忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 やぁどうも。最近めっきり更新頻度が少なくなってて、こんな辺鄙なブログに毎日のようにお越しになるごく小数の物好き奇特な常連さんには申しわけなく思っておりますよ。(記事の内容もダイエット日記になってるね)
 正直な話、食事の低カロリー化と有酸素運動のおかげで時間と体力が減っておるのですよ。
 カート・ヴォネガット。アメリカの国民的作家。でも結構面白いぞ笑えるぞやがて悲しいぞ。そういうものだ。 (酸素をより多く取り込んでいるのだから細胞は以前より多く酸化している。老化が進んでいるわけです。スポーツマンほど外見が老け込んでるでしょ。「人生とは酸化する過程である」と言ったのはヴォネガットだっけ)
 身体というのは心が願っているほど言う事を聞いてくれないので、以前の食生活を恋しがって糖分を欲しがります(と言ってもそんなに甘いものは食べてなかったんだけど)。邪魔者以外の何者でもない脂肪を燃焼させずに後生大事に取って置こうとします。(んなもんワシャ要らんのじゃぁぁぁぁぁっ!)
 精神活動や日常の用事に使うエネルギーを削ってまで脂肪を予備燃料として確保する必要があるのか、そんなにオレの生活には無駄が多いのか、私の身体は私にケンカを売っているのでしょうか(怒
 ただ、苦労の甲斐あってか、どうしても突破できない壁を突き崩せました。なかなか体重75キロより痩せられなかったのですが、今日計ってみたらわずか100グラムとはいえ、75キロを割っておりましたよ。
 (BMI値は24.32。メタボじゃないよ適正値ですよ。・・・ギリギリ)
 この一歩は人類にとっては割りとどうでもいい一歩だけど、私にとっては偉大な一歩なのですよ。ピース。
 
 同一所要時間に動かす筋肉の量は体格によって違うのだからそれに比例して筋肉を操作する脳細胞の量は違ってくる。身体の大きい人がそれだけ大きな脳を持つのも道理です。
 が、同じ人物が筋肉の量(または運動量)を増やしたからといって脳細胞は増えません。頭蓋骨は硬いからね。
 だから私がガチムチの兄貴体型になればそれだけ脳細胞が筋肉にかかりっきりになる割合も増える、という事にもなる。私の書く文章がつまらなくなってきたら、それはそれだけガチムチ化が進行している、つまり脳筋化(脳みそまで筋肉化)が進行している、と考えてください(笑

 ネアンデルタール人の女の子。意外に美少女ですな。でもこれで5歳だそうな。やっぱ老けてるね。 約2万4千年前(考古学的にはつい最近と言える程度の昔)に絶滅したと言われるネアンデルタール人は現代人(クロマニヨン人の子孫)より脳が大きかったが、筋肉の量もクロマニヨン人より格段に多かったので、特に頭がいいというわけでもなかったようですな。(見た目に関して言えば現生人類より大型の類人猿に似ている。ついでに言うとモンゴロイドより彫りが深いコーカソイド=白人に近い。脳容積はモンゴロイドよりコーカソイドの方が少ないそうだけど。コーカソイドの方が筋肉質だしね。だからといって白人を差別しないように(笑 )
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BA%BA 
 (モンゴロイドはおよそ5万年前にコーカソイドから枝分かれしたらしい。北米大陸で白人の化石が発見されたのは、ネイティヴ・アメリカンの先祖が白人であり、北米でモンゴロイド化した事を意味しないか?コーカソイドより子供っぽくなった外見をネオテニーだと言い切ってしまうと問題になるのは言うまでも無い。まず白人は認めたがらないだろう)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%83%86%E3%83%8B%E3%83%BC
 (別に人種差別を勧めているわけではありません。まぁ白人も黒人も黄色人も種族としては全く同じ、少なくとも遺伝子情報ではそうです。私が白人や黒人の女の子と結婚しても日本人と結婚した場合と同様に子供は生まれます。脳の大きさも「地域差」よりは個人差の方が大きいように思えます。必要があれば脳の大きさなんて簡単に変わるもんじゃないですかね。つまり「進化」というより「適応」の範囲内での変化という事です。「人種」という言葉も人類学者はもう使ってません・・・ごめん冗談ですよもうしませんちょっと言ってみたかっただけです。それにこういうのは調べ始めたら無茶苦茶複雑で煩雑で矛盾だらけでめんどくさくなるので「人類は一つ!」でもういいや)
http://www.gondo.com/g-files/aborig/aborig1.htm
(New Carthago City「アボリジニ 進化の鍵を握る人々 前編」)

