忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 桃鉄やった事ありません。 古来、年末になると貧乏の辛さを痛感するのが日本人の習性でありました(笑
 昔は「正月を迎えるための準備さえできないほど貧しい」、などとよく言われたものだが年末は何かと物入りであり、これは現代でも幾分言える事ではあるまいか。
 昔(明治時代くらいまで?)は売り声を上げて道で商売する行商人や飲食店などを除き、米・味噌・醤油や酒その他生活必需品の多くは「節季払い」と言って、年二回、8月と12月(つまり盆暮れ)にまとめて代金を支払うのが主な支払い方法だった。
 落語などでも、年の暮れに代金請求のために殺到する店の者相手に、何としても支払うまいと貧乏人が奮闘する『掛け取り』というネタがある。
http://www.niji.or.jp/home/dingo/rakugo2/kaketori.html
(東西落語特選 『掛け取り』)


【ニコニコ動画】落語「掛取り」 

 言うまでも無く、落語よりポピュラーだった民話という娯楽では、殊更に年末の貧乏は強調される。
 日本人は古くから農耕民族であり、牧畜民族に比べて季節の移り変わり・境目には敏感だった。だから農村では都市部より正月は大事だった。
 (江戸時代までの日本の村落はほぼ半分以上が農村か半農半漁の村だろう。漁村にしても農村と密接なつながりがあった)
 新年の祝いは新しい農業サイクルの始まりを祝福するための重要な習慣であり、これに十分な準備が出来ないのは大変辛い事だったに違いない。だから年の暮れの貧乏を扱う民話は多い。
 『笠地蔵』なんてその代表だけど、「貧乏」という状況をヴィジュアル的にわかりやすく表現したのが「貧乏神」という「神様」だろう。日本はさすが八百万の神の国である、貧乏の神まで存在するのである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%A7%E4%B9%8F%E7%A5%9E

 
【ニコニコ動画】まんが日本昔ばなし: おいだせ貧乏神


【ニコニコ動画】まんが日本昔ばなし 貧乏神の置きみやげ

 
【ニコニコ動画】まんが日本昔ばなし 年の晩と貧乏神
 

【ニコニコ動画】まんが日本昔ばなし 貧乏神と小判


【ニコニコ動画】まんが日本昔ばなし:貧乏神と福の神

 『おじゃる丸』に登場する「貧ちゃん」。この神様に触れられるとどんなにエネルギッシュな人でもたちどころに無気力になってしまうんだ!すごいね! 興味深いのは、貧乏=無気力という本質に気づいている昔話が多い、というところか。優れた洞察かと思う。
 実際、現代のセレブと呼ばれる人たちも、良くも悪くも無気力とは無縁な「働き者」である。(金の亡者も多いけどね。エグゼクティヴ気取ってても、ホントは金儲けにしか興味が無い・そういう才能しか無い俗物なんじゃないの?と言いたくなるような下衆も多い、という事ですよ。某巨大イラストSNS運営会社の社長とかね)
 人間、どんな努力家でも、努力し続けて全く成果が上がらない、誰も評価してくれない、全然報われない、という境遇が続くと大抵の場合、無気力で投げやりな態度が身に付くものである。努力には報酬が必要なのだ。
 これは行動学の専門家がハツカネズミなどの実験でも証明している。
 スイッチを押せば餌がもらえる仕掛けの中にハツカネズミを入れ、数日後スイッチをいくら押しても餌が与えられないようにすると、最後にはハツカネズミはスイッチを押さなくなり無気力になるそうだ。
 生き物は努力すれば何がしかの好ましい変化が得られ、新鮮な気分になれるからがんばるのである。
 だから貧しい男が魅力的な嫁をもらう(努力より先に「報酬」を与えられる)事で発奮し、身を入れて一生懸命に働き始めた事によって次第に経済状況が好転し、貧乏神が家に居辛くなる、というケースもある。
 (もっとも、好ましい変化、「報酬」は必ずしも異性や経済状況の好転とは限らないが)
 微妙に違う気もするがこれはこれでいいか。海外での評価の方が高そうだよねエウレカセブン。 またこれは、性的な欲求の刺激と充足が同時にあり、それによって旺盛な生活意欲が湧き上がる、という事かも知れない。変わり映えしない退屈な日常が魅力的な異性の登場によって刷新される事も多い。エウレカーッ!
 (英語のスラングで「人の肌」をfreshというのは、つまりそういう意味だ)
 また人間、自分のためではなく、大事な誰かのためにする努力の方が熱心になれる、というのもあるかも知れない。人は支え合って「人」という字になるのです。
 落語でも結婚に関して、「一人では食えないが二人だと食っていける」という意味の言葉がよく聴かれる。
 ・・・そうか。オレが貧乏なのは長く独身だからか(涙
 だが一方で貧乏すぎて嫁が愛想を尽かして逃げ出す、というケースも世間には多いそうな(笑


