忍者ブログ
 07年7月18日水曜日着手。   (広告および個人攻撃・誹謗中傷・個人情報の掲載・悪質な宣伝活動お断り。この警告を無視し禁止事項に触れた者には、IPの公開・プロバイダへの通報など厳重なる対応を取る事もあり得るのでそのつもりで。荒らすな!)
[356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最近BMI値が気になって仕方が無い私です。
http://www.health.ne.jp/check/bmi.html
(healthクリニック「BMI(肥満度)計算ツール」)
 上のページで調べたら、「身長175センチ・体重75.5キロ」でBMI値が24.65、ギリギリ適正値の上限なんですよ。(「ひとことアドヴァイス」をクリック。ちなみに私は身長もよく変動する。176センチの時もある。何で?)
 とにかくデブとかブタとかメタボとか言われるのが嫌で食事にもカロリー消費にも神経質になってます。
 有酸素運動つまり呼吸が大きくなるほどの運動量をこなしなさい、とか、食物繊維を取りなさい、とか世間では色々言ってますな。あぁ、有酸素運動(手っ取り早いのはジョギングあたりか)は10分以上やれとか20分以上やれとか言われてるけどあれは間違いだそうな。まとまった時間というよりトータル運動量が重要ですと。
http://uhoken.blog121.fc2.com/blog-entry-457.html
(四国のかたすみで・・・『氾濫する脂肪燃焼に有酸素運動20分以上というデマ・・・』)
 元々ブクブク太るような脂っこいもの甘いものはあまり食べないのだけど、ここんところやたら豆腐を食べるようになりましたよ。良質のたんぱく質である上に量も多いからね。カルシウムも割りと豊富だし。
 身体を構成する細胞の材料であるたんぱく質はとても大事な必須栄養素なのだけど、実はこれ、食後のデザートとも深い関係があるんですよ。
 糖分というとそのままでは身体を動かす直接的なエネルギー源、というイメージが強いが、たんぱく質の消化吸収を助けるのにも必要なんですよ。
 もちろん、ご飯やパンなどの炭水化物が徐々に糖分に変化するけど(時間をかけて糖分になるのが炭水化物最大の効用・価値ですな)、やはり素早い消化吸収にはまんまの糖分が一番なのです。だからデザートが欲しくなるんですよ。
 今日の夕食は「米半分・麦半分のご飯・揚げ出し豆腐・トマト・ワカメの味噌汁」にミカンのデザート。
 1個50グラムとして約155キロカロリー。意外に低カロリーなんですよ和菓子は。食物繊維も多い でも無性に甘いものが欲しくなったのでこれに栗饅頭1個をプラス。大好きなんすよ栗饅頭。
http://cookingfight.web.infoseek
.co.jp/html/eiyou/top_eiyou908ae.html

(Cooking Fight)
 麦(ビタバァレー)を半分混ぜたご飯はビタミンB群に加えて食物繊維が豊富で、これに切り替えてから私は便秘知らずです。
 揚げ出し豆腐はやや脂っこいのが難点ですが、人間には脂っこいもの(大抵は肉類)に対する本能的な欲求があるらしいですな。なんか精神安定の効果があるとか無いとか。

