忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 多分、事情をご存知の人は多かろうと思う。
 正直、人間関係、ずばり女性関係で少々くたびれてます。
 
 少し前、ほんの数日前までは、恋人・・・だったんじゃないだろうか、そういう女性と今、「戦争状態」です。
 普段から毒を吐き続けるオレには、こういう時に味方がいないのです。
 まぁ・・・少し漏らす程度にしか、触れなかったけど。

 事の発端は・・・つまらない事といえばつまらない事なんですが。
 初めて「デート」した日の後のメールで、先方がオレの外見を「実年齢より老けて見える」と書いたから。
 詳しく言うと何かと障りがあるので公表しないが、オレは結構「いい歳」です。
 だからそれに触れられるとすごくツライ。
 色々あって、世間一般の同年輩の男より、獲得したものが極端に少ないのですよ。(自分から望んでそうなったわけではない。・・・人生にはどうしようもない不可抗力が働く事があるのです)
 何年も遠距離恋愛で交際していた女性とは別れ、歳相応の経済力も地位も財産も無く、何らかの才能が高く評価されている、という事も無い。社会的には、ずいぶんしょぼい男と見なされています。
 (オレがなぜ、自分についての評価を人一倍気にするか。つまりそういう事です)
 だから今、色々と試みては、手に入れ損なった物どもを急いで獲得すべく、がんばっているつもりです。
 でも、もう一生手に入らないものもたくさんあるんじゃないか、永久に自分のものにならないものもたくさんあるんじゃないか、そうも考えるのですよ。
 もう自分の家族を持つ事も無いだろう。結婚どころか、恋愛すら無縁で一生を終わるだろう・・・そう考えて生きてきました。
 そうして日を送る毎日、自分を想ってくれる女性とめぐり合いました。・・・ネットでだけど。
 だが実際に会ってみて、彼女にとっては、やはりオレは外見の醜い男のようです。
 自分の罪でもない事で、引け目負い目を感じて交際するのはとてもツライ事です。
 
 女性の容姿についてとやかく言うのはガキのする事ですが、あえて彼女のそれについて少し触れると・・・白状すれば、オレにしてもちょっと期待はずれでありました。
 彼女は決して醜い女性ではありませんが、オレは庶民的で可愛らしい顔立ちのジェシカ・アルバ(本人の母親談)よりは、良くも悪くも「やんごとない」顔立ちをしたキーラ・ナイトレイが好みです。
 でもね、自分を想ってくれる女性が現れたのですよ。だから一生懸命、愛そうと思いました。
 また実際、オレは「想う恋」はしたけれど、「想われる恋」はあまり経験が無いのです。(冷たい月のような女性とばかり付き合っていたのですね。美しいが、最後までオレを想い続けてくれる事はありませんでした)
 だからすごく嬉しかった。もう誰も自分を愛してくれないだろうと思っていたから。
 だが、彼女にしてみれば、いざ会ってみれば「くたびれたオッサン」、たちまち「慕う恋」は「憐れむ恋」になってしまったようです。
 愛されるのは嬉しいが、憐れみをかけられ見下されるのはゴメンです。愛する女性にしょぼい男とは思われたくないです。
 条件付きの恋愛なんて、したくありません。

 えぇ、傷つきましたよ、結構深く(笑
 だから相手を詰った、追求した、当り散らした。もう二度とこんな思いをしたくないから。
 でもどんなに謝られても、この事実は消えません。
 この事は彼女には理解できなかったようです。だからオレがただ単に自分を苛めているように思えたのでしょう。
 ・・・「お友達でいましょう」。そう言われましたよ。
 彼女の、言葉への無神経さが、酷く気になりました。もっと言葉に繊細ならば、数々の思慮分別に欠けた言動は無かったろうに。そう思うと、無性に彼女の低い国語力が憎たらしく思えました(笑
 それ以前にも、実際に会ってからも、少しずつ指摘はしていたのですが、それでも彼女のメールにはまだ誤字脱字・誤表記が見られました。だからそれを指摘したんです。
 それをまた彼女は「罵倒している」と取った。バカにしていると取った。文面をよく読めばわかりますが、調子はキツイながらも、それなりに励ましの言葉なども添えてあったはずなのに。
 いずれにしても、納得がいかないのは「恋人」から「友達」への「降格」です。・・・オレが何をした。
 やはりおそらく、心の底では、オレを自分には相応しくない相手だと思っていたのでしょうね。
 そもそも彼女は、とても大事な言葉を、始めから最後まで間違えて書いていた。「コミニケーション」。
 オレは初めて見ましたよ、「コミュニケーション」を「コミニケーション」と誤表記した文章を。

 彼女を本心からバカだとか低能だとか、そう思った事は一度もありません。見下した事は一度もありません。
 そう思った相手なら、早々に付き合いをやめていたでしょう。(私はバカには非常に冷淡な態度を取ります)
 彼女は彼女なりに聡明だ。そう思います。ただ言葉には鈍感すぎる。それだけです。
 彼女は気にしているようですが、一度だってお互いの学歴に話題が及んだでしょうか。(オレはあまり頭の良くない有名大学出身者を何人も知っているのですよ)
 ただ、愛してくれさえすれば、それで良かったのに。