【ニコニコ動画】【落語】桂枝雀「貧乏神」  
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo43.htm
(世紀末亭 【上方落語メモ第1集】その四十三 『貧乏神』)

 ↑この『貧乏神』という落語、新作落語それも枝雀存命中に作られたものなんだけど、作った「落語作家」は女の「弟子」(?)しか取らない事で有名でした。
 彼の嫁は元「弟子」だそうです(笑 ・・・なぁる。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
無題
なんというか、傷つくとは思いますけど、このHPの文章からリアルのあなたを推察するに、私個人としては貴方は非常にめんどうな人だからというのが要因なのじゃないかと思います。確かに正論を言ってるんですが、他人をガンガン高圧的に正論で詰めていく人なんじゃないかと。正論を正しいと絶叫しても人はやはり付いてきませんよ。(面識のない人間をくそ死ねと罵倒してれば普通正しくても敬遠されるって。)誰かの格言でしたが、他人と妥協するそぶりを見せない人間は幾ら正道を歩んでいても生存中は評価されないと言われます。そういう人は歴史からしか評価されないのだそうで・・・貴方が全人生を費やしても守りたい理念や正義があるのならそれはそれでよいのですが・・・なんかHPを見てると思うのですが、あなた正直今の生き方につかれ始めているんじゃないのですか?
NONAME 2009/12/06(Sun)04:36:51 編集
無題
上のは  >>・・・そうか。オレが貧乏なのは長く独身だからか(涙 というところへの
メッセージです。それと追加、人間を説得するのは言葉じゃなくて行動ですよ。Pixivを批判する気持は良くわかりますが、結局今のあなたのHPアクセス数が下がっているというのは、単純に大衆に「電波な人」として発掘されたあなたが、飽きられて無視され始めたというだけのことなのではないでしょうか? 私にはそう見えます。 結局、創作行為に携わる人が同業者を批判するには、残念ですが「他人の評価」を担保としなければ説得力を持ちえないということだと思いますよ。 あなたの絵、私はそれほど嫌いではないのですが、やはり今の日本のマンガ・アニメ文化という土俵では難しいのかもしれません。もし貴方が自己の主張を広めたければやはり同じ土俵で闘争して勝利するか、それか人生捨てる覚悟でテロに訴えるかでもしないと結局このまま忘れ去られていくんじゃないでしょうか?  ただ、もしかするとこの今の日本すべてくるっていて実は貴方が正道だったという可能性も私は否定しませんので・・・難しいですね。  最後に西郷隆盛の有名な言葉を送りたいと思います。


「崇高な思想はそれに匹敵する行動を伴い、社会に還元しなければ、保有すること自体が社会に対する犯罪である。」
NONAME 2009/12/06(Sun)04:45:31 編集
 ご忠告どうも。
 やぁ初めまして「名無し」さん(笑
 失礼ですが、他人に意見をされるのなら、せめて捨てハンでも名を名乗るのが礼儀かと愚考しますが?
 また「名無し」の場合、どれだけ誠実な意見でも閲覧する人からは軽く扱われる傾向があります。2ちゃんねるなど匿名掲示板での有象無象の書き込みと同様に見られる、という事です。
 以後、どうかご自愛なされますよう。

 まぁ何ですね、最近の私の嘆きはHPではなくブログ、つまりこのブログのアクセス数の伸び悩みについて、なんですが。
 HPの方はもうずいぶん更新も怠っており、管理人本人すら滅多にアクセスしておりません。
 別に飽きたというわけでもなく、絵が中々出来上がらない、というのが理由です。
 あなたはどうも副ブログの方にはお越しになっていないようですが、あちらの方に地道な制作状況の報告(まぁスタイルの模索、とでも言いましょうか。恐ろしく筆が遅いのは本人も重々承知しております)と絵にまつわるアレコレを時折書き連ねておりますよ。お暇なら一度御越しになってください。
http://hillmama.blog37.fc2.com/
 ・・・つまり、全く描いていないのではなく、ただ(恐ろしく)筆が遅いだけです(笑
 「旬」の人気二次創作や萌えスタイルなどの手段による安易な人気取りに走らずに、作家としてのアイデンティティを固守し続けて世間からの高い評価を得るには、「地力」、基礎画力をしっかり身に付ける以外に方法は無いでしょう。
 (ありがちな人気版権のキャラ絵・・・ランキング上位でもよく見かけられますが、あのような絵ならちょっと慣れれば私でも3時間くらいで描けますよ。描かないけどね)
 たくさん量をこなせば上達するのは初心者の段階までです。私は数ばかりこなして全く初心者の水準から上達していない人をたくさん見ています。そういう人は一見上手くなっているように見えますが、基礎が身に付いていないからデッサンその他が粗だらけです。ただ低い水準で「慣れている」だけです。(そういう人気プロも多いですよ。ジョージ・ルーカスが褒めたあの人とか)
 私は低いところで固まりたくないから、時間をかけて力を付けるべく努力しております。
 上達するには「数」ではなく「時間」が肝要なのですよ。