 筋肉が発達した優れたスポーツマンが同時に優れた知性の持ち主たり得ないのは火を見るより明らか。スポーツで評価されているのにアホ呼ばわりされて怒るのは筋違い、過ぎた贅沢というものです。
 「頭いい!よ!インテリ!」とチヤホヤされたかったらさっさと運動なんかやめて勉強に精を出せ!という事ですよ(笑 まぁ頭の良し悪しなんてその程度の問題でしょう。
 スポーツマンほど笑顔が爽やかだけど、あれって多分難しい事は何も考えていないからあんな笑顔ができるんですよ。学者とか芸術家があんな爽やかな笑顔してるの見た事無いよ。 
 だから近頃の私は前にも増して苦虫噛み潰したような表情を心がけているのです(笑

拍手[1回]

PR
 最近、何をするにも意欲が(以前にも増して)減っている私です。
 やっぱダイエットと有酸素運動が原因かと思う。
 昨日も一万歩を目途に歩いたんだけど(元より私は歩くのが速い方である。軽いジョギングかも知れない)、後で調べたら10キロも歩いていた。どうやら万歩計の設定がおかしかったらしい。
 おかげで今日一日だるかったですよ(涙 今度からあらかじめ地図で大よその距離を調べてから歩こうと思いましたよ。
 (まぁ10キロぐらい平均時速5kmの速度で2時間ぐらいで走破できる距離ですけどね。ただ他の用事がお留守になりがちなのも確かですよ。時間的にも体力的にも)

 また意欲の全体的減退は食生活の変化も無関係では無いでしょうなぁ。
 今日台所の砂糖の容器を見て気づいたんだけど、全然減ってないのですよ。思えばコーヒーに入れる甘味料も砂糖からアスパルテームに一ヶ月ほど前から全面的に切り替えていた。私は料理などにも砂糖は全く使わない(甘味が欲しい時は味醂を使う)ので、純然たる砂糖は全廃している事になります。
 砂糖という甘味料は、実は文化の発達と深い関係があるらしいですよ。
 16世紀前半からカリブ海での砂糖のプランテーション農業が始まり(当初は先住民族を、ヨーロッパ人が持ち込んだ病気によって先住民の大半が死滅してからはアフリカの黒人を奴隷として酷使した)、17世紀後半には英国による大規模化によって安価になった砂糖がヨーロッパに普及した。
 このおかげでヨーロッパ人の栄養状態は改善され、脳に供給される糖分も大幅に増え、よって文化そして民度が大幅に発達した、というのだそうな。(脳は最も多くのカロリーと栄養を消費する器官です)
 ・・・つまり、私は砂糖が普及する以前の文明に(一時的であれ)逆戻りしているのかも知れないのですよ(笑
 ダイエットもほどほどにね、つー事ですか。

 「腹持ち」とか「満腹感」というのはダイエッターには切実な問題ではないかと思います。
 腹持ちがいい食べ物というのは、糖分に変換されるのが遅い(まず消化が遅い)という点で高たんぱく質の食事に近いのかも知れません。満腹感というのは、脳が「燃料補給完了!」と感じ取る反応です。
 「甘い物は別腹」というのは肉類が多く炭水化物が少ない欧米式食生活に由来するものであり、炭水化物ほど糖化が早くない肉類を多く摂る欧米式食生活がデザート(甘いものが多い)を発明したと言われています。
 糖化が遅いから満腹感が無く、そのためメインディッシュを平らげてもまだまだ食い足りなく、だから(しかも手っ取り早く糖になる)デザートを食べる習慣ができたとか。
 ダイエットのために腹持ちが良い(糖化が遅い)食べ物を多く食べると食い足りなく感じて、さらにデザートが欲しくなる、というのも皮肉な話ですなぁ。
 咀嚼する回数と満腹感も密接な関係があり、たくさん噛めば噛むほど満腹感も大きい、と言われています。
 だがたくさん噛めば噛むほど食べ物の消化も良くなり、これまたお腹がすくのも早いです。間食も欲しくなる。
 満腹感があって腹持ちも良くて糖化が早い、という矛盾した性質の食べ物はありません。
 また糖化が早いとそれだけお腹がすくのも早い。糖化して血管に入ってから徐々に熱に変換する糖分もあるにはあるが(つまり腹持ちが良いのと同じ)、これだと(慢性的状態ではないにしろ)血糖値が高い、という事になります。(熱に変わるのが遅い黒砂糖や果物は一時的に血糖値を高めている、という事ですよ・・・)