 なんかね、ちょっとくたびれましたよ。
 こういう事になるなら、始めから一人の方が気楽だった。
 子どものような、単純で、愛らしい恋がしたいものです。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
「恋人」「友達」って一軍二軍とはまた別の気が
 色々と思う所はあるでしょうが、とりあえず心を落ち着かせて今は休んでくださいまし。

 時に、「冷め切った恋人」よりも「温度のある友人」という方が、人間的・心理的に距離が近い場合もあると思うのです。個人的な経験としては。どちらの肩を持つではなく単純にそんな感じの事もあったので何となく。

 この辺りで失礼します。
クルック URL 2008/09/17(Wed)06:17:40 編集
 2軍は2軍ですよ。
 どうもありがとうございます。
 ただですね、「人間としては尊敬しています」と言われても、「男としての評価」が下がった分がそのまま「人間としての評価」に上乗せされるわけでなく、全体としては評価が目減りしているには違いありません。
 こちらとしては、「友達扱い」は2軍落ち以外の何物でもない、と認識しているのに、一向に撤回せず改めないのは、やはり先方も同じ認識であり、こちらにそう主張したいに違いありません。
 もしそうでないならば、さっさと前言を撤回し言葉を改め、キチンと謝罪してもらいたいですね。
 そうでなければ、私はFA宣言して大リーグにでも拾ってもらうより他ありませんよ(笑

 別れたいのなら、ハッキリと「別れたい」と言えばいいのに・・・。
 j.k URL 2008/09/17(Wed)18:14:53 編集
気持ち・・・
こんばんは、初めてコメントさせていただきます。
なんかこの感じ分るような気がします。
自分が二十歳ぐらいの時、看護婦をしていた女性に「私背の高い人がいいの・・・」
外見だけで終わりになりました。
他にも多々・・・
色々な恋愛の形が有ります。
今の自分には人間関係を含めてよく分らなくなっていますが・・・
j.kさんの記事を読んで22歳の時12歳年上の女性を好きになってしまった事を思い出しました。


コーヒーカップ URL 2008/09/17(Wed)22:53:19 編集
 わかりやすさは大事とは思いますが・・・。
 こちらでは初めまして、コーヒーカップさん。
 思えば私は、整った外見をしている割には面食いではない女性とばかり縁があったのでしょう。
 (地味でどうでもいいようなラフなカッコをし化粧ッ気も無いけど美人、という女はいるものです)
 私自身は(今現在でも)結構面食いです(絵や写真が好きな男って、面食いが多くないですか?)。
 がしかし、この度はその外見が全く好みではない女性を好きになりました(私は一見冷たい感じの端正な顔立ちの女性が好みです)。
 ブサイクではありませんが、どちらかというと愛らしい顔立ちの人です。
 私にとって大きな変化です。外側ではなく内面から好きになったのですから(まぁ慣れ初めがネットですから)。
 が、相手にとってはそうではなかったみたいです。
 また、私の言動や行動の真意が汲み取れない(というかそんなにわかりにくい事はしてないつもりですが・・・)で悪く解釈する、という点でも彼女は面食いなのでしょう。
 私はどうも「お父さん」ポジションに立たされる事が多いのですが(恋愛という状況下ではあまりいい気はしません。「男」になっちゃダメなわけですから)、もし仮に「お父さん」だとしても、いつもニコニコ顔ばかりしていないのが親というものです。
 子に間違いがあればそれを糾すのが親であり、またこれは親子に限らず、兄弟友人恋人の間でもそうあるべきなんです。それが絆というものですよ。
 「聞くは一時の恥、聞かぬは末代までの恥」と言います。聞いてこないのにこちらから教えてやっているのに、それを罵倒と取るとは、逆恨みも甚だしいですよ。
 そこで間違いに気づかなければ、さらに後々まで間違いを続けて恥をかき続けるのに。
 また、何のために他人の目が無い個人間のメールで間違いを指摘しているのか、まるでわかっていない。
 (恥をかかせようと思えば、他人の目があるブログの記事にでも書けば済む事です。その気があればとっととそうしてますよ)
 人の外見だけでなく、その行動の背後にある配慮にまで気づくのが、本物の洞察力、本当の大人というものではないでしょうか。
 j.k URL 2008/09/17(Wed)23:39:13 編集
傷つきやすさ
失恋ですか…
j.k.さんは相手の『言葉に対する鈍感さ』が気になったようですが、自分が相手に向けた言葉はどれほどの配慮があったのでしょうか。
気になります。
コミュニケーションは結果論だと思うんですよね。意図の善し悪しは無意味。
『十分に配慮した、わからないのは相手が悪い』
ではなく
『その配慮が伝わったかどうか。真意を伝えられているか』
ですよね。気持ち、相手に伝えられてます?
相手の気持ち、ちゃんと読み取れてますか?


