忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ムルマンスクの要塞廃墟。大砲(?) 実は私は廃墟が好きである。
 ↓こちらはちょっと前に見つけた海外のサイト。
http://englishrussia.com/?p=2056

 ロシア北西部、フィンランドに近い場所にムルマンスクという軍港の街がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AF
 暖流であるメキシコ湾流の影響で、北極圏という地理上の位置にもかかわらず、真冬でも凍らない港(不凍港)である。
 サイトに挙げられた写真は、この軍港都市を守るために建設された沿岸要塞の廃墟を写したもの。

 年間を通して使用できる不凍港ゆえ、第二次大戦中は重要戦略拠点となった。
 ドイツ軍に圧倒されていたソ連に、海路送られる大量の戦略物資を通年陸揚げできた唯一の港が、このムルマンスクだったからだ。
 この港を目指した連合軍の護送船団と、物資輸送を阻止せんとするドイツのUボート群との間で、熾烈な戦い(通商破壊戦)が繰り広げられた。
 (輸送船団を守る護衛艦艇とそれを襲うドイツのUボートや巡洋艦との戦いは、海洋小説の人気ある題材の一つである。アリステア・マクリーン『女王陛下のユリシーズ号』やC・S・フォレスター『駆逐艦キーリング』が有名)
 ムルマンスクというさびしい漁村を、帝政ロシア海軍の一大拠点にする事業に着手したのは皇帝アレクサンドル3世。帝政ロシア最後の皇帝ニコライ2世(ロシア革命で退位、処刑)の父親にあたる。
 1894年に調査の命を受けたのはヴィッテ。後に日露戦争講和条約でロシア側代表になった人物である。
 1914年に囚人を労働力とした、ペトログラード(帝政ロシア時代および現在のサンクト・ペテルブルク、旧ソ連時代はレニングラードと改称)とムルマンスクを結ぶムルマン鉄道の建設工事が着工し、1915年から1917年にかけては大量に第一次大戦時のドイツとオーストリアの捕虜が投入された。
 原生林と湿原が続く過酷なツンドラ地帯である。重労働に加えて、短い夏にはチフスが蔓延し、長い酷寒の冬は飢えと寒さが建設労働者たちを苦しめた。この2年間で2万5千人が亡くなっている。
 ラップランドの先住民は、「ムルマン鉄道の枕木一本ごとにドイツ人一人が埋められている」と言うそうだ。
 「枕木一本に死者一人」は大袈裟だが、全長1400キロの鉄道で1キロ当たり17名もの死者が出た。
 第二次大戦が始まると、ヒトラーがムルマン鉄道遮断およびムルマンスク攻略作戦を命令したが、あまりに厳しい自然と天候に作戦は失敗した。が、激しい空爆により、ムルマンスクも一面焼け野原と化したのである。

 ムルマンスクという港一つ鉄路一つを巡り、その建設と破壊のために、陸海に亘って大変な数の人間が死に、今はその街を守る要塞も廃墟となった。
 ありきたりな言葉だが、「つわものどもが 夢の跡」、である。

拍手[1回]

PR

 ↓一週間も前の記事だけど、クルックさんからの書き込みへの返事に補足する意味で。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1129414.html

 被災者の遺体に対し黙祷を捧げる日本の緊急援助隊。 日本の緊急援助隊は、現地の住民からは非常に感謝されたらしい。
http://www.zakzak.co.jp/top/2008_05/t2008051625_all.html
 一方、同じく救助活動に従事する人民解放軍は、ハッキリとは言わないまでも「早く帰れよ」と言わんばかりの険悪な態度を取っている、という。
 2ちゃんねるの住人たちならずとも、このような常識はずれで非人間的な対応には腹が立つだろう。
 「人命よりメンツが大事なのか」という非難の声ばかりが目立つ。
 しかし私は奇妙な点に気づいた。

 これが逆の立場なら、日本側は被災地の住民および救助活動に従事する自衛隊や警察、つまり官民問わず中国からの救助隊に感謝の念を感じる事だろう。
 被災地から遠く離れた場所で指示を下している軍上層部の連中ならいざ知らず、現実に悲惨な状況にある現地で活動している「現場の人間」が「早く帰れよ」と感じるのはいかにも不自然だ。
 日本人ならまず「困っている人間を見たら相手が何者であれまず助ける」という行動規範・感覚というものが条件反射のレヴェルにまで刷り込まれている。だから困っている同胞を救ってくれる者がいれば、当然これにも感謝する。
 ところが人民解放軍の兵士にはこのような感覚が欠落している。
 現場にいないお偉いさんではなく、汗を流して動いている現場の人間がそうなのだ。
 ・・・何か、おかしくないか?
 
 四川省という地域は、少数民族が多く住む土地らしい。
 派遣された人民解放軍の兵士の大半は、遠く離れた土地から来たのかも知れない。
 が、仮にそうであっても、同じく体内に赤く暖かい血が流れている人間に対し、冷淡すぎやしないか? 
 いかに中国という国が広大で膨大な人口を抱えている、といっても、人間の生命の値段が軽く見積もられすぎているよ。
 文化水準、民度などの高さ、というよりそれ以前の問題だ。