 私としては「意欲」のためにも糖分は欠かせないものですが、さて・・・。
 体質が変われば、万事解決するのですかね?元より、食べ物に執着する人間でもないのですが。
 

拍手[0回]

 追って確認したところ、サイトによっては「たんぱく質の消化吸収の促進と糖分とは直接的には関係が無く、むしろ両者が結合するとたんぱく質の分解が妨げられる」、とありました。
 糖分と結合したたんぱく質は「糖化たんぱく」と呼ばれ、必須栄養素どころか逆に細胞、特に血管を痛める有害物質なのだそうです。糖尿病はこれが急激に増える状態らしい。
http://homepage.mac.com/yamajinaoki/tounyou/hosoi/hosoi.html
 私が何をどう勘違いしたかはよく憶えていないのですが、事実無根の知識情報を記事にした事を謝りますよ。正直、スマンカッター。
 正確には「筋トレの前にある程度糖分を摂っておかないと、エネルギー不足から既にあるたんぱく質=筋肉を分解してしまう」という事だそうです。かえって筋トレして筋肉が衰える結果になる、と。筋トレはともかく、「たんぱく質+糖分」はダイエットには関係なかったんですね。
http://www.syouhikarori.com/2008/06/post_3.html
(筋肉の栄養素)
 また、食後にデザート(大半が甘いもの)を欲しくなるのは、食生活と関係があるそうです。
http://qanda.rakuten.ne.jp/qa246227.html
(楽天infoseek みんなで解決!Q&A「なぜ食後に甘いものを食べたくなるのか」)
 たんぱく質や脂質の多い欧米の食生活では、本来必要なだけの量を十分に食べても、たんぱく質や脂質は炭水化物に比べて血糖値に変わるのに時間がかかるため満腹感が得にくい。このため「ダメ押し」として甘いデザートを食べるようになったそうです。
 糖質の多い和食には元々デザートという概念すら無かったそうですよ。戦後の食生活の変化に伴って、デザートという習慣が定着したんですね。(昔は魚ですら丸ごと一匹は「尾頭付き」といってちょっとした贅沢だった)

健康雑誌を買うのにはやはり色々と抵抗があります。 昔、年配の人たちの集まるサイトの常連だった事があるけど、成人病の話題でよく盛り上がってましたよ。
 このブログも気をつけないと病院臭くなるなぁ。いや、これも先の記事も「ダイエット関係」ですけどね。
 私には元々健康ヲタの傾向があるから、ヘタすると「壮快」とか「安心」といった雑誌みたいになりそうな・・・。
 まぁ・・・ダイエットを考える、という事はこれ即ち、健康について考える、という事ですよ(笑

拍手[0回]

