忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最近、中々疲れが取れない私です。どうも、根源的・本質的な部分が金属疲労を起こしているらしい。
 『海馬 脳は疲れない』の著者である池谷さんによれば、「懐かしいもの」には脳を活性化する効果があるらしい。「懐かしい」という感情そのものが好ましいものであり、これがマイナスの印象が強い記憶だと「懐かしい」なんて言わないわけです。
 今の自分より若い頃、疲れ果てた今の自分よりはるかに活力に満ち溢れていた頃の自分にまつわる記憶だから、ことに精神の活性化に役立つそうな。今20代くらいの若い人だって、子どもの頃の「懐かしい」記憶をたどる時、どことなくスッキリした気分・元気が湧き出てくるような明るく朗らかな気持ちになりませんか?
 ここ数日、自分がそれを聴いて育ったというような時代の音楽を漁る事が多いんですけど(疲れてるんだな、やっぱ)、こういう曲を見つけました。

 ドナルド・フェイゲンの『Century's End』。オサレでかっこいいでしょ。
 よく知らないんだけど、 『再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ』という映画のサントラに収録されたものらしい。ちなみに『24』のキーファー・サザーランドが友人役で共演しています。
http://blog.livedoor.jp/stainbeck/archives/51145591.html
(365日映画)
 主演がマイケル・J・フォックス、と聞いてちょっとヘナヘナしてしまう私ですが、サントラに参加しているミュージシャンの面々を見る限り、これは80~90年代くらいに流行った(んじゃないかな?)PV寄せ集め風のロック・ミュージカル調「音楽映画」の一つだったんではないかな?(DVD出てません。つまり、映画自体はそういう評価をされている)
 原作小説は高橋源一郎の訳で出ていたそうだが、こちらの方はそこそこ好評みたい。

 「きみはそんな男ではない
 夜明けのこんな時間に、こんな場所にいるような男ではない
 しかし、今きみのいるのは、間違いなくこんな場所なのだ 」

 作家としてデビューもしていなかったジェイ・マキナニー。
 原稿の一枚も書かず、夜遊をし、ある朝疲れ果てて部屋に戻り、
 自分の生活に嫌気が差してタイプ・ライターに打ち込んだのがこの言葉。
 そして、短編「午前六時、いま君のいる場所」が生まれ、
 そこから発展して「ブライト・ライツ」が完成した。
(上記リンク先のブログ記事より抜粋)

 今の自分、この惨めな境遇から抜け出したい。新しい自分へと脱皮したい。
 そう強く願うからこそ、人は夢を持ち理想に向かって突き進むのですが、出応えの無い、報われない日々が続くと、膿み疲れ、道に迷う事もあります。
 「オレが向かっている方向は、これで正しいんだろうか?」。
 いくら叫んでも、救いを求めても、誰も助けてはくれない。または救いの手が届かない。そういう事は少なくありません。(私の事を気にかけてくれる人もごくごく稀に居ないわけではありません。また私をベタボメしてくれる人もたまに居ます。ですが、それを全部素直に受け取れるほど純粋な心は、もう持ち合わせていません・・・)
 恃みにできるのは自分一人。ならば自分自身に真剣に向き合い、自分自身の心の声に耳を傾けるべきなのでしょう。
 
 「きみはそんな男ではない
 夜明けのこんな時間に、こんな場所にいるような男ではない
 しかし、今きみのいるのは、間違いなくこんな場所なのだ 」

 

拍手[3回]

PR

 ROM専は「口ばかり達者で何もしない」とか言われそうで肩身が狭いし、仲良くしてくれる人たちにも申しわけないのでとりあえず絵を投稿しました。
(「…脱ROMされるんですかッ!? その方が絶対楽しいですよー」と手を差し伸べてくれた「いっとうさい」さん、またすぐにコメントくれた「たせり」さん、そのほか大勢の皆さん、ありがとうございます!)

