忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【ニコニコ動画】【落語】桂米朝 - 愛宕山

 絵が進まないからお茶濁しのつもりで桂枝雀の動画を貼り付けたらマジでアクセスが20を切りやがったっ!
 (たったの13だ・・・プルプル(-゛-メ))
 頭に来たから、今度は本気で桂米朝だっ!
 話芸の原点である落語の精髄、はんなりとして粋(すい)でありつつも力強く、豪胆にして繊細であり、究極にして至高なる芸の醍醐味、とくと味わいやがれっ!
 (ここで同じ大ネタでも波動砲クラスの破壊力の・・・といってもお笑い芸人をアイドル扱いして黄色い声上げてるガキにはその価値はわかるまいが・・・『百年目』を持ってこなかったオレって心優しいなぁ)

 あーちなみに上方落語には「真打ち制度」などという不合理かつ不自由な階級制度は無いからね。勘違いしないように!
 

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
落語ネタときましたか
saneyukiです。
私が以前所属していた部署の上司は落語は相当詳しかったご様子。
よく色々話を聞かせてくれたのですが、あまり見る事のない私には、ついて行くのはちょっと難しい世界。
見に行けば面白いだろうと思うのですが・・・。
と、思っていればニコニコ動画にあるのですね。
ホントに何でもアリですね。

アクセスが低下したのは・・・うーん・・・もうネタですね。
うん、ネタという事にしましょう。
駄目か?

saneyuki URL 2008/06/09(Mon)20:31:36 編集
 ようつべにもあるようですね。どうせなら英語落語をうpすればいいのに・・・。
 やぁどうも気を使っていただいて、すみませんねぇ。

 NHKの朝の連ドラの事もあり、それなりにタイムリーなネタを提供したつもりですが・・・?
 しかも「爆笑王」の名を欲しいままにした桂枝雀ですよ?さほどマイナーなネタとは思えませんが?
 (まぁ子供の頃からの落語好き、という私みたいな人間は少数派でしょうけど。ちなみにipodにはALI PROJECT、Perfumeなんかと一緒に常に「枝雀落語大全」が収まっています^^)
 2年持たないようなキャラ芸人ばかりがウジャウジャ出てくるジャンクフードみたいなバラエティ番組ばかり見てないで、たまには「お笑い」の原点に立ち戻ってみて欲しいものです。
 織豊政権時代から400年以上連綿と続く「お笑い」の伝統です。つまらないわけがない・・・意外に面白いんだから。 
 
j.k 2008/06/10(Tue)01:55:56 編集
爆笑しました
こんにちは~。
 私は枝雀師匠の(というより落語は全て)芸を音でしか聞いたことが無いという、外道です。m(__)m 
 それにしても、動きがこんなに激しい方だったのですね。ちょっと(笑っているついでに、ですが)びっくりしました。何度も聞いて、何が次に来るか、分かって身構えていてもやはり笑えるんですよね。
 物凄く楽しませていただきました。米朝師匠の方は、また夜中にでも堪能させていただきたいと思います。色々ご紹介くださると嬉しいです。
じょーもん 2008/06/10(Tue)17:52:58 編集
 すびばせんねぇ。(『上燗屋』より)
 桂枝雀、こう見えて実は大変なインテリだったりします。
 米朝一門は、師匠からして学者っぽいのですが、総じて知的な噺家が多いようです・・・まぁ桂ざこばみたいな人もいますが(笑
 あぁ、好きですよ桂ざこばも(笑
 リニアモーターカーの作動原理の説明や、それが地上から数センチの高さへと浮上する様子の描写で笑いを取れる噺家は枝雀くらいだと思います(笑
 芸風からして想像しやすいでしょうが、SF色の強い荒唐無稽な、はたまたメルヘンなネタが得意な人だったのですよ。
 (米朝譲りの大ネタ『地獄八景亡者戯』は絶品)
 かといって無味乾燥に過ぎる事も無く、丁稚の無邪気さ愛らしさ、親子の情愛、といったウェットなものを表現する上手さも持ち合わせていた人でした。
 代表的なネタは古典なら『代書』(「お米ちゃん、ポーン!」)『上燗屋』(『首提灯』の前半部分。「すびばせんねぇ」)でしょうか。
 「金次第」によってテーマパーク化した地獄や仏陀やキリストまで登場する『茶漬えんま』、心霊スポット集中地帯に来てしまった使いの男の右往左往を描いた『幽霊の辻』など、創作落語も得意としていました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2761725
j.k 2008/06/10(Tue)19:28:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]