 人間が「社会意識」というものを持つようになったのはたかだか数世紀前だ、という説がある。
 それ以前は「市民」というものは存在せず、盗賊や異民族からの難を避けるために都市(古代都市の多くが城砦都市である)という安全地帯に身を寄せた「烏合の衆」にすぎなかった、という。
 それゆえ、襲来する盗賊団(『七人の侍』に登場する野伏せりのごときものか)や異民族からは身を守れたが、今度は「隣人たち」に生命や財産を脅かされるようになった。
 他人は他人、自分のためには餌食でしかない。その逆も然り。
 近代以前の大都市は、ロンドンやパリであれ、現代のニューヨークが平和な町に見えるほど治安が悪かったのだ。
 警察制度や法の整備、教育の普及により民度は向上し、次第に治安状態も好転したが、これには「市民社会」の成熟、「社会意識」の醸成も大きく関係しているに違いない。
 犯罪者は「反社会的」な人間だと言われるようになったのだから。

 ダライ・ラマ14世。Free Tibet! 積極的に反社会的行為に及ぶ人間は犯罪者だが、消極的な態度で他人を見殺しにする者も、同様の傾向を持つと言ってもいいのではないだろうか。
 いずれも「社会的」ではないのに違いは無い。ただ程度に差があるだけだ。
 中国には軍の兵士という、いわば公務員にすら、非社会的な者がいるらしい。
 恐ろしく「社会意識」の発達が遅れた国なのだ、中国は。
 だから名も無い庶民の悲鳴など簡単に無視黙殺されるのだ。
 国民の間または地域間の経済格差の拡がり、切り捨てられる農村部、抑え付けられる少数民族・・・etc。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1068523.html
http://www.tibethouse.jp/situation/index.html

 今の中国の悲惨な状況は、国民の「社会意識」の未発達が大きな原因ではなかろうか。

拍手[0回]

 中国四川省青川県の倒壊現場で見つかった遺体を運ぶ日本の国際緊急援助隊。中国政府は17日午後2時(日本時間同3時)現在、四川大地震の死者が2万8881人、負傷者が19万8347人に上ったと発表した 四川大地震の義捐金を振り込んできました。
http://www.risshi.org/2page2.html
 (↑検索かけて調べたけど、こういうところしか見当たらなかった。他にも在日中国人系の新聞や『女子十二楽坊』のファンサイトとかが見つかったけど、なんか段取りがややこしかったなぁ。なんで人助けのためにファンクラブの会員にならにゃならんのだ?)
 意外に日本の大企業や役所は冷淡だね。NHKとか郵政省とか率先してやってるかと思ったのだが、まるでその気配が無い。人が死んでんだぞ、おい!

 私は中国という国にはあまりいい印象を持っていないのだが(国際的にも内政的にも、また対日外交の姿勢や国民の異常に高い反日感情なども、近年の中国は特に目に余るものがある)、それとこれとは別、大した額ではないけれど「大海も一粒の雨垂れから」、である。
 マンガやゲーム、飲み会やショッピングをちょっとだけ我慢して、少しは手助けしてやろうじゃないか。

拍手[0回]

c8e23644jpeg 被災者および救援活動とそのバックアップに従事している皆さん、がんばってください。
 北京オリンピックなんかどうでもいいから(少しくらい延期したっていいだろ)、一人でも多くの生命が救われますように。

拍手[0回]

11bfa907jpeg 英国国旗がエラい事になってますな。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1066756.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF#_note-2
 こういう国旗の国だと、赤い血潮が燃えたぎる熱い心の漢たちが群れ集うのでしょうな!↓ お前のドリルは天を突くドリルだ!無理を通して道理を蹴飛ばせ!229c1e40gif
 この新国旗デザインの機運、元々複数の国から成る『大英帝国』(帝国という響きが心証悪いと考えたのか、実は1936年にその国名は正式に廃止)だが、海外植民地(現在はほとんどが独立)を除いてもイングランド、スコットランド、アイルランド(現在は北アイルランドのみ)以外にも認知されるべき「ウェールズ」という国が無視されている、という指摘から起こったものだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA
  (日本人の多くはこういう事情を知らない。英国女性と結婚した日本人のダンナですら知らなかった、という事があるのだ。ま、その程度の事だ、別に深刻な事情ではない、と言えない事も無いのだろう)
 歴代の為政者たちはややもすると表面化する「国内」の対立に気を使ってか、そこかしこで「英国は一つですよー」とばかりに様々な名称にさりげなく国名を織り込んでたりする。
 ロンドン警視庁はスコットランド・ヤードだし、英国王室の第一皇太子はプリンス・オブ・ウェールズと呼ばれる。
 (太平洋戦争のマレー沖海戦で日本海軍航空隊の一式陸攻の雷撃で沈められた戦艦の名前でもあるな)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA_%28%E6%88%A6%E8%89%A6%29
http://www.biwa.ne.jp/~yamato/betty.htm

 英国という「地域」、昔から少々ドの過ぎた悪ふざけでも受け入れられてしまう土地である。
 4月1日のウソなど、BBCでさえノリノリなのだ。
 「テームズ川を金魚の大群が遡っています」「ビッグ・ベンの時計がデジタルになりました」などと朝のニュース番組でスゴイ大ウソをついたりする(・・・国民側も楽しみにしているようだ)。
 この度の新国旗デザイン募集とネット投票も、大半の人はお祭りだと考えたらしい。
 大人だよな、英国紳士は。

 ちなみにグレン団という名称、「紅蓮団」という意味だけではなく「愚連隊」というニュアンスもこめられているそうな。
http://www.gurren-lagann.net/index.html
 (腹に巻いたサラシと素足に雪駄、両肩の刺青にぶん回す日本刀。カミナのカッコって大昔の仁侠映画みたいだ^^)
 さすがはパンクの国でもあるなぁ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%BA

拍手[0回]

最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]