 ・・・まぁ、ちょっと手間のかかった絵を描き上げた後はしばらくウツが入るんですけどね私。
(初めて描くリアルな飛行機=現実に存在する航空機、リアルな小道具=ハルシオンMk8はずいぶん手間取りました。模写でもトレスでもねぇし。真剣にゴーグルの実物買うか悩みました)
http://hillmama.blog37.fc2.com/blog-entry-62.html
 ↓こちらは3DCG作家で超一流のヒコーキ描きである「たせり」さんによるウチの雷電たん。(実は「たせり」さんの雷電もかなり参考にさせてもらいました) 実に見事なリファインであります。

 その道のエキスパートによるイメレスはその好意がすごく嬉しくて、ちょっと舞い上がるんだけど、派生作品の方がオリジナル、元ネタよりずっと評価高いと微妙に凹みます(涙
 上の絵のコメントでこの塗装をほめてる人も居るけど「フォォ……それは私のデザインだ」。(ここ、変態仮面風に)
必ずと言っていいほど、お箸でつままれそうになります。その直後にこのセリフ
 でもまぁ、すごくうれしいんですけどね(めんどくさい性格してるなぁ、我ながら・・・)。ありがとうございます。
(「アタシのオリジナルキャラを描いてください!」という不思議なリクをする人の気持ちがちょっと理解できました)
http://www.pixiv.net/member.php?id=962441
 
 まぁ・・・正直言うと、300点、せめて200は行くかと思ったんだけど、ちょっと届きませんでした。ブクマも8くらいは欲しかったなぁ(これって控えめな要求値ですよね?)。
 積極的な営業活動をやらないとこんなもんかも知れないけど。被お気に入り7(投稿後2コ増えて9)・マイピク1ならこれでも満足するべきか。ドゥドゥ。
(ROM専だった私をお気にした人は脱ROMを見越してたのか、それともただの好意からか?筋肉と骨格の大家・「キタジマ」さんと相互お気にになってたのにはマジで驚いた)
 ・・・毎度の事ですけどね、描き上げた後のウツは。


 『けいおん!!』第三話見ました。やっぱ女の子はカメが大好きなんですな(ヲイ・・・じゃねくてモチベーション、意欲についてのお話でしたよ。
 創作行為、自己表現についての悩みは、いつも元気なデコ・田井中律さんにもあるようです。
ドラムやだっ!と泣き出す律っちゃん。ちょっと萌えた






 劇中彼女が悩むように、実際、ドラマーってヴィジュアル的には目立たないんですよ。音は一番目立つけど。
 モトリー・クルーだったっけ?ドラムセットが360度全周回転(しかも垂直方向に)したのは?目立つための努力に勤しむ人も結構居たりしますね。でもドラマー志望の人って意外に多かったりします。人気あるんですよドラムって。
 でも日本はその貧しい住宅事情から、ドラマーが中々育たないんですよ。練習できる場所が少ない。
 最近は消音ドラムセットや個人用防音設備(家の中に小屋があるようなもの)が充実してる場合も多く、ドラマーも増えてるとは思うけど、でも依然として引く手あまたなんじゃないだろうか?ギターやベースやキーボードに比べて数が少なすぎるのだ。(ドラム叩いてるわけでもないのに律っちゃんも「おねいちゃんうるさい!」と文句言われてたね)
 またバンド内での重要度も最も高く、ドラマーが変わるだけでバンドの音もガラリと変わるほどである。
 ・・・最悪の場合、演奏が振るわなくなってバンド解散に至るケースもあるのだ。
 律っちゃんの尊敬するドラマーであるキース・ムーンが若くして死んでしまったから、ザ・フーの寿命も著しく短いものになってしまったんですよ。(今も存在するけど全盛期とは別物と見た方がいい) ギターのピート・タウンゼントとかヴォーカルのロジャー・ダルトリーとか、他のメンバーもそれなりにすごい人だったんだけどね。
 で、他の楽器と取替えっこしたりして気分転換を図る話なんだけど、キーボードに触らせてもらって音で会話をしてみせたのはさすがですな。ドラムは打楽器だからメロディとは無関係と考えられがちだけど、微妙にある音の高低を利用してメロディアスなソロを試みるドラマーも少なくないんですよ。
 ジャズ・ドラマーのマックス・ローチとかエルヴィン・ジョーンズなんかが有名かな、そのあたりの人が始めたかと思う(間違ってたらスマソ)。ドラマーにもアドリブソロ(ジャズで言うソロは100%アドリブである)を与えられるジャズならではの発展かも知れないですが、律っちゃんセンスあるなぁ。
 何だかんだ言いつつ、大好きなミュージシャンのDVD見て初心に戻れた律っちゃんですが、これってすごく大事かと思います。あこがれた先達たちとの出会いは決して忘れてはならないんですよ。オレもがんばろう。

