忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 kegaresia.jpg元AV女優の及川奈央が、戦隊物に出演だそうで。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080121-00000922-san-ent 

>元AVクイーンが子供番組へ出演することに「子供向け番組でいかがなものか」「子供ではなく、お父さん狙いでは」などと、一部で批判の声も挙がっているが、戦隊ヒーローシリーズには、これまでにもセクシータレントが出演した例がいくつかあった。

 近年の特撮ヒーロー・戦隊物は少子化社会のアオリを受けて、子どもの背後の「お父さん層」をも視聴者に取り込む努力が為されている。元AV女優を起用する理由がそれだとすれば、「何を今更・・・」である。
 また、「子供向け番組にはいかがなものか」という批判もあるが、こういう人は子どもがAVを見る機会がある、とでも考えているのだろうか。そっちの方が問題だぞ?そういう社会、環境が。

 人間の持つ顔はたった一つでは無い。
 ワンマン社長が家庭では奥さんに頭が上がらない恐妻家だったり、知勇に優れた軍人が家では優しいパパだったり、生真面目な公務員がデスメタルファンだったり、東大の教授がペドフィリアだったりと、その例は幾らでも挙げられる。
 (これをユング心理学では「ペルソナ」という。「仮面」の意、である。その場その場の状況・環境によって使い分ける役割・「顔」を意味する。英語の「パーソナリティ」の語源でもある。人は皆、仮面を被って生きているのさ)
 私は特撮作品もAVもあまり見ないのだが、心なしかAV女優さんには家庭的で優しい性格の人が多いようにも思える。
 『鬼平犯科帳』をはじめ、池波正太郎の小説には時として色町の女が登場する。これが例外なく心の優しい、清らかとも言える性格の女性なのだ。
 池波本人も、「それが色町の女である」といった主旨の事を何かで書いていた。
 夜の女たちの厚化粧に、汚れた身でも少しでも女らしくありたいと願う(結婚が女の唯一の幸せ、とは言いませんがね)、ささやかな、しかし切実な願いを看て取った作家らしい。
 永井荷風の『濹東綺譚』にも、細やかな心尽くしでお客をもてなす私娼窟の女の心根の美しさが語られる(いゃどう考えたって60の老人が30代に見えるはずは無いんですがね、荷風先生?これだから育ちのいい人は・・・)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BC%E3%81%8F%E6%9D%B1%E7%B6%BA%E8%AD%9A
 そういえばドストエフスキーの『罪と罰』にも、「聖なる娼婦」ソーニャが登場する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BD%AA%E3%81%A8%E7%BD%B0

 彼女は貧困にあえぐ家族の為に春をひさぐ仕事に就いているのだが、経済的に恵まれていれば、高等教育を受けて知的な職業にも就けるであろう聡明な娘である。
 彼女の犠牲により家族は糊口を凌ぎ、その信仰心により、殺人の罪の深さに苦しむラスコーリニコフは、自首を決意するのだ。
 己が肉体を男に与える女性の職業は、従来、卑しいものとされてきた。だがそれが絶えた例も無い。
 そういう職業が必要悪だとは言わない。そもそも「風俗店」にお金を落とすくらいなら趣味に大金を投じる、といった男も多いのだ。(『TVチャンピオン2』で、家中を美少女フィギュアに占拠されて暮らす男が取材されていた。少なくとも1000万以上のお金をフィギュア蒐集に注ぎ込んだそうだ。二重の意味で「漢」だねぇ・・・)
 しかし、風俗業の女性たちによって癒されている男たちも、少なからず存在する。そういう男なら、よほどのバカでも無い限り、風俗嬢を見下す事は無いだろう(よほどのバカも多いんだが・・・)。  
 ソープ嬢の話だが、本来の目的など行わず、ただ話を聞いて欲しいだけで来店するお客もいるそうである。
 同性異性を問わず、裸の付き合いなら腹を割って何でも話せる打ち明けられる、という事か。銭湯とカウンセラー、宗教施設を兼ね合わせているようでもある。

 hetaira.jpg古代ギリシャなど、地中海世界では、男性に肉体を提供し奉仕する職業の女性はむしろ尊敬され尊ばれた。
 売春は決して賎業ではなく、神殿に仕える巫女が兼業していた例も数多くある。
 また哲学者などの知的エリートは、ヘタイラと呼ばれる知性と教養を備えた高級娼婦を恋人とし、それらの女性を妻とする事は誇りとされた。
 様々な女神(太地母神)が強い力を持っていた古代世界では、(特殊な条件下だが)女性の地位は極めて高かった。
 偏狭な「父なる」絶対神を崇めるキリスト教が疫病のごとく蔓延するにつれ、次第に女性の地位は低下していったのである。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/prostitution.html


 男性でエロメディアのお世話にならなかった者はいないであろう。
 私は元エロ系職業婦人の「堅気進出」を応援します。
 (何、偉そうな顔した文化人だってヤクザな商売じゃねーか)
 がんばれ、及川奈央。あんたのAV見たこと無いけど。
 
 

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]