忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://yunakiti.blog79.fc2.com/blog-entry-3745.html
(今日もやられ役 Mステで『けいおん!』キャラソンが3連続ランクイン、スタジオの空気死亡
http://guideline.livedoor.biz/archives/51307228.html
(日刊スレッドガイド Mステで「けいおん!」 キャラソン3作がTOP10入り)
  
【ニコニコ動画】けいおん! Mステ まとめ+β
 ・・・もうそろそろランキングとか売り上げとか上辺の数字で価値を決めるのやめたら?
 アニソンじゃなきゃ何でもいいのかよ。ジャニタレの曲よりは『けいおん!』関連の曲の方がはるかに「聴ける」んですけど?
 視聴者もいい加減下手糞なアイドルのウンコみたいな楽曲や没個性でお客をなめ切ったJポップ(笑)なんかにゃ飽き飽きしてんだよ。アニヲタが増えただけでなく、日本の音楽業界もダメになったんでしょ?わざわざ買いたいと思う邦楽のミュージシャンのCDなんかもう無いよ。

【ニコニコ動画】JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた 前編


【ニコニコ動画】けいおん!全曲集【作業用BGM】

 あぁ、『Cagayake! GIRLS』は未だによく聴いてますよ(笑
 歌唱力がカケラほどにも無いエイベックスのアムロやアユよりはよっぽど良いんじゃない?
 

拍手[0回]

PR

【ニコニコ動画】天野喜孝が「やる夫」を描いたようです

 ・・・なんかすごいものを見てしまいました。

 天野先生といえばファイナルファンタジーの美術で有名だけど、実は日本より海外での評価が高かったりする。
 団鬼六先生の『花と蛇』の表紙絵描かれた時は腰抜かしましたよ。でも意外に違和感が無かった。品がある耽美的な作風が和風SM小説に大輪の花を添えたかのようだった(読んでないけど)。

 アルビノのエルリックって欧米人が描くともろ化け物みたいな容姿なんだけど、天野風だとこんな感じ。 元々タツノコプロのアニメーターであり、だからキャラもどこか筋肉質なのだ。
 作品は淡い色調で描かれ、線も濃く描かれる事はあまり無いが、絵心がある人が見ればわかるとおり、かなり高いデッサン力はさすがアニメーター出身といったところか。
 (人体の構造の理解が確かなため、デフォルメも危なげが無い。安心して見ていられる)
 その天野先生が手がけたのだから・・・完成度はすごいんだけど、ハッキリいって説明されないと何のキャラだかわからない(笑 まぁこれはこれでいいか。
 画面右側のオッサン。何者かは知らんがお前ちょっと恩着せがましいぞ。ウザイ。引っ込め。

 ↓2ちゃんねるの反応(2ちゃんねる本体では現在過去ログに収納)
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52013125.html
 世間の人の多くは「耽美天野」を期待していたようだが、元々先生の男キャラってスリムでもマッチョつまり「ホソマッチョ」なんだけどな。



 こういうの見つけた。↓
http://logs.dreamhosters.com/html/1/228/296/1228296805.html
 ・・・確かに手抜きっぽく見える絵もあるね。昔はオレも「もっと丁寧に描け!」って思ってたクチだ。
 でも下手ではないと思うぞ。

拍手[0回]

 オタク文化、というか日本文化はそもそも「見立て」「趣向」の文化である、と看破したのは「オタキング」岡田斗司夫ですね。
http://netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/otakugaku/No4.html
 氏お得意の特撮以外に、古典的な例として『曽我物語』とそれのパロディである歌舞伎の『助六』が挙げられているが、正直なところ、これらの古典に馴染みのある日本人は「マニア」くらいかと。どちらも目を通すには骨が折れるね。
 だから(比較的に)わかりやすい例を一つ。落語くらいなら辛抱できるでしょ(笑

