで現役で日本最古の電車だったデハニ50形ですよ。このまま描くと世間がうるさいんだよなぁ。 オレ?できればR-18以外の絵を描きたいですよ。R-18絵でもだんだん以前ほど過激ではなくなってきているし。つかR-18絵はちょっと飽きてきた。そもそも「人体」描くのが好きなだけだし。
 乗り物にしろ人物にしろ、壁が中々崩せない。困ったなぁ。
 

拍手[0回]

 こちらにも時々来てくれるビーミズさんからFC2ブログ上での「相互リンク」(おそらくは「ブロとも」機能についての言及かと)についてメールがありました。
 またもうひとかた、「ろきたん」さんとも「ブロとも」になっていたんですが、こちらも全く知らなかったです、こちらから申請していたにも関わらず。今日アクセス解析をたどる事で初めて知った次第ですよ。
 FC2ってこういう時には何の通知も無いんですな。要らん事にはやたら丁寧でいじり甲斐の無い仕様の癖に(怒
 とにかく、連絡遅れまして申しわけありませんでした。スマンカッター。
 ・・・で、ここ一ヶ月以上、すっかりFC2ブログの事は忘れてましたよ。
 とりあえず早速プラグインに「ブロとも」表示機能を追加しました。「右も左も。」の画面左下にあります。
http://hillmama.blog37.fc2.com/
 お二人とも人体デッサンに真剣に取り組んでおられる作家さんであります。
ジュズイット派の分厚い信仰心。
 



 ・・・ちょっと漲ってまいりました。(ちなみに漲=「みなぎる」と読みます。愛、ミナギル!)
 

拍手[0回]

 やぁどうも。相変わらず不元気なオイラです。

 家に居る時はただただ横になっていたい、という状況がずっと続く。そういう日々が続く事があります。
 若い頃からそうなんだけど、無理して仕事をし、帰ってから栄養ドリンクとかサプリメントを試し続ける、効かなかったら違うものを試す、その繰り返しでした。
 もちろん元気な日もあり、そういう時は何も食べずに何時間も作業に没頭できたりする。
 だから自分の体質は「そういうもの」だと思って、医者にもかからなかったのですよ。
 もう何年もそんな感じ。でもホントはちゃんと医者に見てもらった方がいいのかも知れない。
 元気が無い時の具体的な「症状」として、「身体がだるい」「異常にのどが渇く」などがある。気分だって落ち込み気味。いくら寝ても疲れが取れない。調べてみたら何やらホルモン関係の異常らしい。こういう状態が何年も続いています。自律神経の病気かな?
 言うまでも無く、「基調感情」(そういう言葉が実際にあるのかは知らないけど、つまりその人間の基本的な感情、「その気分」で居る時が多い感情をここでは指す)も怒っているか塞いでいるか、ウキウキしているか開放的か、そのような時が多い。
 ハッキリ言って今も不調なんだけど、文章なら何とか書けるのである。(あまりにだるいので早々に寝て、今さっき目が覚めた。こういう事って多い)

 創作、というか自己表現の方法は色々あるけど、音楽とか絵画って「怒り」とか「塞ぎ」の気分の時は創作できない気がする。「ウツだウツだ」と大騒ぎしながら絵を描いている人、作曲している人って想像できないんですよ。大抵の場合、燃え上がるような創作意欲と泉の如く湧くインスピレーションに突き動かされて筆が進む進む!というイメージがある。
 実際にはそのような好ましい状況ばかりでは無いらしいけど。ドラマなんかでも小説家が書けない書けないと唸りながら何枚も何枚も原稿用紙をクシャクシャに丸めて、その紙くずがゴミ箱から溢れている、という描写があったりするね(最近の著述業の人はほとんどPCで「書いて」いるらしい。便利なソフトもフリーで手に入るしね)。
 あるドラマでも、脚本家が机に突っ伏して何もしていない様子を家人が「またサボってるの?」とからかうシーンがあったそうな。そう言われて脚本家は「文筆業って実際に書いている時より考え込んでいる時間の方が長いんだよ」。確かにオレもそうだな(笑
 でもいずれも文筆業・著述業の人たちって、落ち込んでても何とか「作品」をでっち上げる事ができて(失礼!)いるのではないか?
 同様の「エンジンのかけ方」「起動」って絵画や音楽でも同様に可能なんだろうか。
 私の場合、絵に関しては意欲が全く湧かない時は落描き程度のものさえ描けない。
 今こうやって書いている文章なんか、要するに、今の自分の気分とそれに付いての「考察」を書けばいいのだから、無いところから何かを捻り出す(ように私には見える)絵や作曲に比べたら楽勝である。絵ではこうは行かない。こんな力技は通用しない。
 一ヶ月と8日間、一日も絶やさずブログを毎日更新できたのも、上の理由による。絵ではこうは行かない。だから一ヶ月以上もストップしたままだ。

