忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

b1f76200.jpeg 生産者表示というものが登場してずいぶん経つ。
 農作物(のうさくもつ。「のうさくぶつ」言うなNHK)に作った人の顔が付いているのは安心だが、これがネットだとどうであろう。
 通販などでは、担当者の顔が見えると信用できそうな気がする。
 これは、いかなネットであれ、扱うものが物理的なもの、つまり「物」だからだ。
 電子マネーが流通する時代だが、それにしたところ実際に換金できるという点ではやはり物理的な側面が伴う。信用とはそういうものだ。
 これが画像や文章(あるいは音楽も。音楽CDが未だに存在するのが不思議に思える)など、信号化したものをユーザーによって何らかのツールで再生されるもの、つまり半ば以上に観念的・記号的なものをやり取りする場合は、かなり事情が違ってくる。
 (ソフト類をネット上で購入する、というケースはこれに含めない。だってお金払うから。そもそも兌換貨幣が発明されてから貨幣価値というものは目には見えないもんでしょ。「信用度」が「価値」となり、「物」が買えるわけだ。貨幣価値=信用=物理的なもの、と考えていただきたい。『狼と香辛料』、勉強になるね)
http://www.mediaworks.co.jp/contents/spicy-wolf/index.php
 これが個人の意見・見解と個人情報、というのなら殊更そうだ。
 ・・・顔が邪魔になる。
 元より、記号と観念のみで情報処理している脳内には、ふいに現れた、記号として処理されていない生々しい「顔」は重苦しい異物でしかない。生もの持ち込むなよ。
 ネット上にある膨大な情報を出入力している者としては(ネット普及により、読書量の減った人が増えたそうな)、その人物の本質・内面とは直接的には無関係な「容姿」の情報など、無駄というより「もうお腹一杯」なのだ。
 また人間は得てして、上っ面・見た目に惑わされやすいものだ。
 美男美女だとありきたりな事を言ってても、ある程度はユニークかつ高尚な意見に見えてしまうし(何年か前のアメリカの調査会社によるリサーチでは、「美形の人ほど出世しやすい」という結果が出ている)、悪人顔の人が同じ意見を言っても疑いの目で見られたりする(えぇ、実体験ですとも)。
 特に日本人は、文字ですら音韻というより「絵」として処理しているらしい。表意文字である漢字の国だからか。だから余計に「顔」などという視覚情報があると、それに影響を受けやすい。
 詩や小説などの文芸系やバンド活動・作詞作曲などの音楽系、その他諸々のwebサイトより、「絵」関係のサイトが圧倒的に多いという事実からも、いかに日本が「視覚文化」の国であろうか、わかろうというもの。
  
 佐藤大輔という人はきわめて優れた小説家で、その、歴史観がしっかりとした背骨となっている架空戦記小説は、どこか歴史小説の如き味わいがある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%A4%A7%E8%BC%94
 ただ、・・・すごい軍ヲタなのね、この人。偏執狂的に粘着質的に。ムチャクチャ兵器に詳しい。
 加えて、アニヲタっぽい。重厚な筆致だったり格調高かったりする物語・戦闘描写の中にセーラームーンが混入したりする。
 本のカバーの折り返しにある顔写真を見て納得・・・眼鏡かけた太ったお兄さん。電器街にたむろしてたり聖地巡礼しているっぽい風貌なのである(ファンの人、ゴメン。あまりにまんまなもんで。友人に見せたら爆笑してたし・・・いゃすごく才能ある小説家である事は間違いないよ。やせればそれで済むことだし)。
 天はニ物を与えないもんですな。
 
  しかし、佐藤大輔の場合、出版社の慣習上、止むを得ない場合であったかも知れないし、第一、文庫本は物理的な「物」であり、私がお金を払って街の書店で入手したものである。
 いわば、現実世界の、顔と顔の、日常的な付き合いである(向こうはこちらを知らないけどね)
 webサイト上に、管理人の「本物の」顔写真があるのって・・・不自然に思いませんか?
 HPであれブログであれ、個人が非営利つまり趣味で運営している場合、顔を見せる必要ってあるのか?
 ネットというのは、その匿名性・隠密性と、それゆえにむしろむき出しにされるその人物の本質が最大の特徴であり、利点である。
 ネット上のみの交際って、相手の顔はあまり気にならないでしょう?
 それは顔の向こうにある本質にいきなり触れているからなのだ。
 ブログで色々カミングアウトする人も多いね。顔と名を隠しているからこそできる事だし、また人間には本音・真情を吐露せずにはいられない強い衝動がある(「王様の耳はロバの耳~っ!」)。魂の解放ですよ。
 なのに、ブログでいきなり顔出しとは・・・。あなた、自分の顔と名前に、webサイト上の情報が付加されるのですぞ?閲覧者は皆、それらの情報を丸呑みするのですぞ?勇気があるのか知性が無いのか・・・。
 でなければ、芸能人の営業用ブログでも無いのに、ネット上でまで仮面(本物の顔だが)を被って生きるつもりなのか?閲覧者はそんなもん望んでないぞ。
sensannsyahyouji_fujyosi_syou.jpg 顔なんかいらない。内面を、心を見せてくれ。
 (←次のコマで羞恥心のあまり絶叫します、この本を描いた人。本の内容はBLですwでも意外に男子ファンに人気あるよね、藤吉さん本人は。オレも好き)
http://zetubou.hewl.info/wiki/wiki.cgi?page=%C6%A3%B5%C8%C0%B2%C8%FE
 ネットでは顔が無い方が真実の顔を見る事ができるのだ。
 バトーには草薙素子の義体は必要ない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9

 正直・・・吐き気がするんだよね、顔出しブログ。いゃマジで。キモい。もうやめて。ギャー。
 美人の女の子ならまだマシだが(ネットアイドルというのは、むしろ露出しているようで逆に隠している存在である。まぁこれは芸能人の一種だろう)、どう見てもイケメンでもないブサメンがプロフィールのみならず(それだけでも十分犯罪だ)、ブログペットなどのサムネイルにまで顔を晒すとは、一体どういう神経なんであろう。
 ネットアイドルでもやっているつもりか?それとも、それはひょっとしてギャグのつもりなのか?
 自分ではイケメンのつもりなのか?だとしたらそのナルシーぶりでもキモさ倍増である。
 自分の容姿を客観視できないほど知能が低いのか?それもヤだな。
 (オレだって容姿で女にほれられた事って無いよ。ずいぶん玉砕している方だ。イケメンに生まれたかった)
 それともブログを「個人専用出会い系サイト」とでも考えているのだろうか。ならその脂ぎりっぷりも不快だ。
 「見なければいいじゃん」という意見もあろうが、どうしても見えちゃうんですよ、「オーナーPickUp!」で。
http://www.blogpet.net/profile/random

 ・・・それともマジで、自分の全存在を、全てを、全部を閲覧者に叩きつけるつもりなのか?
 (・・・ぅう、ますます気持ち悪い。暑苦しい汗臭い鬱陶しい)
 オレはあんたを物理的かつメンタル的に、即ち総合的に全体的に受け入れられるほど大きくないよ。
 (いゃ相手がどんな美人でもそれはムリ)
 リアルではサングラスが無礼に当たる状況もあるが(面接でグラサンかけるヤツはいないだろ)、ネットでは顔を隠すのが基本的なマナーだ。
innocence.jpgkotonon_before_after.jpg
  ・・・ネットアイドル?カアイイなら許す。
  まぁ、大抵はphotoshopでお化粧しているらしいけどね。
 http://d.hatena.ne.jp/keyword/Photoshop
 
 

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]