 で、『けいおん!!』を『けいおん!』(感嘆符の数が違う)から見てて思うんだけど、セリフに登場するミュージシャンが古い人ばっかりなんですよ。これってHTTのメンバーのご両親と同年代かさらに年配の人たちが主なファンだったんじゃないの?っていうミュージシャンばっか。コージー・パウエルとかキース・ムーンもそう。
 唯が入部する件で出てきたギタリストの名前もジミ・ヘンとかジェフ・ベックとかジミー・ペイジとか。(ジャンゴ・ラインハルトジョー・パスジム・ホールも入れてください。とまでは言いませんが。せめてジョン・マクラフリンジョン・スコフィールドはryって全部ジャズの人ですがねw)
 『けいおん!!』はファンの平均年齢が結構高いみたいですが、意識的におっさんホイホイなのは若年層のアニメ離れが深刻化してるためですかそうですか。
 ジャンルに関しても微妙に多方面に触手を伸ばしてるっぽい。(メンバーの名前がP-MODELから取られてるのは有名ですよね)http://ascii.jp/elem/000/000/482/482115/
「私は平沢進だぞ。平沢唯じゃない」こういうマニアックな遊びが多いアニメである。ただの萌えヲタ御用達の萌えアニメではないからヒットしたんだと思う




↓これなんかロックどころかジャズっぽい。別にジミー・スミスというわけじゃないが・・・
ムギちゃんはオルガンも弾けるんですね。意外に思われるだろうけどオルガンはかなり早くからロックで使われていたんですよ。ドアーズとかヴァニラ・ファッジとか



 ムギちゃんの帽子、これってデヴィッド・マシューズじゃね?と思ったあなた、あなたも古いですなぁ(笑
 マンジャズのあの人ですね。MJQ言うな。節子それマンジャズやない、モダン・ジャズ・カルテットや。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%88
 ↓こういうヴィジュアルの人。
日本語上手いってホントですか。まぁ日本で人気ある、というか日本側で企画されたバンドだけどねマンジャズは。アート・リンゼイなんかも結構東京の下町を普通にうろついてるらしいぞ 






 ・・・写真が見つからなかったんだけど、昔はもっとそれっぽくて派手な「船長さん帽子」を被ってました。マドロスさんかと思ったよ(笑
 

拍手[0回]

 IKZO、探してみたらやっぱありましたよft.レディー・ガガ(笑 
 Ladyがっ☆がっ☆

 ガガたんかわえーなぁ。あとはガガたんの方のft.IKZOを待つばかりだね!
 ↓ft.マソソソマソソソ


 IKZOのすごいところは、レゲエミュージシャンばりの貪欲悪食ぶりなのにどんな楽曲でも違和感を感じさせない、そのずば抜けた親和力だろうか。(注.実在する吉幾三氏とは全く関係ありません)
 IKZOが絡まない状態、素の単体の場合だと人によっては見向きもしないだろう楽曲・ミュージシャンでも、この人を介して人気に火がつく場合もある(と、思う)。さすがは津軽のエミネムである。
 ↓デトロイトのIKZO。

 ↓ミュージシャンじゃないけど、IKZOのおかげで私はこのゲームを知りました。

 ミラーに注目!(プッ 危うく買いそうになりましたよ(笑
 名前ぐらいは知ってたけど、どんな曲かは全然知らなかったデヴィッド・ボウイの『ジギー・スターダスト』、IKZOのおかげで巡り会いました(笑 珍しく『俺はぜったい!プレスリー』を歌っています。

 ↓本家。(比較的最近のものですな)


 何にでもよく合うIKZOとは違い、大抵のミュージシャンは他のミュージシャンの楽曲のカヴァーをする場合、まず自分に合うものを選び、またアレンジを施す。
 ↓こんな感じ。