相手にも相手なりの正義や考え方の筋道があります。一見理不尽に見えてもその理由は必ずあるのです。

『俺が何をした』でなく、『俺はどう思われていて、どう動くべきか』まで考えないと、いい方向に進まないです。

上から目線に感じる文章かもしれませんが、個人的な体験からどうしてもいいたかったので。
 十年ほど前に、最愛の人を言葉で殺しかけたことがあります。
 j.k.さんに二の轍を踏んで欲しくないんですね。身勝手な考えだとは自分でもおもうけれど。
 
 マジな話、相手の人が大事ならば、自分の正義を見ちゃいけませんぜ。自分が正しいと思えば思うほど、相手の辛さなんてわからなくなるんですから。

相手の子が自分以上に苦しんでるかもしれないって可能性は絶対、絶対に忘れないでください。

以上、悪文乱筆失礼しました。
ビーミズ 2008/09/20(Sat)00:35:33 編集
 自分の値を下げるつもりはありません。
 こちらとしては長文または要点をバラ売りした短文で言うべき事は全て言ったつもりです。
 えぇ、この点は徹底しましたとも。
 にもかかわらずこちらの意図を誤解したままで、釈明も謝罪も無い、というのならば、こちらとしてはもう何も言うべき事はありません。
 譲歩する点は全くありません。
 女性解放論者の機嫌を逆撫でするような主張ですが、女には理屈は通用しない、という説があります。
 が、相手にしても子どもではないのです。
 筋を通さない相手と付き合い続ける義理は私にはありません。
 一度だけ先方がこの記事を読んだらしい跡がありますが、何の反応もありません。
 そもそも、最後に相手にメールを送信したのはこちらです。

 もうウンザリなんですよ。
 j.k URL 2008/09/20(Sat)18:52:59 編集
俺のコメントも何か誤解されてる気がしますが(汗)
そういうことが言いたいのではなかったのですが・・・まあ何であれ無理に相性の良くない人と付き合う必要なんてないですからね。
あまり関わらないようにするのが一番かと。
ビーミズ 2008/09/21(Sun)13:09:26 編集
 私なりに「深謀遠慮」あっての事です(笑
 状況を一から細かく説明するのが大変なので省かせてもらいますが、ここでこちらが折れてしまっては、相手も引くに引けない立場に追い込まれるのは確かです。
 対立とか衝突がある場合、必ずしも一方が安易に譲歩すれば全て丸く収まるとは限らないのですよ。
 ここで私が「ごめん、オレが悪かった。「お友達」でもいいから今までどおり仲良くしてね」と言ってしまうと、先方としてはこちらを「お友達」としてしか扱えなくなります。
 考えてもみて下さい。
 一度「恋人」から「お友達」へと扱いが変わった相手を再び「恋人」にできますか?
 何と言って相手を「恋人」にすればいいのでしょう。辞令でも渡しますか?
 友人や恋人という関係は個人的なものです。
 会社など組織内での「降格」「昇格」とはわけが違います。
 私が頭を下げてしまったら、もう二度と以前の関係には戻れなくなるのです。
 それに比べ、先方が「ごめん、私が言い過ぎた。許してね」と言う場合の何と簡単な事か。
 その一言が言えない、というのは、やはりこちらに未練が無い、もう恋人としては付き合えない、との考えがある事を意味しませんか・・・?

 相手は意外と元気ですよ。
 私と違い、慰めたり励ましたりしてくれる友人が先方にはたくさんいますからね。
 以前と変わらず、ブログもほぼ毎日更新しているようですし、創作にも打ち込んでいるようです。
 そもそも、「お友達でいましょう」などという聞き捨てならないふざけた発言は先方からあったものです。
 それをこちらが蹴飛ばしたところで、傷つきますかねぇ。
 傷つくとしたら、むしろ私の方じゃないですか?(笑
 j.k URL 2008/09/21(Sun)20:10:18 編集
うーん、まあ考え方は人それぞれですから
ルサンチマンに支配されてる状態では
人を愛するとか愛されるとかは無理だと思います。そこから脱出しないと。
 俺の書いてることはj.k.さんには意味不明かもわかりませんが、これはこれで心から考えて書いてたりします。
 どうか不快に思わないでくださいね。では。
 なんていうか…フツーに会って話がしたいなあ。



ビーミズ 2008/09/22(Mon)08:43:04 編集
 勘違いから始まって真実で醒める恋もある。
 言葉の意味を文字通りに捉えれば、見限られたのはこちらなんですけどね(笑
 すがりつく男はなおの事、女からすげなくされるものですよ。

 まぁ世間には、もっと美人でもっと頭も性格もいい女はいると思います(笑
 相手に対して、私が腹の中にしまい込んでおくびにも出さない不平不満が、全く無いわけでもありません。
 ・・・言いませんけどね。
 
 j.k URL 2008/09/23(Tue)15:53:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]