【ニコニコ動画】怪談噺INにこにこ  「猫の忠信」 桂春蝶
 (珍しいな、「春蝶やん」じゃないか)

 ↓『世紀末亭』さんの「上方落語メモ」
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo96.htm
 ↓ちょっと詳しい解説。(『上方落語戯場風景』)
http://www2.gol.com/users/kinosita/rakugo/nekonotadanobu.html
 (普通「浄瑠璃」と書くところを「義太夫」と書いているのは東京落語のファンへのサービスか?)
 これ以外にも、落語には芝居に見立てたストーリーのものがたくさんある。

【ニコニコ動画】落語 桂 吉弥 七段目
 (↑ガンヲタにはこの若旦那と丁稚の定吉みたいなのが多いよな)
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug183.htm

【ニコニコ動画】落語 「蛸芝居」 林家染丸 
 (「登場人物」全てが芝居ヲタ、という凄まじい噺)
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug161.htm

【ニコニコ動画】落語 笑福亭松鶴(六代目) 天神山
 (「信太狐」伝説を元にした人形浄瑠璃『蘆屋道満大内鑑』(あしやどうまんおおうちかがみ)の、そのまた換骨奪胎。ちなみに枝雀版ではサゲまで言わず、美しい余韻の残るファンタジックな落語「報恩譚」になっている) 
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo67.htm

 これらはほんの一例で、サゲ(オチ)が「見立てオチ」になっているもの(『蔵丁稚』『質屋蔵』『五光』『船弁慶』etc)まで含めると実に数が多いのである。
 日本人のパロディ好きがわかろうというものですな。これが現代のオタクの二次創作やコスプレに繋がっているのは、岡田氏の指摘の通りかと思う。
 最近はコスプレも市民権を得つつありますな。

【ニコニコ動画】世界コスプレサミット2009大須商店街パレード(広角Ver)1/2
 (『さよなら絶望先生』で藤吉さんが婦警キャラのコスプレしようとして止められる理由がわかった。交通整理とかで「本物」が現場で働いているのである。つまりそれだけ規模がでかいのか)
 幾らコスプレが流行っているからといって、営利目的でビデオ撮ったりするのはやはり権利問題がうるさいらしい。↓

【ニコニコ動画】水着コス

 ↑削除されてるようなので写真を貼り付けとくね。
 この写真ではわかりにくいが、モデルっぽい体型です。プラグスーツ着てないのは予算の問題か?版権問題に寛容なガイナックスと言えど営利目的だとタダとは言わんだろうね ・・・ちょっと背が高いけど、どう見ても綾波○イですね。ありがとうございました。(チルノじゃねーよ。チルノは幼女だぞ。こんなに等身高くないよ)
 この人、確かロシア人「少女」(二十歳前です)で、他にもちょっときわどいイメージビデオみたいなのに出演してるね。ちょっとスレンダーすぎてきれいすぎて私にはナニである(笑
 ・・・ロシアっ娘なので二十歳過ぎてからの急激な劣化が心配です。
 
 ここ数年でコスチュームの素材も縫製技術も格段に上がっているような気がする。
 やはりカーニヴァルやハロウィンの伝統が長い欧米人のレヴェル(「コスプレ黒船」と呼称)の高さに刺激されたか。だからコスプレは時間も手間もお金もかかるようになったのでは?
 ちょっと敷居が高いなぁ、という人は、とりあえず名セリフで日常的な「見立て」でもドゾー。
http://www.st.rim.or.jp/~r17953/impre/Anime/Gun/Gun_Top.html
(『俺選ガンダム名セリフ・データベース』)
 顔を引っ込めるとスネークのコスになります。俺選ガンダム名セリフ・データベース俺選ガンダム名セリフ・データベース俺俺選ガンダム名セリフ・データベース俺選ガンダム名セリフ・データベース選俺選←

 ←海外にもこういう猛者がいますね。
 「俺がガンダムだ」

ダム名セリフ・データベースガンダム名セリフ・データベース

拍手[0回]


