忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 電気石より電気ネズミの方が好きだったのかも。ピカチュウ。 昔、受け取ってもらえなかったプレゼントの指輪です。
 別に指にはめても姿が見えなくなったり寿命がすごく延びたりとかしません。
 トルマリン。別名「電気石」。一時期世間を賑わしていたアレの高級ヴァージョンである(といっても4万円程度だが)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3
 とりあえず、恋人としては「一通りの事」は済ましていたんだけど。

 なぜか女性的な事柄を好まない女でした。
 だから、「マイナスイオンが出ててOA機器で仕事する人には打ってつけ。一石二鳥だね!」という「理由」まで付けて渡したのに。
 (現在ではマイナスイオン云々は「疑似科学」として退けられている。そもそも家電から放出される電磁波はごくごく微弱なものだ。・・・にしても、おかしなプレゼントの渡し方だよなぁ) 
 ・・・ひょっとして、あの段階で見限られていたのか、オレ?だったらこういうのは受け取れないよねぇ。

 世間には、内助の功とまでは言わなくとも、恋人の支えによってがんばり続け、地位や栄誉を勝ち取る者もいる。
 人間、自分一人のために出せる力などはたかが知れている。
 あの時、一人でも傍らで支えてくれる人がいてくれたら、と今更過去を振り返っても詮方無いんだが。
 こんなゲンの悪い指輪、誰も欲しがらないだろうねぇ。
 
 滅びの亀裂にでも、放り込むか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BB%85%E3%81%B3%E3%81%AE%E5%B1%B1

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
そんな可哀そうな…
こんにちは、j・kさん。

 滅びの谷に放り落とすなんて…そんな、可哀そうな。

 直ぐに物に「魂」を想定して考えてしまうのは私の悪い癖ですが、愛情を込めて購入したのであれば、もう少し…良い方向に捉えて考えてください。

 たとえば、新しい恋人が出来た時に、「理由」を語った上で渡すとか…。

 ほとんどの女性は「今現在愛した男性の元・彼女の優しい面影」を、言葉にせよ、そういう物にせよ、どこか「今の自分」が受け入れる事を嫌がりますが、中には逆に「投影」を喜んで受け入れる女性も居るでしょうし…。

 指輪のサイズの問題は……もし、相手の女性の指に入らなければ、工夫してチェーンを付けたり、皮紐を付けて「ペンダント」にすれば良いだけですし…。
 
 ……御免なさい、何だか、段々と何が言いたいのか纏まりが付かなくなりました。

 でも、取っておいたら「受け入れてくれる女性」はきっと居ます。唯、その人が、今は、「遠い場所」に居るだけですよ。
OWL 2008/06/30(Mon)14:28:28 編集
 石には人の想いが宿る、とも聞きました。
 山本五十六が出張か何かのお土産に、家政婦(戦前の日本では家事が大変だったためか、今より家政婦が珍しくなかった)の十代の女の子に、年齢には不釣合いな、高価で立派な指輪だかブローチだかをプレゼントしたそうです。
 奥さんが「この子にはまだ早すぎます」と言いましたが、「だからこそあげたんだよ」と応じたそうです。 
 贈ったのは宝石ではなく、「大人の女としての心構え」だったのです。
 部下思いの人らしいエピソードですね。

 一番かわいそうなのは、突っ返された私ですが(笑
 私は、普段から色気の無いカッコばかりしていたからこそ、本人にはちょっと似合わないような、愛らしいピンクの宝石を贈ったんです。
 (色白で鼻筋が通ってて怒ったような目をしていました。黙っていると近寄りがたい外見なんですよ。キョロちゃんとピカチュウが大好きなくせに)
 まぁ・・・こういうのを身に付けたら、服装から考えなければならなくなりますが、私としてはタンスの奥にしまい込んで、時々取り出しては眺めてくれるだけでよかったんです。
 そういう物を持っているだけで、気分が変わるものですから。
 普段からチャラチャラした感じの女の子になら、こういう物ではなく、万年筆とか広辞苑とか電子辞書を贈ったでしょう(笑
 このトルマリンを受け取るべき女性は、見た目が少し少年っぽくても、ホントはたおやかで優しい気持ちを心の奥に秘めている女の子だと思います。
 大事なのは「物」ではなく、「心」です。
 受け取る人は、「お古」(でもないけど)を受け取るのではなく、贈る者の「心」を受け取って欲しいですね。
 
 j.k 2008/07/01(Tue)01:54:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]