 最近BMI値が気になって仕方が無い私です。
http://www.health.ne.jp/check/bmi.html
(healthクリニック「BMI(肥満度)計算ツール」)
 上のページで調べたら、「身長175センチ・体重75.5キロ」でBMI値が24.65、ギリギリ適正値の上限なんですよ。(「ひとことアドヴァイス」をクリック。ちなみに私は身長もよく変動する。176センチの時もある。何で?)
 とにかくデブとかブタとかメタボとか言われるのが嫌で食事にもカロリー消費にも神経質になってます。
 有酸素運動つまり呼吸が大きくなるほどの運動量をこなしなさい、とか、食物繊維を取りなさい、とか世間では色々言ってますな。あぁ、有酸素運動(手っ取り早いのはジョギングあたりか)は10分以上やれとか20分以上やれとか言われてるけどあれは間違いだそうな。まとまった時間というよりトータル運動量が重要ですと。
http://uhoken.blog121.fc2.com/blog-entry-457.html
(四国のかたすみで・・・『氾濫する脂肪燃焼に有酸素運動20分以上というデマ・・・』)
 元々ブクブク太るような脂っこいもの甘いものはあまり食べないのだけど、ここんところやたら豆腐を食べるようになりましたよ。良質のたんぱく質である上に量も多いからね。カルシウムも割りと豊富だし。
 身体を構成する細胞の材料であるたんぱく質はとても大事な必須栄養素なのだけど、実はこれ、食後のデザートとも深い関係があるんですよ。
 糖分というとそのままでは身体を動かす直接的なエネルギー源、というイメージが強いが、たんぱく質の消化吸収を助けるのにも必要なんですよ。
 もちろん、ご飯やパンなどの炭水化物が徐々に糖分に変化するけど(時間をかけて糖分になるのが炭水化物最大の効用・価値ですな)、やはり素早い消化吸収にはまんまの糖分が一番なのです。だからデザートが欲しくなるんですよ。
 今日の夕食は「米半分・麦半分のご飯・揚げ出し豆腐・トマト・ワカメの味噌汁」にミカンのデザート。
 1個50グラムとして約155キロカロリー。意外に低カロリーなんですよ和菓子は。食物繊維も多い でも無性に甘いものが欲しくなったのでこれに栗饅頭1個をプラス。大好きなんすよ栗饅頭。
http://cookingfight.web.infoseek
.co.jp/html/eiyou/top_eiyou908ae.html

(Cooking Fight)
 麦(ビタバァレー)を半分混ぜたご飯はビタミンB群に加えて食物繊維が豊富で、これに切り替えてから私は便秘知らずです。
 揚げ出し豆腐はやや脂っこいのが難点ですが、人間には脂っこいもの(大抵は肉類)に対する本能的な欲求があるらしいですな。なんか精神安定の効果があるとか無いとか。

 肉にはトリプトファンという必須アミノ酸が多く含まれており、これはセロトニンやメラトニンといった精神安定に重要な役割を持つ神経伝達物質の原料となるものです。
 もちろん、魚や乳製品、豆類や果物、ゴマやチョコレートにも多く含まれるのだけど、肉類がダントツに多い。
 また消化という点でも肉類が一番早いのも確かです。くたびれた時に無性に肉を食べたくなりませんか?
 まぁ和食の揚げ物は植物油を使う事が多いのだけど、身体の方が「油」という事で騙されるのかな、揚げ出し豆腐、美味しゅうございました。
 いくらトリプトファン摂取のために肉類が有効といっても、脂っこいもの(肉料理って油を使うものが多いよね)がダイエットには不向きである点は動かせません。ストレスに対抗するために脂っこいものを過剰摂取した上に消化吸収のためのデザートも食いまくり、その挙句に陥りやすいのが「ストレス太り」という「症状」(肥満は病気です!)です。
 イラクでの米軍。過酷な戦争がPTSDを引き起こすのだが、元々アメリカの男って見掛け倒れのヘタレなんじゃないか?だからやたらと戦争をして強がって見せるんでは?戦争を仕掛けられる国にはいい迷惑である・・・。 そう言えば太った人には気の弱い性格の人が多い、という話を耳にした事もあります(「堅肥え」というのもあるが、これは同時に筋肉も伴った太り方である。相撲取りがその典型)。
 ステーキとかハンバーガーとかばかりバクバク貪り食い(ドーナッツやアイスクリームも大好物)、肥満とそれが原因の心臓病が国民病になってしまったアメリカ人って、実はすごくヘタレな国民じゃないか、だからやたらと強がって見せたがるのではないか、そう考える事もありますよ私は。
 小学生のいじめっ子が夏休みの肝試しで泣き出して助け出されたのに対し、その子にいじめられていた子がたった一人で堂々とクリアーした、なんて話もありますな。こういういじめっ子の多くがデブです。