 正直な話、文章なんて書けなくとも別にいいんですよ。その分だけ絵が描けた方がいい。
 オレの文章なんていくら書いても誰も読まないし、実際に毎日書いたところでアクセスが特に伸びたわけでもない。伸びた部分にしろ、実際に記事を真面目に読んでくれているかも怪しいものだ。オレ、粘着アンチが多いからね(笑 だからコメントも中々付かないのか。
 近年はちゃんと文章の修行もしないで「小説家」(笑)を名乗る恥知らずな文師(文士ではない!)も激増した。携帯小説などは結構読まれており、売れているものは映画やドラマにまでなっているが、文章の上手い小学生でももっと上手く書くぞ。
 だから近年は小説家も知的でかっこいい職業とは言えなくなってしまった。稚拙で下品な文章で書かれた、いかにも頭も下半身もユルユルっぽい低能女の「のど自慢」なんか聴きたくないよ。世間なめんな。
(レイプとか暴力とか病気とか死とか。しかも実話と銘打って何で似たような話ばかりなんだろう)http://www.amazon.co.jp/%E6%81%8B%E7%A9%BA%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89%E2%80%95%E5%88%87%E3%83%8A%E3%82%A4%E6%81%8B%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E7%BE%8E%E5%98%89/dp/4883810453
 (↑真面目にレヴュー書いてる人は酷評ばかりだし、絶賛しているかと思えば縦読みだし。Amazonのレヴュー読んでゲラゲラ笑うなんて初めてですよ。「朝倉さんは俺の嫁」w)
 昔は「小説の書き方」とか「文章読本」とか「小説作法」といった本がたくさん出ており、有名な小説家が書く場合も多かった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E7%AB%A0%E8%AA%AD%E6%9C%AC
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E4%BD%9C%E6%B3%95-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0/dp/4901142674
 最近の「美少女キャラの描き方」といった類の本とおなじような扱いだった。
 (ちなみにマガジンファイブの『萌え系美少女CG制作ガイド』は買わない方がいいぞ。寄稿している作家が無名なのはともかく、本当に上手い人が一人も出てこない。またこの程度の「メイキング」ならネットを漁ればナンボでも「無料」で手に入る。作家に出す原稿料なんてたかが知れているのに何で詰まらんところで金ケチって低級な本なんか発行するんだろ。1600円返せ)
 あぁ、絵が描きたい。絵で評価されたい。文章でも評価されてるとは言えないけど。
 
 絵ならば携帯小説すら読めない外国人、または日本人(壊滅的な国語力の持ち主が多いな最近は)でも(ある程度は)「評価」(笑)できるでしょ(笑
 ・・・まぁこちらにしても、現状は酷いものだが。
 (pixivでは相変わらずトレスや無断転載が横行しているらしい。あれだけ大騒ぎになったのに。豚さんはまだ「お外」に出てきません。経営難なのによく新車なんか買えたね社長さん?。ただでさえ少ない従業員の大部分がやっぱバイトや派遣なんだね。それにしたってもう少し時期を考えろや、お前バカだろ片桐。お前の新車のために金出してるのかよプレミアム会員は。泣き落としで得た金で新車買うなよ。いつまで経っても重いじゃねーかサーバ代ケチってんじゃねーよ)

 古今東西、重い病気や障がいを抱えながらも懸命に創作に打ち込んだ人も多い。
 ベートーヴェンが聴覚を失ったままで『第九』を書いたのは有名な話だ。夏目漱石は重い胃病に悩まされながら『我輩は猫である』を書いた。
 こういう文章を見つけた↓
http://urumadelvi.com/jp/blog/2009/09/post_6536.php
 白状すると「おしりかじり虫」というキャラがあまり好きになれないんだが、作家さんの事はちょっと尊敬したぞ。
 (これはNHKも悪い。なんか「展開」の仕方がわざとらしいのだ。別に大人気キャラでも無いし。さすがは「ヤラセ」で「民放さん」より先に有名になっただけはあるなw。ちなみにNHKは他局の事を「民放さん」と呼ぶらしい。やっぱ国営放送じゃねーか) 
 でも神様、できる事ならば、創作意欲だけはフンダンにください。身体がだるくて仕方が無いのは我慢するとして。
 ただでさえお金にも人気にも縁が無いんだから、創作意欲くらいは気前良くよこしやがれ!
 オレ、ヤル気満々で絵を描いた事がここ数年全然無いぞ。だから絵にも力がこもってないのだ。
 創作意欲さえもっとあれば、ずいぶんマシな絵も描けると思うんだが。・・・少し寝るか。

拍手[0回]

最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]