忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 小太郎ぶろぐ『世界最大のジオラマ鉄道模型、ドイツの「ミニチュアワンダーランド」が凄い!! 』
 http://www.kotaro269.com/archives/50795244.html

 日本人の精密模型に対するパッションもすごいが、ドイツ人もすごかった。さすがは3B政策なんてものを考えたお国柄ですなぁ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/3B%E6%94%BF%E7%AD%96
 英国にも3C政策なるものがありました。こちらも鉄道発祥の地だけはあるなぁ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/3C%E6%94%BF%E7%AD%96
 日本にも『淡路ワールドパークONOKORO』や『東武ワールドスクエア』といった、「ミニチュア世界」をこしらえたテーマパークがあるけど、全館「鉄道ジオラマ」というのは世界的にも珍しいのではないだろうか。
http://www.onokoro.jp/(淡路ワールドパークONOKORO)
http://www.tobuws.co.jp/(東武ワールドスクエア)
 オリエント急行やアメリカの大陸横断鉄道またはシベリア鉄道など、総延長距離が世界規模の鉄道は昔からあったけど、鉄道ジオラマ越しの世界旅行はさぞ楽しいだろう。(現実の鉄道でも、EUが相互乗り入れをしている事は言うまでも無い)
 フランスの「新幹線」(?)TGVの路線図。英仏海峡を海底で結ぶユーロトンネルのフランス側は日本の技術で掘りました。アッー! 鉄道を扱った博物館にはお客自身が操作できるジオラマが設置されている事も多いが、これほど大規模なものは珍しい(2000年に作り始めてまだ建設中。2014年に完成予定だそうな)。

http://www.railway-museum.jp/(鉄道博物館)
http://www.mtm.or.jp/(交通科学博物館)

 上記の動画を見る限り、EU諸国やアメリカの情景だけが再現されているようだが、いずれはアジアやアフリカ、中南米の国々も再現されるのであろうか。だとすれば『世界の車窓から』みたいで面白いと思うんですよ。

 『世界の車窓から ジンバブエ・南アフリカ編 「ブルートレイン 朝食」』
http://www.tv-asahi.co.jp/train/(テレビ朝日『世界の車窓から』)
 ↓こんな感じで世界中の「鉄道から見た情景」が見れるかと。(同じくドイツの「ミニチュアワンダーランド」)


 また、色んな時代の鉄道も再現されたら面白かろうなぁ。
 19世紀前半・鉄道黎明期のスティーブンソンのロケット号とか、満鉄の特急「あじあ」とか、ね。http://www.mtm.or.jp/pavilion/collection/tenji/page05.html

 パシナ形蒸気機関車 「あじあ号」(満鉄)

 鉄道を通して、色んな事が見えてくるのではないだろうか。
 北朝鮮の鉄道風景は・・・やっぱものさびしいんだろうね。


【ニコニコ動画】【MAD】海底超特急 マリンエクスプレス

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]