忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 新疆ウイグル自治区でのウイグル族の暴動が拡大中らしい。
http://news.mag2.com/archive/20090707100000

 「人の口に戸は立てられない」。googleに体制側に都合の悪い検索ができないように、検索エンジンの仕様変更を要求した中国政府だが、当然中国語(北京語と広東語?)以外の検索エンジンには何の規制も無く「生の」情報が飛び交うわけで、報道管制の「努力」も空しく、真実は中国人民にダダ漏れだったりする。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2618737/4337129
 ↓こちらは中国国内の掲示板のスレの日本語訳。意外に冷静な意見が目立つ。人民もやはり政府を盲信してはいないらしい。 
http://blog.goo.ne.jp/dongyingwenren/e/5437d3d2864f5
 今現在では「河蟹」(削除を意味する中国の最近のスラング)されているようだ。
http://www.douban.com/group/topic/7202169/

 鎮圧に出動した漢族の兵士にしたって、「俺なんでこんなところにいるんだろ」と思っているんでは? チベットといい、今回の新疆ウイグル自治区といい、中国という国も懲りないな。
 以前、飲み会で沖縄出身の人が冗談半分に「沖縄も独立すればいい」と言ったんだけど、私は「それはいいね!」と賛成したクチである。いや、マジで。
 もちろん、沖縄県民が暴動起こしたり独立運動立ち上げたりはしないのだが、それは今更そんな事したって別に得する事も無く、現状でも(不満は幾らかあっても)そこそこ幸せだからだろう。
 (誰もが知っている事だが、明治以前は薩摩藩からの圧政に喘いでいたとはいえ、琉球王国は一応体裁上は立派な独立国だったのだ)
 私が「そりゃいいね!」と賛成したのは、それはそれで面白いと考えたからだが、沖縄県が独立国になったところで本土の人間が困る事も無いからだ。日本政府だって、(チェコ動乱の時のソ連みたいに)自衛隊を派遣して弾圧する事なんか夢にも思わないだろう。

 そもそも、死傷者が何百人(一部の観測では千人以上?)も出るような暴動は、搾取され踏みつけにされ虐げられた人々しか起こさないものだ。
 漢族が悪いのかウイグル族が悪いのか、「どっちが最初に仕掛けてきたのか」なんてもう誰にもわからないだろうけど、上海に出稼ぎに行ったウイグル人だって、何も好き好んで犯罪者になんかならないはずだ。
 食えないから、泥棒になるんじゃないか。どこの国の人だって、最低限の生活さえできれば窃盗犯にはならないと思うぞ。(まぁ金持ちが犯罪に走る事は多いが、その場合は暴力の伴わない、もっと間接的で穏やかな詐欺などの犯罪である。普通六本木ヒルズや成城が「犯罪者の巣窟」とか「温床」だとか言わないでしょ) 
 要するに、無理して大国であり続けようとするから、こんな不幸が絶えないんだよ。
 カザフスタンもCIS(独立国家共同体)の一員だが、中国とも友好的な国である。 国際政治評論家なんかが、地政学的に衛星国として云々、とか言い出すけど、新疆ウイグル自治区が独立国になったとしても、隣国の影響が及んで中国を脅かすような懸念は無いと思う。
 地図で見たけど、あの周辺って、似たような小さな国がゴロゴロしているだけなんですよ。
 中国と同じく「大国の夢」に取り付かれているロシアにしても、わざわざあの辺りまで出張ってくるとは到底思えない。そこまでするメリットが見当たらないのだ。チェチェンで懲りているだろうしね。
 中国はただ大国でいたいだけなのだ。
 
 こういう悲惨な状況にはそぐわない比喩かも知れないが、私には中国政府が「子離れできないお父さん」に見えて仕方が無い。子供が独立して家から出て行くと、家そのもの(実は自分自身のアイデンティティ)が滅びるかのような、偏ったおかしな思い込みをしている、哀れな年老いた父親。
 老人といっても十人十色で、十分に成熟した人物なら子育てから解放された事をむしろ喜び、第二の青春を謳歌する人だって少なからずいるのだ。
 「大国の夢」にしがみ付き、大国である事に慰めを見出し、誰が何と言おうと分離独立を認めない。
 国の大きさ=国力という図式はもはや通用しないのに、未だにその事にも気付かない。
 (ドイツのアーティストだっただろうか、日中のGDPをそのまま国土面積に描き直した地図を作品にしていた。GDPを国土面積に描き直すと、中国の国土は日本列島の半分の大きさも無いのだ・・・)
 ポルトガル、スペイン、大英帝国と、植民地経営のために逆に国力を疲弊させた国々もある。英国の東インド会社などは「成功」した例かも知れないが、時代が下っていくにつれ、やはり植民地はだんだん「お荷物」になっていく。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0%E5%8C%96
  (「・・・皮肉なことに、旧宗主国は帝国のかつての権益の主要部分を保持し続け、しかもそのためのコストを削減することに成功している。脱植民地化の要求に対しては往々にして宗主国側の抵抗があるものの、結局のところ脱植民地化の結果は旧宗主国の権益を守るものとなっているのである」)
 ややもすると分解しそうな中国という大国を一つにまとめるため、有人ロケットの打ち上げを計画したりと、色々目先を変えて国民をごまかそうとはしているが、今度の暴動にしても、少数民族への憎悪の念をかき立てて国民の不満を逸らそうとしているようにさえ見える。(勇ましくて景気のいい戦争計画やユダヤ人政策で国民を騙し続けたナチス・ドイツを思い起こさせる)
 今の中国って、誰も幸せになっていないんじゃないか?政策担当者自身も含めて。

 ニートになるよりは独立したがっている子供の方が、ずっとマシだと思うぞ。
 
 

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]