忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最近、中々疲れが取れない私です。どうも、根源的・本質的な部分が金属疲労を起こしているらしい。
 『海馬 脳は疲れない』の著者である池谷さんによれば、「懐かしいもの」には脳を活性化する効果があるらしい。「懐かしい」という感情そのものが好ましいものであり、これがマイナスの印象が強い記憶だと「懐かしい」なんて言わないわけです。
 今の自分より若い頃、疲れ果てた今の自分よりはるかに活力に満ち溢れていた頃の自分にまつわる記憶だから、ことに精神の活性化に役立つそうな。今20代くらいの若い人だって、子どもの頃の「懐かしい」記憶をたどる時、どことなくスッキリした気分・元気が湧き出てくるような明るく朗らかな気持ちになりませんか?
 ここ数日、自分がそれを聴いて育ったというような時代の音楽を漁る事が多いんですけど(疲れてるんだな、やっぱ)、こういう曲を見つけました。

 ドナルド・フェイゲンの『Century's End』。オサレでかっこいいでしょ。
 よく知らないんだけど、 『再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ』という映画のサントラに収録されたものらしい。ちなみに『24』のキーファー・サザーランドが友人役で共演しています。
http://blog.livedoor.jp/stainbeck/archives/51145591.html
(365日映画)
 主演がマイケル・J・フォックス、と聞いてちょっとヘナヘナしてしまう私ですが、サントラに参加しているミュージシャンの面々を見る限り、これは80~90年代くらいに流行った(んじゃないかな?)PV寄せ集め風のロック・ミュージカル調「音楽映画」の一つだったんではないかな?(DVD出てません。つまり、映画自体はそういう評価をされている)
 原作小説は高橋源一郎の訳で出ていたそうだが、こちらの方はそこそこ好評みたい。

 「きみはそんな男ではない
 夜明けのこんな時間に、こんな場所にいるような男ではない
 しかし、今きみのいるのは、間違いなくこんな場所なのだ 」

 作家としてデビューもしていなかったジェイ・マキナニー。
 原稿の一枚も書かず、夜遊をし、ある朝疲れ果てて部屋に戻り、
 自分の生活に嫌気が差してタイプ・ライターに打ち込んだのがこの言葉。
 そして、短編「午前六時、いま君のいる場所」が生まれ、
 そこから発展して「ブライト・ライツ」が完成した。
(上記リンク先のブログ記事より抜粋)

 今の自分、この惨めな境遇から抜け出したい。新しい自分へと脱皮したい。
 そう強く願うからこそ、人は夢を持ち理想に向かって突き進むのですが、出応えの無い、報われない日々が続くと、膿み疲れ、道に迷う事もあります。
 「オレが向かっている方向は、これで正しいんだろうか?」。
 いくら叫んでも、救いを求めても、誰も助けてはくれない。または救いの手が届かない。そういう事は少なくありません。(私の事を気にかけてくれる人もごくごく稀に居ないわけではありません。また私をベタボメしてくれる人もたまに居ます。ですが、それを全部素直に受け取れるほど純粋な心は、もう持ち合わせていません・・・)
 恃みにできるのは自分一人。ならば自分自身に真剣に向き合い、自分自身の心の声に耳を傾けるべきなのでしょう。
 
 「きみはそんな男ではない
 夜明けのこんな時間に、こんな場所にいるような男ではない
 しかし、今きみのいるのは、間違いなくこんな場所なのだ 」

 

拍手[3回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]