 余分な脂肪を燃焼させるには運動も欠かせないが、私自身にはジョギングは向かないように思えます。
 なんかね、「いい汗流してますよ!爽やかですよ!」アピールがキャラに合わないような気がして(笑
 だからウォーキング(っぽい何か)に凝ってます。これだと傍目には有酸素運動っぽく見えない(笑
 ジョギングだと単位時間当たりの運動量が多くて、短時間でいい運動になるのは確かなんだけど、その間身体を動かす事にのみ集中する事になる。考え事をしながら、というわけにはいきません。
 直立二足歩行の人間という生物にとって、後ろ脚(つまり「脚」)は四足獣のそれとは違った意味を持ちます。
 脚を動かし続けるとこれがポンプになり、身体の高い位置にある脳に勢いよく血液を送り込む効果があるんですよ。だから頭脳労働者の人が気分転換に散歩に行くのは無意味な行動ではないんですよ。
左がプラトンで右がアリストテレス、だと思う。 古代ギリシャでも、アリストテレスは弟子と散歩しながら講義をしたそうな。だからこの一派は「逍遥学派」と呼ばれる事があります。(逍遥=ぶらぶら歩く) ウォーキングなら有酸素運動と一緒に思考作業も可能なんですよ。
 ここ数日は腰に万歩計(歩数計)なんか付けてます。あぁ別に一万歩にこだわる事は無いですよ。
 人にもよるけど、歩幅55センチの人が一万歩歩くと5.5キロも移動する事になります(・・・)。
 でも江戸時代の人って、旅行で短い移動距離でも一日20キロ以上歩いてますな。道理で当時の風俗画とかで太った人があまり見当たらないはずですよ。
 (松尾芭蕉は『奥の細道』の「取材旅行」で40キロ以上移動した事もある。芭蕉忍者説の由来ですな。でも日中戦争の関東軍も一日それくらい移動してるんですよ)

 何やかやでここ5日ほどで1.5キロほど体重が減りました。
 でも身体の節々がちょっと痛い・・・。
 

拍手[0回]

 屁のツッパリは、要らんです!ちなみに初めの頃はギャグ色が強かったそうな。ジャンプは何でもバトルマンガにしてしまうからねぇ。 私は和食・洋食を問わず朝ご飯に玉子を食べる事が多いのだが、食べ方は微妙に違ってくるのである。
 トーストに目玉焼きを乗せる場合もあるが、パンにはゆでたまご、というケースが多い。
 ゆでたまごの殻って、むくのが結構めんどくさくないですか?
 よくやるのが、殻と本体の間にある薄皮が上手くむけず、ボロボロになってしまう状況。
 
 毎朝こんな感じ。自家用オートジャイロもあるよ。泥棒にもよく狙われるよ。 ←わが家の朝の食卓(笑
 そこで薄皮を上手にむく方法を一つ。
 玉子をゆでる前に、端っこ(一箇所でよい)に「押しピン」で小さな穴を開けておくのである。
 (地方によっては呼び名が違うが、要するに画鋲の事ですよ)
http://www.justsystems.com/jp/atok/nihongo5/result-p2.html
 こういうの。 
 ←こういうヤツですね。指でつまむ部分が大きい方がやり易い。
 これを使うと玉子が割れてしまう(私もたまにやらかします。殻がもろい玉子もあるからね)、という人には、専用の道具もあるぞ。
http://bonitamessage.jp/ww/cont/id/349

 どうしてゆでたまごの薄皮はむきにくいか、というのは、こちらで説明しています。↓
http://home.tokyo-gas.co.jp/shoku110/chie/394.html
 薄皮がむきにくいゆでたまごほど新鮮、という事らしい。
 (玉子は普通冷蔵庫内で保存すると2週間は持つそうである。冷蔵庫に入れない場合でも1週間は持つそうだがあまりオススメ出来ない)
 ご存知の人も多いだろうけど、横着かまして電子レンジでゆでると大変な目にあうぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%88%86%E7%99%BA%E5%8D%B5

【ニコニコ動画】爆発たまご 完全版
 (・・・コエピョン若いなぁ)
 人にもよるけど私は大体中火で14分くらいだといい具合に半熟になるんじゃないかと思う。
 (朝はあわただしい事が多いので結構いい加減。男ならやっぱハードボイルドだろがぁぁぁぁぁあ!)
 熱々のゆでたまごが食べにくいと思う事もあるので、まとめて作り置きする場合もある。
 そういう時、冷蔵庫の中で生玉子と見分けが付かなくなると大変である。
 わかりやすかろう。





 ←だから私はこんな感じにしています。
 

拍手[0回]

最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]