 太陽を盗んだ男・予告編
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%82%92%E7%9B%97%E3%82%93%E3%81%A0%E7%94%B7

 6日に書いた記事、(http://jacktar.blog.shinobi.jp/Date/20090806/1/)ややベタではあるが我ながら面白いと思ったんだけど、反応が無いので続けて原爆ネタ。
 関西在住の映画好きにとって一つメリットがある。
 関西のTV局は深夜によく、TVでは普通中々お目にかかれないような「名画」を放送するんですよ。
 (数日前にも黒澤明の『羅生門』を放送していたね。こちらはパブリックドメイン化しているので、ネットでも無料で大手を振って見られるけど)
 しかもただ空いた時間を埋める、というのではなく、キチンと解説付きで放送する。
 場合によっては「特集」を組んで「テーマ」でつながった複数の映画を何週にも亘って放送する事も。
 私はこの映画を(多分)8年前に同様の深夜の「映画番組」で見た。
http://piza.2ch.net/log/tv/kako/959/959984072.html
 (TBSで放送・・・て事になってるが、在阪局の毎日放送の間違いではないか?毎日放送も昔から「映画番組」持ってるからね。東京の深夜放送はくだらないバラエティばかりで不毛な感じがする)
 地下鉄サリン事件や9.11アメリカ同時多発テロをリアルタイムで知っている今の人からすれば、上映された1979年当時の日本人とはかなり違った「何か」が見える事だろう。

 オウム真理教教団の連中にしても、9.11アメリカ同時多発テロのアルカーイダにしても、彼らなりの「正義」「大義」というものに従って行動したが(あくまでも「彼らなり」の、だが)、映画の主人公・城戸誠にはカルト教団やムスリム過激派のような「正義」「大義」が無い。闘う相手を見失った男の「喪失感」「焦燥」があるだけだ。(監督の長谷川和彦は全共闘世代だそうだ)
 生徒からもバカにされる、無気力で冴えない中学教師が、「手製」の原爆片手に日本という国家・社会をたった一人で引きずり回す、簡単に言えばそういうストーリーである。
 だが、たかが一発の「手製」の核爆弾が、国家レヴェルで及ぼす影響のなんと大きな事か。
 北朝鮮(と米軍侵攻以前のイラク)が、まるで強盗が持つ出刃包丁(最近はダガーナイフか?)のように相手に見せ付ける「核」という玩具。これさえあればどんな無理も通る。
 逆に言うと、結局はこれが無いといかなる国家の「正義」「大義」も「絵に描いた餅」、という事か。北朝鮮の主張をまともに支持しているのは、おそらくはあの国の国民でも少数だろう。(なぜ北朝鮮が未だに崩壊しないのか不思議である)
 (イラクからは大量破壊兵器は全く見つかっていない、という点に注意。「核」という単語を悪用したのはイラクか、それともアメリカか。イラク戦争以後、アメリカが中東での軍事的・政治的プレゼンスを大きくし得たのは確かだ)
 この点ではアメリカの「正義」「大義」もちっとも変わらない。ただアメリカ(及び他の核保有国)は沢田研二演じる中学教師より核兵器をたくさん持っているだけである。(「俺は9番目の男」)
 主人公が日本政府に突きつけた第一の要求は「プロ野球のナイター中継を最後まで放映させる事」。
 痛烈な皮肉、何とも人を食った話ではないか。核保有国を鼻先であざ笑うかのようだ。

