忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ワイヤー無しCG抜きで空中殺法炸裂!ある意味画期的な映画だが打撃系にこだわらないセガールの職人技ももっとほめてやってください(笑 わが盟友(笑)、OWLさんがやたらとベタボメする映画『マッハ!!!!!!!!』、ついに地上波に登場しました。(ちなみに「!」は8本あります^^)
 録画してそのままホコリをかぶっている映画が山積みされている中、そういうのをすっ飛ばしてとりあえず真っ先に見ましたですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%8F%21%21%21%21%21%21%21%21
 面白かったねい。人間、たまにはアクション映画を見ねばならんねい。
 (思い起こせば、特に格闘技ファンでもないのに、有名なアクションスターの映画はとりあえず何本かずつは見てたりしますオレ)

 で、ふと、アクション映画・冒険活劇映画(最近は減ってます)の主役のキャラ、それを演じる役者の顔つきについて考えてみた。
 以下、OWLさんのブログに書き込んだコメントから抜粋(楽してズルしていただきかしら~)。

 「 パノム君(トニー・ジャー)を見てて思ったんですが、アクションスターまたは男臭さが売りの役者って、目が怒っているか悲しみをたたえているか、のどちらかですね。 古いところから言うとジョン・ウェイン、三船敏郎からブルース・リー、シュワルツェネッガー、新しいところだとリー・リンチェイ(ジェット・リー)、チャウ・シンチーとか。
 パノム君もそんな感じですが、意地悪い見方をすれば演技力が無いから無表情・無口なキャラを演じているとも(笑
 (昔のシュワちゃんがそうだった。今もそうか)
 三船やジョン・ウェイン(この二人はアクション・スターじゃないけど)のようなオッサンの恥じらい・可愛い照れ笑いや、ジャッキー・チェンやシンチーみたいなお茶目な表情ができるようになれば、さらに人気沸騰かも知れません。
 (無表情すぎて映画のコメディ部分が弱くなっているかと)
 セガールやヴァン・ダムみたいに「普通に強い人」もいるけど(笑」

  で、劇中の敵役なのだが、前半の方のザコが全てガタイのごつい、主役より大柄な屈強な白人ばかりなのだ。
 しかも立ち居振る舞いがことごとく粗野・粗暴で、優雅さなど薬にしたくとも見当たらない。
 人類というよりそれ以外の凶暴な大型霊長類に近い感じなのである。(ゴリラは実は温厚で心優しい生き物だが)
 この点でふと、中里介山の『大菩薩峠』に登場する、オランダ人の船員らしき遭難者を思い出した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%8F%A9%E8%96%A9%E5%B3%A0_%28%E5%B0%8F%E8%AA%AC%29
 乱暴者で知性が感じられず、でもどことなく憎めない、といったキャラだった。
 作者は「西洋人というものは大柄で大力でもどこか間が抜けている」という意味の事を書いている。
 自分からは決して闘いを挑まず(育ての親でもある師のご住職からきつく戒められている)、弱き者をいたぶる様を見るに見かねてついに主人公・ティンは拳を挙げるのだが、動きが俊敏で的確に相手の急所を突き、一方で相手からの打撃にもビクともしないその強さはとてもスマートでエレガントで美しく、野蛮さ・血生臭さは微塵にも匂わせない。
 アジア・アフリカを侵略し食い物にした西洋列強(そして現代の先進諸国)は、ダーウィニズムの「適者生存」に裏打ちされた「正しさ」「優秀性」によって支配者たり得たのではなく、むしろ侵略者こそが無知蒙昧で残虐で暴力的、つまり野蛮・未開だったからこそ邪悪な支配者になれたのである。支配される側の文化が劣っているとは限らない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E4%B8%BB%E7%BE%A9

 パペットマペット。時々自己主張する黒幕。真の支配者はいつだって陰にいるものだが。





 私個人は会話が多い映画が好みなのだが、アクション映画だとそうも行かないね。
 「漢なら拳で語れ!」。そういう事ですか。
 

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]