忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 サルガッソ海という海域をご存知だろうか。
 ホンダワラと呼ばれる海藻が流れの弱い海域に長い間集まって出来た、おかゆのような半個体の海である。
http://www.ne.jp/asahi/marine/algae/Shorneri.html
 しかもこの海、風も弱い無風帯である。スクリュープロペラで推進する動力船が実用化されるまでは、蒸気船といえども粘つく海藻に外輪が囚われて行動不能になる、海の難所であった。
 風と海流に任せて進む帆船時代では、二度と出られない魔の海域と、熟練の船乗りたちにも恐れられた。
  付け加えると、やはり魔の海域と呼ばれるバミューダ・トライアングルとも地理的に重なる位置である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB
hironokaigannkouenn.jpg (←静岡県にある広野海岸公園の「難破船」。少し変だが日本人が作ったにしては良く出来てる。遊具だし。静岡はいいところだね)

 なんかここ数年、自分は「人生のサルガッソ海」に囚われてしまっているように思われるのですよ。
 自分なりに脱出するための努力を続けてはいるのだが、中々それが功を奏さない。
 しかもこのサルガッソ海、ホンダワラが固くなりすぎた部分がところどころあり、その島みたいな部分には動植物まで棲みつき、とりあえずは食うに困らない。気候も温暖で過ごしやすい。
 自分の船で抜け出せない、という以外は普通に生活できてしまう、ある意味なお始末が悪い魔の海域である。
 救難信号も発信しているのだが(帆船時代に通信機は無い、とか言うな)、なんか無視されている。
 (昔の帆船は動力船より運動性能が格段に低く、風向きに反して間切っていくのは一苦労だった。このため、風下の船は風上の島の漂流者が立てた狼煙や旗などは無視してしまう事も多かったそうな。人の生命も安かったんだねぇ・・・ちなみにSOSというのは、SaveOurShipの略だという説がある)

 ・・・誰か、コメントください。無反応が一番辛い。
 ロビンソン・クルーソーにだってフライデーという写真雑誌みたいな名前の現地調達の友人がいたのですよ。
 zetubou_terada.jpg
 
 
 ポストモダン、価値観の多様化した時代、絶望さえ相対化され茶化される時代ではあるが、それをネタに出来るほど私は器用ではありません。

 (↑描いた人の名前を見て驚いた。ま、元々グラフィックデザイナーだから弟子の畑先生にEDカード頼むより簡単か。後ろの妹さんがいかにもな寺田風退廃風味で笑えるw戦前デカダンテイストというより「デッドエンドカード」?我ながらうまい事を言う・・・)



 (ぁ、本体の絵サイト、「通常版」を作ってみましたw芸の幅を拡げてみました。バナーから入れます。気が向いたらドゾー)
 

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]