 当然、逆の状況もあるわけで、スタジオ・ミュージシャンなんかはどんな曲でも演奏できないと商売にならない。個性を抑える(個性が喜ばれる場合もあるが)一方で卓越した柔軟性と高度な演奏技術が要求される職人に徹するわけですな。
 最近はアニメやゲームのOP曲・ED曲やサントラ収録曲を聴く事も多いんだけど(アリプロなんかもそういう仕事が多いね)、これらも古くは職人として抜群の腕前を持つ人たちが手がけてきた。
 すぎやまこういちさんや植松伸夫さんは言うに及ばず、映画音楽などもこれに類するものかと思う。

 割と好きなんすよ、モリコーネ。
(関係無いけど『メタルマックス』『メタルサーガ』シリーズの世界観は『マッドマックス』『北斗の拳』とマカロニウェスタン映画のごちゃ混ぜかと思う。ガルシアとかゴメスとかロドリゲスとかバルデスとかやたらマカロニウェスタンな名前が出てくる。シャーリィなんてキャラはいかにもガンスリンガーっぽいテンガロンハット被ってるしね)

 ↑このシリーズの音楽を手がけてる門倉聡さんは幅広い範囲の仕事をする人で、色んな歌手にも楽曲を提供していて、それがオリコンの上位ランクにも入る実力派。オレがRPG作るとしたら是非ともお願いしたい作曲家さんです。疲れきった漂泊者の渇いた心に沁み込むような『ながれもののうた』は名曲だと思う。


 BGMとして役割を期待される映画音楽やゲーム音楽には、作曲家の柔軟性が第一に要求されるわけで、その条件をクリアーしつつ、なおかつその個性が評価されるのって、これはすごい事じゃないだろうか。
 同じくこの事はゲームの主題歌を歌う歌手(及び作詞作曲・アレンジ、プロデュース)にも言えるわけだが、近年は裏方的立場ではなくてミュージシャンそのものが売り物である普通のバンド、それもデヴュー間も無い人たちが起用されるケースが増えた。
 それはそれでいいんだけど、そのバンドが優れたミュージシャンなら問題無いどころか、むしろ望ましい傾向なんだけど、裏方として埋もれたまんまの人の事も想い出して欲しいと思うんですよ私は。

 
 歌っているMELLという人は低い声でしっとりと歌っているかと思えば、アンコ(曲中の独白部分)ではあどけなさの残る少女の声である。
 曲を書いた人↓

 でもこういう曲↓がMELLさんの本分かな。
 
 ↓鬱な電波系の曲ですが個人的にこの人の声は好みです。またまたアイマス(笑
 
 でもこういう明るくポップ(笑)な曲↓も歌ってたりして。
 
 どこぞのピチカート・ファイブですか。めまいを覚えるほどの渋谷系ですね(笑
 ここ数日の個人的パワープレイはこちら↓
 
 エロゲばっかりやん(笑 でも良作が多いんですよ。
 別にアダルトゲームを見下すつもりは無いです。完成度が高くて文学的とさえ言えるほどの名作も多いからね。ただアダルトゲームの主題歌って、市場としてはやや狭い観は否めない。
 せっかくの優れた才能はもっと高く評価されて、どんどん日の目を見て欲しいと思うんですよ。
 色んなタイプの楽曲を歌ううちに、基礎的技術が鍛えられて、かなりこなれた歌唱力を身に付けてるわけだからね。技術的にはまず間違いの無い人が多いのですよ。広告にたっぷりお金をかけてもらえる見掛け倒しのチャラい連中に爪の垢を煎じて飲ませたいくらいですよ。
(こういう点は創作という創作全てに言える事だと思う。「美少女」(笑)ばかり描いてても、それは絵の技術ではなくて「美少女」(笑)を描く技術が上達するだけだ。しかもそういう絵描きは肝心の「美少女」(笑)さえまともに描けてない場合がほとんどなのだ)

 ちなみにここで挙げたアダルトゲームの本体、私は全て未プレイです(ははは

拍手[0回]

最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]