 肉にはトリプトファンという必須アミノ酸が多く含まれており、これはセロトニンやメラトニンといった精神安定に重要な役割を持つ神経伝達物質の原料となるものです。
 もちろん、魚や乳製品、豆類や果物、ゴマやチョコレートにも多く含まれるのだけど、肉類がダントツに多い。
 また消化という点でも肉類が一番早いのも確かです。くたびれた時に無性に肉を食べたくなりませんか?
 まぁ和食の揚げ物は植物油を使う事が多いのだけど、身体の方が「油」という事で騙されるのかな、揚げ出し豆腐、美味しゅうございました。
 いくらトリプトファン摂取のために肉類が有効といっても、脂っこいもの(肉料理って油を使うものが多いよね)がダイエットには不向きである点は動かせません。ストレスに対抗するために脂っこいものを過剰摂取した上に消化吸収のためのデザートも食いまくり、その挙句に陥りやすいのが「ストレス太り」という「症状」(肥満は病気です!)です。
 イラクでの米軍。過酷な戦争がPTSDを引き起こすのだが、元々アメリカの男って見掛け倒れのヘタレなんじゃないか?だからやたらと戦争をして強がって見せるんでは?戦争を仕掛けられる国にはいい迷惑である・・・。 そう言えば太った人には気の弱い性格の人が多い、という話を耳にした事もあります(「堅肥え」というのもあるが、これは同時に筋肉も伴った太り方である。相撲取りがその典型)。
 ステーキとかハンバーガーとかばかりバクバク貪り食い(ドーナッツやアイスクリームも大好物)、肥満とそれが原因の心臓病が国民病になってしまったアメリカ人って、実はすごくヘタレな国民じゃないか、だからやたらと強がって見せたがるのではないか、そう考える事もありますよ私は。
 小学生のいじめっ子が夏休みの肝試しで泣き出して助け出されたのに対し、その子にいじめられていた子がたった一人で堂々とクリアーした、なんて話もありますな。こういういじめっ子の多くがデブです。

 余分な脂肪を燃焼させるには運動も欠かせないが、私自身にはジョギングは向かないように思えます。
 なんかね、「いい汗流してますよ!爽やかですよ!」アピールがキャラに合わないような気がして(笑
 だからウォーキング(っぽい何か)に凝ってます。これだと傍目には有酸素運動っぽく見えない(笑
 ジョギングだと単位時間当たりの運動量が多くて、短時間でいい運動になるのは確かなんだけど、その間身体を動かす事にのみ集中する事になる。考え事をしながら、というわけにはいきません。
 直立二足歩行の人間という生物にとって、後ろ脚(つまり「脚」)は四足獣のそれとは違った意味を持ちます。
 脚を動かし続けるとこれがポンプになり、身体の高い位置にある脳に勢いよく血液を送り込む効果があるんですよ。だから頭脳労働者の人が気分転換に散歩に行くのは無意味な行動ではないんですよ。
左がプラトンで右がアリストテレス、だと思う。 古代ギリシャでも、アリストテレスは弟子と散歩しながら講義をしたそうな。だからこの一派は「逍遥学派」と呼ばれる事があります。(逍遥=ぶらぶら歩く) ウォーキングなら有酸素運動と一緒に思考作業も可能なんですよ。
 ここ数日は腰に万歩計(歩数計)なんか付けてます。あぁ別に一万歩にこだわる事は無いですよ。
 人にもよるけど、歩幅55センチの人が一万歩歩くと5.5キロも移動する事になります(・・・)。
 でも江戸時代の人って、旅行で短い移動距離でも一日20キロ以上歩いてますな。道理で当時の風俗画とかで太った人があまり見当たらないはずですよ。
 (松尾芭蕉は『奥の細道』の「取材旅行」で40キロ以上移動した事もある。芭蕉忍者説の由来ですな。でも日中戦争の関東軍も一日それくらい移動してるんですよ)

 何やかやでここ5日ほどで1.5キロほど体重が減りました。
 でも身体の節々がちょっと痛い・・・。
 

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
無題
太った人にはやさしい人と
強がりまたはジャイアンタイプの人が多いですね。(これまで見た中で。個人的な意見なので正確とはいえませんが)

しかし5日で1.5kg減はすごいですね!
くれぐれも体調を崩さぬように・・・
wamei 2009/10/24(Sat)22:27:16 編集
 でも肥満は身体の負担にしかなりませんよ。心臓にも骨格にも悪いです
 ありがとうございます。でも1.5キロくらいなら日頃から割と変動する幅の数字なんですよ。
 専門家の話だとジョギングでもウォーキングでも本当に効果が現れるのは始めてから1~2週間経ってからだそうです。体質の変化にはそれくらい時間がかかるんですよ。

