忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 皆さん、お元気ですか?私は不元気です。

 世間には自分の身の程も省みずに他人を(そしてその不幸を)笑い者にしてやろうと待ち構えているミクロい小人物がウヨウヨしているので、そういう未熟なバカどもに燃料を与えるような真似だけは絶対にすまいと固く誓っている私なのですよ。
 こういう器の小さい連中はおそらく世間では地味で目立たない人々なんだろうな。実際にありきたりの性格で可も無く不可も無い、代わりなどいくらでも居る没個性で凡庸な、しかし悩みもしなければ病気にもならない、毒にも薬にもならないがとりあえず最低限の仕事だけはこなせる、愚鈍ではあるが幸せな家畜みたいな人種なのだろう。自らの成長とか進歩なんてめんどくさくてしんどい仕事はごめんだから、他人の失敗や不幸を見てへらへら笑いながら自分の可愛らしいプライドを慰めて(「あいつに比べれば俺なんてずっとマシだよな」とか常に腹の中で言いながら)生きている、後ろ向き人生の精神的小人。善良な市民かも知れないが、私はそういう人々をあまり信用も信頼もしていない。散々裏切られたからね。
 ホント、いい加減に自分の心根の卑しさに気付けよ、と言いたい。
 馴れ合って他愛ない自尊心に付いたかすり傷を嘗めあうのも情けなくてかっこ悪いが、人を貶さないと自己を保てないというのも五十歩百歩だ。そんな事で満足してないで高め合おうよ、人間を。

 ・・・まぁ私も人様に説教垂れられるほど高潔な人格の持ち主ではないのだけど、だからこそ自分で自分を叱咤激励してもいるのである。心が折れそうになる事なんてしょっちゅうだよ。
 どういうわけか私は他人から頼られる事が多く、そういう人物が現れると最初の頃はさほど悪い気分もしないのだが(頼りにされるのはむしろいい気分だろう)、大抵の場合、やはりだんだんしんどくなってくる。
 頼られるのと依存されるのは(最初は)似てはいるけど別物なのだ。
 私にしろ自分一人の面倒を見るので精一杯なのだ(愚痴を聞いてくれる友人、甘えさせてくれる彼女が居るヤツは、友達や彼女に感謝しろ。そして大事にしろ。そういう間柄って宝物だぞ)。
 ずっと寄りかかられるのは正直しんどい。しんどすぎる。それにいつまでも他者に依存するのって、本人の成長を妨げる結果にしか繋がらないと思う。本人のためにならない。だから自助努力をするように水を向けるのだけど、これが中々通じない事も多い。おぢさんも大変なんだよ。
 愚痴もある程度は聞くけど、未来とか可能性に付いて語ろうよ。人の悪口・陰口は、叩かれる方にも非はあるのだろうけど、そういう話題は自分自身も汚すように感じないか?
 私もたまにやらかす事があるが、いくら批判されても仕方が無い連中ではあっても、日の当たらないところで批判するのはやはり陰口と変わらないような気がする。
 だからこちらで晒しますわ。↓

 
> 人材のジブリ脱出はこちらに詳しく↓
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/50367701.html
 まぁ具体的な名前出さずとも、作品の製作発表の時にパヤオ以外の有名アニメーターの名前が挙がらない、という時点でダメダメでしょw
 精密なジオラマ、鉄道模型、盆景みたいだ、というのは、細かい部分まで実に丁寧に作り込んである、という意味ですよ。
 ジブリアニメに比べると他の会社のTVアニメはシルバニア・ファミリーくらいの作り込みかと。その点だけは高く評価できますよ。
 ただ「ポニョ」見てもガイナのグレンラガン見終わった時みたいな、すごい感動というものが無いんですよ。余韻というものが、ね。
 余韻が残らない、という点でもジオラマか盆景みたいなんですよ、パヤオのアニメは。
 アニメ職人としては天才かも知れないが、作家としては底が浅くて凡庸です。粗が目立つ手塚アニメや無駄に難解な庵野作品の足元にも及びませんよ、パヤオ作品は。