 ゴジラは何作も作られたけど、一度も「宮城」を踏みつけにしていないのである。天皇陛下万歳。 核を扱った映画、といえば、まず筆頭に上がるのが『ゴジラ』だが(黒澤明も評価していた)、あの映画、どこが優れているか。
 当時としては突出した高い特撮技術もさる事ながら、まず「核」の脅威を巨大でグロテスクな怪獣の姿に象徴させた点であろう。『ゴジラ』は元々「反核映画」なのである。(興味深い事に長谷川和彦監督のあだ名も「ゴジ」)
 (ゴジラは皇居を蹂躙できない。彼は「すめらみくに」を守るために散華した英霊たちの化身だからだ、と言った評論家もいるそうだ。http://zeroempty000.blogspot.com/2006/02/blog-post_12.html これは空爆のため飛来したB29の飛行ルートも同様だとか。ついでに言うと、森永ミルクキャラメルの広告塔も壊さなかった。ゴジラ、実は天皇家と同じくらい資本主義にも弱いのである)
 それをハリウッドではただのバカ怪獣パニック映画にしてしまった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/GODZILLA#cite_ref-3
 東宝がハリウッド版制作会社のトライスターによる映画制作に対して示した条件の一つに、「核問題をテーマとする」という項目があったそうだが、監督が低能だったのか、「核」をただの国際政治上の小道具として扱っている。
 そもそもフランスの核実験に巻き込まれるのが「またしても」日本のマグロ漁船なら、もっと深刻で重厚なメッセージ性を持つべきなのだ。どこをどうすればあんな映画になるのか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%94%E7%A6%8F%E7%AB%9C%E4%B8%B8
 大怪獣ゴジラは映画史上最大最強のスター・オブ・モンスターだが(異論は認めん)、ハリウッド版はどう見てもイグアナの親玉でしかない。だがその点を大目に見ても、とんでもない駄作であるには違いない。・・・核への意識が低すぎる。お前アフォだろエメリッヒ。
 もしアメリカ人の大半が同程度の意識の持ち主だとしたら、正直、ちょっと怖い。
 そんな国民に核兵器を持たせるのは、幼稚園児にショットガンを与えるようなものだからだ。
 (最近米国で行われた世論調査では、どうもそのような現状を臭わせているようだ。死にかけの大日本帝国に対して核攻撃、しかも二度もの核攻撃はどう考えても非人道的とは思わないか・・・?)
 『GODZILLA』(ハリウッド版「ゴジラ」。「神」が含まれたスペルに注目)は1998年の映画である。9.11アメリカ同時多発テロより3年前の映画なのだ。
 今のアメリカ人にこそ、是非とも見てもらいたいものだ。『太陽を盗んだ男』。

 あー、反核映画では決して無いからね、『太陽を盗んだ男』は(笑
 1970年代の日本が抱え、そして目をそむけていた幾つもの問題に対し、これもその一つである「原爆」を持ってして対峙した、政治的メッセージ色の濃い問題作、という側面もあるのだ。
 (今の時代ならちょっとTV放映ははばかられるか、という部分も少なくない)
 そういう重いテーマを、全く重くない、むしろポップなタッチで、アクション映画としても、ほろ苦い青春映画としても楽しめるようにこしらえた、というのがこの映画の真価なのですよ。(敢えてテーマを軽く扱う方が「重み」を増す場合もあるのだ)
 「ジュリー」こと沢田研二の演じる主人公の虚無感・やり切れなさは、帝政ロシア末期の反体制派知識人(多くの学生が革命運動に加わり、その「心情的」中心となっていた。「ニヒリズム」は何かを求める熱情の裏返しである)から、昨年の「秋葉原通り魔事件」の容疑者に至るまで、いつの時代・どこの国にも居る、多くの「居場所の無い若者」が共有する「感情」である。
 政治と青春が無関係であった時代は無い。(あるとすれば現代の日本か・・・?)
 綾波にもアスカにも満足できないファンを補完するかのような新キャラである。まだ見てないけど巨乳の眼鏡っ子だそうな。・・・だったら補完されてみるか。 『太陽を盗んだ男』の主人公が掲げるサッカーボール大の手製原爆は、単純素朴なスポーツでごまかされなくなった、迷える青春の熱情が手に入れた「パワー」(powerという英語は「権力」も意味する)の象徴なのだろう。
 (ちなみに『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』にも『太陽を盗んだ男』の中曲が使われているそうである。http://blog.goo.ne.jp/tospo/e/69f400478293cc
076d3f3571fc3930d8