 肥満体かどうか、優しい性格かどうか、というのは簡単にはわからない場合もありますね。
 力士や柔道家は重厚な身体つきですが肥満というわけではありません。筋肉があのような付き方をしているんですね。(種類にもよりますが、格闘家は一般に体重が重い方が有利とされます。ストリートファイトでは日本の相撲が最強だそうですよ)
 また、気の弱さを優しさと偽っている人がいないわけではありません。そういう人は困っている人を見るとやたらベタベタと「優しく」接してきますが、自分の「優しさ」とやらをアピールする事が最優先事項ですから、相手が本当に助けを必要としているか、必要としているならどのような形で助けられたいのか、そういった本当に大事な点には無頓着です。
 自分が小心者ではなく優しい人間だと見なされる事だけが重要で、相手の事など実はどうでもいいんですね。
 これではかえって迷惑なだけなんですけど(笑
 加えて、「自分が誰かを助ける事が出来る」「自分はまだ目の前にいる困っている人よりはマシなんだ」と安っぽくて卑しい優越感に浸って、自分の可愛らしいプライドを慰めたいだけなのかも知れません。こういう人は目を見れば何となくわかります。別にこちらが噛み付きそうな顔をしているわけでもないのに、妙にオドオドしているんですよ。
 以前記事に書いた「自販機でドリンクを買おうとしている車椅子生活者に赤ちゃん言葉で話しかけて手助けしようとする人」って、おそらくこういうタイプの人じゃないかと思います。
 また、ずいぶん前に別の記事でも書いたんですけど、道で転んだ脚が不自由な人を有無も言わさず強引に助け起こそうとする人の「優しさ」もかなり自己中心的な優しさではないでしょうか。
 傍らには付き添いの人が居り、その人は転んだ人が自力で立ち上がろうとするのを見守っていたんですよ。自助努力をフォローするにとどめていたんですね。リハビリには必要な心構えです。
 ですが相手の事情も考えず自分なりの優しさを押し付けるような気配りの足りない人も少なくないんですよ。私には助けられた人・付き添いの人の表情が「ありがた迷惑」そうに見えました。
 また、単に相手を憐れむだけでは、相手を本当に救う事にはならないと思います。
 憐れみに依存するようになればいつまで経っても本人が努力するようにはなりにくいし、それにまず相手を憐れむという態度自体が相手を見下す失礼な態度です。
 私ならば相手を憐れむのではなく、対等の立場で励ましますよ。これならば相手も惨めな気持ちにならずに済み、自分で努力するようになります。私は子供時代、そういう大人が大好きでした。親子ほども違う年上の人が自分を一人前に扱ってくれる、というのがすごく嬉しかったんですよ。そういう時は普段以上にがんばりましたね。
 ・・・本当の優しさ、というものには、本当に相手の立場に立つという心構えと気配りが必要だと考えています。
 
 ジャイアンは本当は弱虫かも知れませんね。
 普段から周囲に威張り散らす人にはあまり怖いものがありません。だから怖いものに直面した時にそれに耐える、という心の修練ができていないんです。こういう人は壊れる時はあっけないですよ。いつもいじめられ当り散らされている人よりもはるかに脆いんです。あっという間にダメになります。
 学生時代にいじめられていた人が社会に出てから成功する例が結構多いのは、忍耐力、打たれ強さがしっかり身に付いているからでしょう。
 また、弱い者・困っている者の気持ちが痛いほどよくわかるから、そういう人ほど「優しい」し、また適切な方法で手助けもできます。だからいい人間関係も築きやすい。
 ジャイアンみたいなのは本当に世間に出てからかなり苦労するでしょうね。
j.k 2009/10/25(Sun)00:42:01 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント&レス(こちらも一生懸命!)
[01/24 j.k]
[01/23 漫画アニメ好き]
[05/14 j.k]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
[05/14 文をどこで止めれば言いかでわけわからなくなってる人、まあKYだろうね]
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
j.k
性別:
男性
職業:
てんしょくってなに?
趣味:
やればできるこです。やりません。
自己紹介:
 王様の耳はロバの耳。そうハッキリ言う人です。
 王様は裸だ。そうハッキリ言います。
 王妃様も裸だ、とは言いません。うぇっへっへ。
カウンター
NHK時計ですよ。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]