 村上隆が「他人のフンドシで相撲を取っている」というのは、日本のアニメがすごいのであって彼はちっともすごくないのに、まるで彼一人の才能・功績であるかのようにふるまっている、その横柄で勘違いも甚だしい態度を指して言っているのです。彼がいなくても日本のアニメ文化は何とも無い、むしろいない方がありがたいくらいなのに、無能な村上自身は日本のアニメがなければただのバカ。寄生虫みたいなヤツです。そのくせ態度だけはでかい(弟子いじめるし)。
 ちなみにあの恥さらしな国辱等身大オナニーフィギュア、村上は汚くてヘッタクソなラフ画を描いただけ、実際の制作は海洋堂の造形師であるボーメ氏が一手に引き受けています。ラフ画も酷かったですよ、デッサンは中学生レヴェルなのにセンスが80年代で停まってる(笑 他人に作らせるのならもっと丁寧に描くべきだと思いますが、何かただのクシャクシャのB5の粗末な紙に落描きみたいな走り書きみたいなゴミのような汚い絵が描かれてるだけなんです。
 (pixivの新着のサムネでよく見かけますね、ああいう絵。レポート用紙に鉛筆かなんかで描かれてて、「落描き」ってタイトルが多いかなwプロフィール見たら中学生w・・・要するに美術的才能が無くとも商才さえあれば成功できる、ってわけですね。商才は必要だけど羞恥心は邪魔!という事です)
 とにかく、彼が大雑把に乱暴に日本のアニメ文化のイメージをまとめて様式化し、欧米人向けに「コンテンツ」化(あんなもんアートとは認めん!)して商売にしようとしているのは確実かと思うんですよ。その手口が同じくアートを様式化し商品化した狩野派一派(主に徳川幕府に媚を売って御用絵師になった江戸狩野。これとは別に京都には「元祖」である京狩野の一派があった)の粉本主義に似ていると思います。だからカイカイキキなんですよ。
 村上が外人に受けたのは、村上が多様で豊穣な、しかし複雑で初心者・門外の人にはわかりにくい日本のアニメ文化を簡単に(大雑把に)わかりやすく(荒削りに)まとめているように見えるからですよ。(反面、内容は貧弱で空疎で無意味でさえあります。あんなもんがアニメ文化であってたまるか!)
 おそらくは海外でも本物のアニメファンなら、あんな子供だましのペテン師には騙されないでしょうが、目障りではあります。すごく。
 
 江戸時代の日本美術を大まかな潮流に分けると、京都の絵師たちと江戸の浮世絵師たちに分かれるんですよ。
 京都の絵師たちというと、ここ数年よく取り上げられていますが、伊藤若冲とか円山応挙とか長沢芦雪、曾我蕭白、与謝蕪村、池大雅その他大勢の「18世紀京都画壇」の人たちを指します。ここ数年は伊藤若冲が人気ですね。宇多田ヒカルのPVでその存在を知った人も多いかと。
http://www.youtube.com/watch?v=izAIHjGCmkc(一番最後に大きく出ます。というかこのPV自体が若冲っぽいタッチです)
 こちらの本が詳しいです↓
http://www.amazon.co.jp/%E5%A5%87%E6%83%B3%E3%81%AE%E7%B3%BB%E8%AD%9C-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E5%AD%A6%E8%8A%B8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%BE%BB-%E6%83%9F%E9%9B%84/dp/4480088776(「あの村上隆も読んだ」って・・・コピーとしては最低・・・)
 ウチのHPの「雑絵」ページの背景にあるネコみたいな虎の絵、あれは芦雪の襖絵ですよ。(実は子猫らしいwww)ちなみに長身のジジィは葛飾北斎の自画像。

 ・・・等々。
 上の文章はある人物に宛てたメールの一部。これを書いてからちょっとウツっぽくなりました。だから私は素性を隠して他所の掲示板で他人を批判するような真似は極力避けているのだ。
 自前のブログだってHN使って身元を伏せてはいるけれど、ブログでの主張は少なくとも反論される事を覚悟の上で為されている。最悪炎上や社会的な非難もありうる。2ちゃんねるみたいに都合が悪くなればバックレるような卑怯な真似はできないのだ。
 宮崎駿や村上隆その他をブログでずいぶんこき下ろしてきたけど、本人またはその子分どもの反論は想定しているよ。

 しかし、いずれにしても、他人を激しく批判するとやはり後から脱力感がじわじわ出てくる。
 人を批判するのって結構くたびれるのですよ。だからそれを商売にする人を尊敬もするが、くれぐれも個人攻撃とか誹謗中傷にはならないようにね。公明正大と誠実さはまず自分のために大事だ。
 だが合理的で筋が通っていて反論が無くとも、多かれ少なかれ批判って必ず後から自分に悪影響が出る。
 少なくとも創作家はあまり他人を批判しない方がいいかも知れない。エネルギーのロスが大きすぎるから。それでも言うべき時は言うべきだけど(沈黙が金とは限らない)、引き際も弁えるべきだろう。
 頭の中に居座っている黒い塊のような霞のようなものが通り過ぎるのを一人じっと待ちながら(オレには支えてくれる人が居ないからね)、つくづくそう思ったのでした。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]