 あー、あなたはここ最近の記事(コメントも含めて記事です)に目を通しておられないようですね。おおよそpixivというワードで検索をかけてこちらの記事に辿り着かれたのでしょうが。
 10月20日付けの記事(記事350)に「三池」さんというかたから親切な指摘をいただき、以後言葉使いには気を使っておりますよ。少なくとも頭ごなしに汚い言葉で罵倒するような真似は避けております。
http://jacktar.blog.shinobi.jp/Entry/350/
 ただ、自分の主張を変えるつもりはさらさら無く、従来どおりの視点でイラストSNSを巡る記事を書いております。
 あなたの言われる「妥協」とはどのようなものか、どの程度のものか、今一つ解りかねますが、過去に「萌えヲタ」や「二次創作」に関しては「宥和政策」と言っても良いような微温的姿勢で臨んでいた時期が無いわけでもありません。
 (大体、「萌え」に頭から批判的な人間が『萌系美少女CG制作ガイド』(マガジンファイブ刊)などという参考書なんか買いませんよ(笑 ・・・中身の酷さに軽く絶望しましたが)
 だがやはり、萌えヲタとはどうあっても対立せざるを得ない気がします。向いている方向からして正反対だと思います。
 私には甘ったるくてのっぺりとして量感も質感も立体感も遠近感も無いふわふわした軽薄な萌え絵なんか描けません。
 ・・・絵の話をしていても、人生について語っていても(笑、なんか萌えヲタって不真面目で軽佻浮薄なのですよ。付き合い続けるとイライラしてきます。こういう連中に対して気を配って「いい人」ぶる方が私としてはよっぽど疲れるんですが。
 絵であれ生き方であれ(笑、どうせ私のスタイルでは人気爆発!とはいかないと思います。その点はあなたに指摘されるまでも無く本人が一番痛感するところです。

 私がpixivを批判する際、まず槍玉に挙げるものの数多くのうちの一つに、人気二次創作およびそれを通じて元ネタ(オリジナル)のファンからの人気を得る「トップランカー」(笑)というものがありますが、元よりオリジナル作品での勝負を捨てているような「絵師」(笑)など、そもそも創作家ですらない連中です。(その時その時の「旬」の元ネタに次から次へと無節操に渡り歩く様は、信者ともどもまるでイナゴのようです) こういう人たちと創作家としてどう勝負すればいいのですか?
 またその勝敗は何を基準にするのです?まさか得票数(つまり問題の核心)の多寡で決める、なんて言わないでしょうね(笑 信者票・お友達票を弾くフィルターなんか設けたら信者がうるさいでしょ?(その絵ではなく元ネタの信者であるのは言うまでもありません)
 勝負から逃げているのは私ではなく、彼ら人気二次創作イナゴの方ですよ。
 (誤解または意図的に悪意ある曲解をする人も多いのですが、私は何も人気作家の全てがイナゴだとは一言も言っておりません。オリジナル作品で正々堂々と勝負し高く評価されている優れた作家の存在も、きちんと認識しております。私もそうなりたいからこそ、地味に地道に努力しているんじゃないですか。「急がば回れ」と言いますよ)
 「崇高な思想はそれに匹敵する行動を伴い、社会に還元しなければ、保有すること自体が社会に対する犯罪である。」
 お歳暮の季節ですね。この言葉、そっくりそのままコンテンツの再生産・再消費に明け暮れるイナゴさんたちにタライ回しにしたいと思います。
 ・・・創作家である事は崇高云々以前の問題だと思いますよ?

 最後に一つ。「せごどん」は当時の庶民からも愛され尊敬された大人物ですが、彼にしても最期は信念に殉じて死んだ、と言っておきます。
 人気取りに血道を上げ、ただ大衆に媚びへつらうような安っぽい生き方は、まず彼が好まない事だと私は思います。
 
 
j.k 2009/12/06(Sun)11:40:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]