http://www.youtube.com/watch?v=VwRomIV9qoE
 
 YAMASHITA
 (中学校の理科教師・城戸誠(沢田研二)と一騎打ちする山下警部(菅原文太)のテーマ曲。山下警部の本名は満州男。ここにも日本が目をそむける過去が・・・)
 菅原文太演じる山下警部は、迷走する青春の熱情が突きつけた幾つもの問題、日本という国・社会が取りこぼしたり見て見ぬ振りをした問題を、身体を張って受け止める「大人」の役である。

 ヤヴァいのはイデオロギーではなく、危うい青春の熱情なのだ。
 

拍手[0回]

 この時期、寄席、特に東京の方では咄家が怪談を語る事もあるかと思う。
 上方落語にも昔は怪談噺が無かったわけではないらしい。
 が、元より芸能が盛んな土地である、シリアスな傾向がある芸能は浄瑠璃などが担当し、落語は専ら「笑い」を追求するようになったそうな。
 それでも寄席の建物に冷房が無かった時分は、それなりに盛んだったようだ。(落語家側にもそれなりの事情があったらしい・・・)

【ニコニコ動画】怪談噺INにこにこ 「怪談市川堤」 桂米朝

 上方、具体的には京都・大阪という土地は夏場がキツい。
 京都は盆地にある町であり、冬場は底冷えするくせに夏場は湿度が高い。
 大阪も三方を山に囲まれ、開けた海も瀬戸内海。涼しいわけが無い。どちらも夏は東南アジア並みの猛暑の土地である。
 京都・大阪が夏祭りの盛んな土地であるのも、気候と無関係ではないのだろう。
 (『夏祭浪花鏡』なんて歌舞伎もありますな。こちらの祭りは高津神社の祭礼らしい)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E7%A5%AD%E6%B5%AA%E8%8A%B1%E9%91%91
 代表的な大阪の夏祭り、と言えば天神祭だが、これは船渡御で有名である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%A5%9E%E7%A5%AD

花火5000発が「船渡御」彩る 大阪・天神祭

(京都の夏祭りは言うまでも無く「祇園祭」。こちらも言うまでも無く大阪の天神祭、東京の神田祭と並ぶ日本三大祭の一つ。ちなみに日本の祭りは都市部は夏祭、郊外・農村部は秋祭が多い)
 その模様を落語にしたものがこちら。↓(大川というのは東京では隅田川、大阪では淀川を指した)

【ニコニコ動画】落語 六代目笑福亭松鶴 遊山船
 ざこびっち版↓
【ニコニコ動画】【落語】桂ざこば「遊山船」
 夏場の舟遊びというのは庶民にはちょっとした贅沢だったようだ。(まぁ水上キャバクラというべきものか)
 
【ニコニコ動画】【落語】桂文枝「船弁慶」

 上方落語というと歌舞伎や浄瑠璃のような下座音楽、BGMや効果音となる「鳴り物」が有名だが、古典的な日本の怪談に付き物の「ひゅ~ドロドロ」というのは実はこれが起源。
『落語のいろは - 上方落語の鳴り物』

 (上方落語『皿屋敷』のお菊の幽霊はちっとも怖くない。むしろアイドルみたいなキャラなのである。米朝はやり手ババァ、枝雀は可憐な少女を演じていた)

【ニコニコ動画】落語 桂米朝 皿屋敷

 ちょっと前にPerfume取り上げて「テクノとかエレクトロニカって夏向きだよね」と言ってた私ですが、あれらは言わばクーラーでキンキンに冷えた室内の音楽。
 湿気を少し含んだ川風に吹かれるような、古い日本の涼感はやはり落語だと思うのですよ。

拍手[0回]

最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]